愛玩少年

aigan shounen

爱玩少年

愛玩少年
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
81
評価数
22件
平均
3.7 / 5
神率
31.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896441444

あらすじ

美しい男爵に調教されて、ボクは愛玩犬に堕ちる!!  
--あやしい噂の絶えない男爵家に奉公に出された清次は、その男爵が初恋の相手と知る。
だが、すべての愛を否定する男爵は、清次にみだらな調教をほどこし…!! 
耽美ノワール・エロスの傑作、ここに降臨!!
また、後藤の過去である士官学校での教官×士官候補生の禁断ラブを描いた「燃える恋桜」も収録。

表題作愛玩少年

黒羽男爵,怪しい噂が囁かれている屋敷の主
河村清次,黒羽男爵の屋敷へ売られてきた少年

同時収録作品燃える恋桜

後藤勲,中尉
清瀬春仁,陸軍予備士官学校の士官候補生

その他の収録作品

  • 堕ちた軍犬~出会いの刻~

評価・レビューする

レビュー投稿数9

痛くて切ない

1冊丸ごと表題作のシリーズです。
評価は萌にしてますが、萌x2に近い萌です。
時代は昭和20年以降だと思うのですが、主人公は男爵で衣装もずっと前の時代を思わせる雰囲気です(その辺りはファンタジーとして気にせず読まれた方がいいかと思います)。
主人公の男爵はかなり鬼畜なので、結構辛くて痛いシーンがあります。
受け様はまだ十代なんですが、芯が強くてしっかりしています。健気で一途な所がまた魅力的。
主人公2人を取り巻く脇キャラもキャラ設定がしっかりしていると思います。
特に男爵の傍に仕える後藤は興味深い。
描き下ろしは彼の過去の話なんですが、本編と合わせて彼の人生を思うととても切なかったです。

1

切り替えの巧みさよ!

​ 濃ゆい絵柄に独特の雰囲気、いや~好きだっ!水上シン先生は一度見たら忘れられない、絵柄もストーリーも個性あふれる作家様です。表紙の禍々しい耽美さも濃厚なストーリーも読み手を選ぶ作品ばかりですが、ハマってしまうと読まずにはいられません。

 時代物がお得意ですが、中でも軍服キャラが出てくる作品が大好きです。水上作品はレイプや凌辱で始まるお話が多く、それが愛に変わるというのはあまり好きな設定じゃないのに、作品全体に読ませる力があっていつのまにか惹きこまれてしまいます。どれも濃厚でハードですが、クスッと笑える「のほほん系」と心も体も痛い「シリアス系」に分かれます。読んで楽しいのほほん系がお勧めですが、シリアスも捨てがたいです(>_<)。この『愛玩少年』はシリアスな方の水上作品です。

 貧乏な少年、清次が子供の頃に恋をした美しい男爵の館で働くことになるのですが、館の住人が妖しい人ばかりです!男爵はもとより、彼が引きとっている女装男子の2人、マスクで顔を隠した軍服の使用人は後藤と言うのですが、ひどく冷静で乱暴です。
 男爵の美しさは水上作品随一ですよ!真っ白な肌に白い絹糸のような髪続き、そして紅玉のように燃える瞳。こう評される男爵の美しさは本当に神々しくてまさに耽美、カラーで見たかったなぁと思いました。
 アルビノで生まれてきたことで存在を否定された男爵。誰も信じることが出来なかった男爵が、ひたむきな清次の愛にやっと心を開いた瞬間、「信じたいのに…憎むことしかできない」「愛しているのに」という台詞に涙が…。
 10年後、りっぱに成長した男らしい清次と、ベッドに横たわる男爵にリバが妄想出来るのも嬉しい。女装男子二人も立派な男性に成長していましたよ^^

・『燃える恋桜』
 軍服の使用人、後藤の過去のお話。士官学校の教官だった後藤と生徒の一人、清次の物語。↑で、恐ろしい男だった後藤と同じ人とは思えないコミカルなお話。それなのにとても官能的で濃厚なエロが素晴らしく映えます!こういうコミカルからの切り替えの巧みさも水上先生の大きな特徴です。
 その先の描き下ろし『堕ちた軍犬』を読むと、たった2ページで後藤の悲しい過去がはっきりとするのですが、その後に描かれた教官と生徒の恋物語という同じ設定のコミックス『陸軍恋愛士官学校』は、不幸だった後藤の物語の救済のようにも思えるし、『虜囚麗人』に収録の「白日夢の面影」でも後藤を描かれていて、彼の不幸は水上先生にとって思い入れがあるのだなと感じました。どちらのコミックスもお勧めです。

2

お化けですか…?

不思議な雰囲気のお話でしたね…。
でも嫌いじゃないです。

最初、男爵は吸血鬼かと思いきや、アルビノだったとは……。

主人公(受け)は、健気に
愛していることを男爵(攻め)に
伝えようとするんですが、
これが全然伝わらない……!

こんなに伝わらないと、歯痒いですね。

もう犯されまくって犯されまくって、
それでも信じてもらえない……

あまりに哀れで、不憫です。

しかも、痛いことばっかり。

スカトロまではいかないんですが、
獣と同等の扱いようです。

でも、男爵は多分いままで人を愛することが
なかったんでしょうね…。

だから、主人公(受け)が初恋のような
もんなんでしょう。

ラスト、気になったのが
受けだった主人公が成長して、
その後攻めに回ったのかどうか!

これがめっちゃ気になる!

あの男爵を攻めるのは、容易じゃないはずだぞー!

0

昭和ノスタルジックホラー

戦後のみんな貧乏な時。時代は勉学こそ財産の時代。
まだまだみんなが学校に通えるような時代ではない中で勉学に励みたいのに
義理父のむごい仕打ちで売りに奉公に出された青年のお話です。

一人の少年が一人の男に出会い運命がかわる。
きっとこの出会いがなければセイジは命を落として男爵は本当の愛は見つけられなかったし与えてもらえなかった。

切なくて官能的なお話でした。これ小説だったら私の脳内は大変なことになっていたと思います。
コミックスだからこそ与えられたイメージで楽しめたなぁと文章だとセイジが可哀相で苦しくなって読み終えれない気がしました。

ネタバレいくぜ?







男爵や拾われた美しい男の子たちにめっちゃイカ中尉が住む館へ売られたセイジ
数年前にだっているけどセイジ以外は誰も覚えておらずセイジもだまって仕えることに。
しかし、普通の使用人ではなく性的奴隷を強いられる。
セイジが大切にしているメガネの破片を男爵にみつかりお仕置きされます。
自分のものだったとは知らず痛めつける男爵と男爵との思い出を口にはしないセイジ。
セイジからの愛の告続き白に戸惑う男爵は案外可愛いぞ!!!!
初恋の相手がこんな猟奇的な男とはセイジのセンスはすごいな。
ラストはリバ!??と思わせる最後でみんなで幸せに暮らしていてよかったーー。


おまけ漫画の中尉のあつかいがなんかギャグだ(笑)と思っていたら
中尉のお話もあったんですねぇ。
セイジと男爵のお話の中で少しだけ触れられた中尉の心の傷がここでわかります。
ちょっとこちらはコミカル仕様。だけどえろさは負けてません(笑)
そしてこの後どうなるかもわかっているので逆に切なくこの時だけは二人とも幸せいてほしいなって思えました。
中尉はスケベですね。セイジにはあんな強烈なお仕置きしといて自分変態やん!
ちょっとお笑いテイストにされてるやん!!と楽しめました。

1

ネ申です。(知る人ぞ知る軍服萌え作品でもあります)

敗戦直後の日本、とある町はずれの森の奥にひっそりと佇む、廃墟のような洋館が舞台。そこに住む異形の男爵と、彼に買われた少年・清次のサディスティックな純愛の物語です。
男爵の館の住人は、選りすぐりの個性派変態揃い。それも、皆人間離れした美しさで、倒錯的で壊れてて…そんな館の住人たちが醸し出す湿った淫猥な雰囲気が、男爵と清次の耽美な純愛をいっそう盛り上げてくれてます。この雰囲気がたまらない。
館の住人の中でも特に個性的なのが、執事(この作品では「番犬」)の後藤。軍服姿で軍帽を目深にかぶり、軍人そのもの…というか、実際元軍人です。目元を仮面で覆っているのも、なんとも不気味。しかも彼は常に無表情で冷酷…そもそも何故軍服姿の人間がそこにいるのかという不条理さも含めて、ハンパなく惹きつけられるキャラなんですよね。作者の真骨頂である軍服姿なだけに、一挙手一投足がサマになってるし…
あまりに後藤のキャラが立ちすぎてて、主役CPそっちのけで後藤が気になる…ってところが、敢えて言えばこの作品の難点かもしれません(笑)
もっとも、それを見越してかちゃんと後藤が主人公のスピンアウト作品「燃える恋桜」も同続き時収録されています。
こちらは、現役の青年将校として陸軍予備士官学校で教官をしていたころの後藤と、候補生の清瀬とのかわいい純愛をコミカルに描いた作品。「かわいい純愛」と言っても、後藤はドS教官だし、手は早くないほうwですがちゃーんとHにこぎつけます。その過程が、変態入ってて何ともカワイイんです。
わりと直球一辺倒のシンプルな純愛ストーリーなんですが、シンプルな話だけに、「愛玩少年」では無表情で不気味な存在でしかない後藤が、かつては明るい普通の青年だった…という事実に胸を打たれます。後藤は何故人間らしい感情を失ってしまったのか?その理由もこの作品を読めば分かります。笑えるけど切ない、いいお話です。
ジュネットの水上シン単行本は全部読みましたが、個人的にはこの一冊が一番好きでした。耽美系の作品が読みたい人には是非オススメですね。

3

ピアス系とはいえ、なかなか思い切ったなァ

コレのドラマCDをレビューしたので、こちらもついでに。

ピアス系ゆえ、単なる色物だと思って読むと、かなーり痛い目にあうであろう作品。
正直な感想を言うと、
【1回目】
虐待に近いシーンがガンガン出てきて胸糞悪い
【2回目】
絵は嫌いではない。でもまだ辛い
【3回目】
あ、そうか!コレ、江戸川乱歩のSMっぽい空気なんだな…なるほどなるほど。
と、思ったら、現金なもので、結構楽しめてしまった…。

水上シン先生の作品は、痛いSMがあったりするので、そこらへん地雷な人は避けたほうが無難でしょう。エロスというよりも本気で痛いから…。
ただ、それゆえ、後半に入って相思相愛になったときの開放感たるやハンパないです。

【おまけの一言】
下のほうでアルビノについて疑問が呈されていましたが、有名なところだと、ブルース・ミュージシャンのジョニー・ウィンターとその弟のエドガー・ウィンターの兄弟がアルビノです。ちなみに両親は普通の方だそうです。
音楽家・坂本龍一氏と交流もあるアフリカ人ミュージシャンのサリフ・ケイタもアルビノです。

0

痛くて苦しい

私が最初読んだとき、あんまりこういう陵辱強姦系に触れたことがなかったので苦手だったんですが、ちょっとずつ作品自体の良さがわかってきました。

男爵との衝撃的な出会いで一目ぼれした清次。初めて抱く気持ちをもったまま男爵家に父の借金で売られてきます。
とにかくそこでの数々のプレイが痛いです。見てて苦しくなっちゃいました。

それでも健気な清次。どんなひどい仕打ちを受けても自分の気持ちを男爵に訴えます。しかし、過去の経験からその想いを信じきれない男爵。非常に切なかった。どちらの視点に立っても苦しいです。

最後の5人揃うシーンはすごく良かった。これまで痛かった分すっごく幸せな雰囲気で素敵でした。

萌か神か悩んだけど、私の中では“萌”という評価では片付けられないので神で!!

3

愛のちからだ。

あーやっと読めた。
水上さんのでこれだけまだ読んでなくて。だって水上さんの結構内容がハードなものあるから心の準備がw
で予想どうりハード。最初はね。
男爵家に住んでる人たち、とてもとても美しいけど、皆異常なんだよなあ。
最初は心臓に悪かったー。
売られて、いきなり突っ込まれて庭あるかされたり(しかも痛そう・・)、破片で体中傷つけられるわ、もうさんざんだよ。
ただ、ひとつ救いなのは売られた少年の方が男爵に思いを寄せてること。
んで、愛の力で男爵を・・。
途中から、ものすっごく雰囲気が変わるからびっくりしたよww
ひとつ疑問だけど、人間のアルビノってあるの??
他にも腹黒偽医者(この人の育ちも結構かわいそう)がでてきたりします。
最後がいいからもう今までのこと水に流しちゃっていっかと思いましたww
水上さんのような耽美は他の作家さんじゃ読めないので久々面白かった。

1

期待通り!!

「愛玩少年」⇒黒羽男爵×河村清次
「燃える恋桜」⇒後藤勲(陸軍士官学校教官 中尉)×清瀬春仁(幹部候補生)
「堕ちた軍犬~出会いの刻~」(描き下ろし)

タイトルと表紙のインパクトにドキドキしてしまいますが、内容はそれを上回るあやしさで大変なことになってます。水上シンさんの雰囲気のある絵柄もそれに拍車をかけていて独特の世界観を存分に味わえました。(表紙のイメージで「ちょっと無理かも…」と思った方にはあまりオススメできません。なんて言ったって期待通りの内容でしたから)

中学生の清次が黒羽男爵の屋敷に売られてきますが、首輪をつけられ男爵に後ろから挿入されながら墓地をお散歩してみたり、愛ゆえに殺されかけてみたりetc…あまりの濃さにむしろ笑っちゃうという位の展開が繰り広げられます。そもそもそんな濃い本格プレイにたどりつく前、少年だった清次が初めて男爵と出会う冒頭シーンからエロいですからね。最初から最後まで目が離せませんでしたよ。

「燃える恋桜」は男爵の従者・後藤(軍服+アイマスク(仮面!?))の軍隊時代(過去)の話です。現在の後藤がどうなっているのかが分かっているだけに読続きんでいてすごく切なかったです(あぁこの人があの人になっちゃうのね…としみじみ)。

6

匿名さん

私も陸軍の軍服フェチなので水上さんの世界観が好きです(*^.^*)
軍服と倒錯した愛ってよく似合いますよね!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ