>
新着レビュー

英田サキさんのレビュー一覧

媒体
ぴんかエキスパートレビューアー2018 19/01/20/ 05:25
自分的にハードル上げすぎてしまいました。

決して悪くない。
面白いんですが、
英田さんの作品だと思って読んだからか、
読み終わって物足りない感が押し寄せてきました。

なんというか、
ハラハラ感が足りないというか、
ドキドキ感が足りないというか……
いや、ドキドキはけっこうあった気はします。
ドキドキというか、らぶらぶvvv

素直になれない受けのせいで、
プンスカ喧嘩してましたが、それも愛ゆえ。
お互いの気持ち…

  • 0
fandesuエキスパートレビューアー2018 18/12/27/ 00:31

※このレビューはネタバレ有です

生きることは愛

実は前作『ファラウェイ』が今一歩私には合わなくて、このお話は読んでいなかったのですよ。
読んで良かった!
流石、御大。
名作!

今までも素敵なレビューが沢山ありますので、感想のみを。
アシュトレトは『悪魔』とされていますが、本人は『人知を越えたエネルギー体』と自分を定義づけています。時間や空間の観念を超えるものなのですね。だから死なないし、空間移動は出来るし、人の記憶を弄ったり、魂が…

  • 3
あーちゃん2016エキスパートレビューアー2018 18/12/20/ 20:14

※このレビューはネタバレ有です

すごいペーパーたち

今年初めて応募してGETしました。A4サイズのカラー用紙(小説は黄緑で両面、コミックは薄黄色で片面)で折り無し、16枚びしっとラッピングされて送付されてくるものですから、迫力!そして全編楽しい、ニマニマ、幸せ!!以下、本編読んでいないものもあって、頼りない内容で申し訳ないですが。
小説の1,2とコミックの2が大好きでした!すいません、以下長いです。

1:「DEADLOCK」副題「How t…

  • 1
ayaayacエキスパートレビューアー2018 18/12/05/ 20:12

※このレビューはネタバレ有です

薪さんに、武士先輩に、佐藤くんにまた会えた♪

封筒を開けた瞬間、分厚さにうれしい悲鳴をあげました♪
これを小冊子と呼ぶのは申し訳ないぞ。
作品アソートの冊子は、好きな作品の番外編が読めるのはもちろん嬉しいけど、読んだことない作品も雰囲気を知れて読むキッカケになるのが好きです。
早速2冊ポチりました^^


表紙は鯛野ニッケ先生!
『キスしてシュガーくん!』の武士先輩と佐藤くんが指で合わせハートを作ってるのがかわえぇ!


  • 3
渋茶エキスパートレビューアー2018 18/09/23/ 23:38

※このレビューはネタバレ有です

中途半端さは否めず

英田さんの初読みに選んだのがこの一冊。
だが、三代目組長として跡目を継いだ深弦(みつる)は他者の介入を徹底排除して縄張りと弦条組の組員を守り抜く事ができるのか?ってあらすじが大袈裟に感じてしまう位に中途半端さは否めない。

前半の『ダーティ・ダンス』だけではヤクザものテイストに乗っかった形で主従エロを満喫するような感覚だった。
後半の『ダーティ・ドール』読後もその印象は変わらず。
線が細…

  • 0
ふばばエキスパートレビューアー2018 18/09/06/ 00:29

※このレビューはネタバレ有です

ダグxルイス編

「DEADLOCK」シリーズの中からの、ダグとルイスの出会い編。
私はソフトカバー版未読のため、彼らの馴れ初めを初めて読みました。
なるほど、こんな始まりだったのね…
潜在ゲイを疑うダグの実験台?になったルイスは、翌朝酔って覚えてない、申し訳なかった、忘れてくれ、と言われる。これは傷つくよなぁ。
と思う間もなく、トラブルのあった相手が殺される事件が起き、ルイスは殺人の容疑者、ダグは事件を調…

  • 2
カラフルアドバンスドレビューアー 18/08/28/ 00:01

※このレビューはネタバレ有です

極上のフルコース料理を食べた後の様な読後感

コミック版の方は既読です。こういった情報量の多いタイプのジャンルは、漫画で読むより、原作小説を読んだ方が頭に定着しやすいなーと思いながら、数年経ち今回小説を手にしました。

既に高い評判は知った上での読書だったので、驚きというよりは評判通りの作品だと納得しました。ウンチクあり、社会問題提起あり、スリルや臨場感あり、友情や裏切りのドラマあり、BL萌えあり。何冊かに分けていいよう…

  • 3
びーざー 18/08/27/ 23:11
DEADLOCKを食わず嫌いするのは勿体無い!

麗しい金髪碧眼の寡黙なイケメンディック×こちらも麗しいイケメンただし黒髪黒目が魅力的な気の強いユウト

運命で結ばれた二人の始まりの物語です。
読み応え抜群。務所モノBL界のトップに君臨する作品だと言えるでしょう。
まるで洋画を観ているかのような世界観とスリル、考えつくされたシナリオは最高としか言いようがありません。
登場人物もまるで洋画から飛び出してきたかのような魅力溢れるイケメン揃い…

  • 1
りんたま 18/08/22/ 13:35

※このレビューはネタバレ有です

薫ちゃんのスピンオフ希望

英田作品は全て読ませて頂いており、どれもこれもどのキャラくんたちも大好きなんですが、薫ちゃんはぶっちぎりで大好きです。

恋焦がれる相手はどんなに想っても脈なし、せめてカラダだけでも繋げたいと縋った結果、セフレすらも解消されドン底に突き落とされる旭...それでも好きで好きで...苦しくて苦しくて...
そんなときに薫ちゃんみたいな人に、あんな風に心の隙間にするーーーーっと入ってこられたら常人…

  • 3
ふばばエキスパートレビューアー2018 18/08/17/ 22:41

※このレビューはネタバレ有です

センチメンタル

英田サキ先生の作品を全て読んでるわけではないのですが、本作はどこかいつもと感じが違うような。
文体なのか何なのか?
英田先生お得意のヤクザや警察関連の作品に漂うドライな空気。この作品も乾いた感じだけどクールでスタイリッシュな部分があまりなく、もっと飄々として醒めたような感覚。
それは大切な人たちをみんな失って、それでも生きている日夏の心象風景なんだろうか。
日夏にはかつて妻子がいて、今は女…

  • 2