我慢しなくていい。これ、いいか……?

黄金色のシャングリラ

koganeiro no shangri-La

黄金色のシャングリラ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784903012353

あらすじ

遺跡発掘に燃える大学生の陸。エジプト発掘チームに志願した陸は憧れていた考古学の天才、カルロスと出会い、始めはつれなくされるが次第にうちとけていく。そんな中地下水路に投げ出された二人。怪しい村に行き着くが、そこで陸は生け贄にされそうに。陸がカルロスに相談すると、「『清らかな少年』じゃなければいい」と自分に抱かれることを提案してくる。悩んだ末、カルロスにすべてをゆだねる陸は、はじめての快感にとまどいながらも…。

表題作黄金色のシャングリラ

考古学の天才 カルロス・ガルシア(31歳)
遺跡発掘に燃える大学生 吉見陸(20歳)

その他の収録作品

  • 博物館でプチデート
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ある意味、イロモノ。

エジプトの遺跡発掘チームに志願して加わった陸(受)は、憧れの考古学の天才・カルロス(攻)と、調査隊の合同調査によって出会います。

2人は発掘中の事故で地下水路に落ちて流され、少数民族の村に辿りつき、そこで陸が儀式の生贄にされそうになるんです。
『生贄は清らかであることが絶対条件』なので、カルロスと寝ることで清らかでなくなれば逃れられる・・・とHすることに。

まず、この設定をどう捉えるか。それによって作品の評価も変わる気がしました。

私は、正直なところ『素晴らしい』とは思わないんですが、それでもこの設定を考えて書いた真崎さんはすごいんじゃ!?(イヤ、まあいろんな意味で・・・)と思ってしまった時点で負けた気がします。

設定そのものがどうなのかを別にすれば、確かにストーリーの中で『Hに至る』理由としてはスムーズなんですよね。少なくとも『一方的に力で無理矢理』よりはずっといい。

ただ、カルロスが考古学者、陸が発掘作業の手伝いであり、エジプトの遺跡発掘を舞台にというのが、単に『生け贄の危機!(とそれを免れるためのH)』に持って行くためだけのように思えて続き、ちょっと勿体なかった気はします。

う~ん、全般に派手目な設定のわりにすべてが淡々とした感じで、ピンチもあっさり乗り越えて行っちゃいます。
だったら、こんなにあれこれ詰め込まないでポイントを絞ってじっくり描写してくれた方がよかったな~。

正直なところ、エジプトとか発掘とかを抜きにすれば、もう『王道』そのものです。別に捻りも何もない。読む前のイメージよりは楽しめたんですけどね。

それに、成り行きでHはともかくその後のラブへの流れはちょっと今ひとつだったかな。陸はカルロスへの憧れがそのまま『好き』にスライドしちゃった感じですが、カルロスはいつ陸を特別に好きになったのかがよくわからなかったんですよ。

ああ、でも表紙イラストがとても綺麗でした。カルロスが『カルロス!』って感じだったよ。

0

コイツムカツク…天才的な色男

これは王道! 不器用考古学者×純情大学生のお話です。
古代遺跡大好きな大学生・リク君は参加した発掘チームで、
憧れの考古学者カルロス・ガルシアに出会います。
31歳という若さで天才的な業績を残し、加えてモデルも顔負けのラテンな美丈夫!
極度のマスコミ嫌いで、クールで近寄りがたい天才肌…
それでも少しずつ彼に近づいてゆくなか、二人は突然地下水路に転落し、怪しげな村にたどり着きます。
童貞ゆえ、村の生贄にされそうになるリク君を助けるべく…カルロスは彼を抱くことになり…。
尊敬する人に抱かれるのって…!? カルロスに本気で恋したリク君としては、複雑です。
複雑な関係のまま時間は過ぎ、救助され、もうこれでお終いという時…とうとうリク君、告白します。
「……カルロスが好きだ。驚いたか。」
まあ、お話のほうは100パーセント王道BLなんです。
それでも…いるんですねぇ、カルロスみたいなこういう人。
(まあ、ごくたまーにですけれど。)
とびきりの美形なのに、自分の容貌には無関心…どころか大嫌い。
(大勢の愛人を囲った父親そっくりの、自分の貌は嫌いなのだとか。)
業績と容続き貌を騒ぐマスコミも、やっぱり嫌いで…。
(本人、恐ろしくマイペースに仕事したいだけなのだそう。)
女性など選び放題かと思えば…「告白しよう。俺は女に興味がない。」
(まあ、こうじゃないとBLになりませんけど!)
そう、彼は単なる考古学マニアで、それでも天才。
天才的な色男なんです、ああ、かっこいい!
裏なんてありませんよ、このタイプは、いつだって…。
「俺みたいな考古学バカ」って、本気で思ってたりするんです。
(殴ってやりたくなりますけど!)
ああそれでも、リク君との情熱的な夜なんか見るかぎり…ラテンの血は濃いです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ