amato amaro

amato amaro

amato amaro
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
33
評価数
8件
平均
4.1 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784871829199

あらすじ

経済学者で政治顧問、ヴィットーリオア・コンティ教授はボディガードでバイセックスアーレのアルマンド・バガーニを挑発する。
男とやってみたい。お前が付き合ってくれるなら、試してみたいんだが?」冗談のような口ぶりにアルマンドは怒り、拒絶するのだが・・・。
(出版社より)

表題作amato amaro

ボディーガード アルマンド
経済学者 ヴィットーリオ

同時収録作品badoliera

同時収録作品differenza

双子の弟 マウロ
恋人 

その他の収録作品

  • LA SCORTA
  • Gino e Vittorio
  • tatuaggio
  • partita
  • GERATERIA DI MARCELLO
  • カッラーロの秘書

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ほろ苦い恋人達

「クマとインテリ」の続編というか、登場人物が重なる「amato amaro」。
前作の政治家ファウストの弟メディア王ジーノにからんだ物語が3編、
ファウストの秘書が主役の話が1編。
さらにジェラート店の息子や常連客3人の話と、読み切り短編が4編。

なんで久しぶりにこのシリーズを読んだかというと、表紙のヴットーリオ氏の絵が
おや?私の好きな某小説の某H.S.氏のイメージと似てる?と思ったもので…
V氏は喫煙者だし結構違うけれど、年齢は40代でとんとんだし、どっちも魅力的な男。

「クマとインテリ」より更により抑制が利いた感じで、濡れ場は少ないですが、
心情が浮かび上がる描写が、とてもいい。
私はなんと言っても表紙のヴットーリオの面倒くさい性格が気に入っているのですが
ファウストお兄ちゃんが、出てくる度にはっちゃけて面白いキャラになってくのもいい。

双子の話「differenza」の痛みは、いかにもbasso(=オノナツメ)さんらしい味わい。

ところでこのタイトル、「苦い恋人」くらいの意味だと思うんですが
舞台を考えると、Giuliano Ama続きtoとなんか関係があるのかな?モデルとか(笑)?

5

ジェラート食べたくなります

「クマとインテリ」のレビューに書いたんですが、bassoさんは見るからにオサレ系なので、ちと食わず嫌いをしてたんですねー、勿体無い事をしましたです、はい。

「amato amaro」のタイトルの意味って何だろ?と翻訳サイトで調べてみたら「ビター好き」と翻訳されました。
成程~~、確かに読み終えてみるとこのタイトルがぴったり。
甘過ぎもせず、ビターな大人の味わいの小粋なイタリアーンって感じで。

表題作連作+短編集。
過去作品のキャラも出てきていて、知らなくても楽しめるけど知っていると更に面白い。

表題作はテロに狙われている教授をボディガードする男との話。
教授の趣味は深夜に映画を見に行く事。
この教授に限らずこの作品に出てくる眼鏡が実にいいです。
眼鏡男子とはまた違った大人の眼鏡の味わいというか、ともかく萌え!なのですよー。
眼鏡をかける仕草は確かに萌える、うん萌えるよー!
そしてまた大の男達がジェラート談義してるし!オヤジに結婚を申し込みしたくなる位に美味しいジェラートってどんな味なんだろう……食べてみたい~~!
他にも小粋という表現がぴったりな話が続き沢山入ってて面白かった。
カフェを片手に読んでみたくなる一冊。

1

友情、愛情、どっち?

bassoさんの2冊目の作品は、一冊目の「クマとインテリ」三冊目の「ガットスフォルトナート」の登場人物が出てきていて、それぞれの過去や現在や関係がわかります。
読む順番はどちらでもいけそうですが、自分的に1→3→2を選んでみました。

経済学者とボディガードの話は「アマートアマーロ」の3話目まで。
どちらにも属さない、どちらかというと左寄りの発言でテロリストに狙われているビットーリオに親友のジーノがつけたボディガードがアルマンド。
ビットーリオはジーノが好きだったから、でもいうことができなくてアルマンドを挑発したのかな?
という流れになっていますが、ジーノはゲイではなさそう。
アルマンドはビットーリオが好きになっていっているのですが・・・
"好きな奴ほど困らせたい"態度をとるのはジーノとアルマンドに対してということは、アルマンドはビットーリオの良い友達になったのか、それとも恋人になったのか?
まか不思議な、でもこの3人の関係に胸がキュンとしました。
メガネでタバコをくゆらす上目遣いのビットーリオも雰囲気があってしゃれているけど、ヒゲ面で半眼でけだるそうなアルマンドも続きイイ男だ。
彼らの表情を見ているだけでも飽きない。

「パンドリエラ」
憲兵とその恋人のおじさん、おじさんは構ってほしくて子供のようないたずらを。

「ディフェレンツァ」
双子の片われの結婚式に男の恋人を伴って帰省した弟。実は兄はバイセクシャル!?

「タトゥアッジオ」
ガッドの店に刺青を入れに来た男の恋人は日本に取られてしまったのだ。

「パルティータ」
超短編。向こうの部屋の人の親切。

「ジェラテーリアディマルチェッロ」
マルチェッロのジェラテーリアは疲れた男達の憩いと安らぎの場。

「カッラーロの秘書」
本当、いつも苦労しますよ、この人。

素敵な男達の物語集です。
毎回書いてしまうが絵を見るだけで物語が進んでいくようです。

3

amato amaroレビュー。

クマとインテリ、リターンズ!
経済学者で政治顧問、ヴィットーリオ・コンティ教授はボディガードでバイセッスアーレのアルマンド・パガーニを挑発する。「男とやってみたい。お前が付き合ってくれるなら、試してみたいんだが?」冗談のような口ぶりにアルマンドは怒り、拒絶するのだが…。

大人の重厚な恋愛模様は前作同様です。
でも、前作程濡れ場も激しくないのですが心理描写がより丁寧になっていて、オヤジが更に愛しく感じます。おまいさん、そんなツラなのに滅茶苦茶可愛いよ…!

そして斬新なデザイン調で描かれていく漫画。
クセになります。やっぱり好きだなぁ、この絵柄!アングル!空間の使い方!

オノさんは実際にイタリアに留学していたそうなので、ちょこちょこと挿入されるネタが凄くリアルで面白い。行間、コマ間を読む本です。激しいエロを求めている人には退屈かもしれない。

人と人、体温と心、触れ合い。じっくりと心と心が触れ合っていく話が読みたい人向きだと思います。

2

絵が多くを物語る

クマとインテリ再びという事で、エッジコミックス、bassoさんの「amato amaro」です。
英訳すると「beloved bitter」って事のようですが、なんて訳したらいいですか?苦いのはお好き?…ってちがうか(^^;)

帯には「ボディーガード X 経済学者」と言う風に書いてあります。
実際関係があるのはこの2人なのですが、だからと言って恋愛関係であるかと言うとまた話は別です、経済学者の方には本当に好きな人が別にいる様子。

それはずっとずっと古くからの顔見知りなのですが、秘めた想いを本人が口にしたいと考えているかと言うと、彼らに纏わる人々との関係や感情が複雑に交錯しているので難しい。
相手が自分の事を大切にしてくれているとわかってればいるほど告げられない想い、また告げないほうが良い想いと言うのは存在するものです。

親友と言うよりも、悪友という言葉がしっくり来るような関係の二人ですが、なんだかんだいいながら喧嘩してもいつかはまたもとのサヤに納まっているんですよね。口には出さないのだけれど双方ともあいての事を大切の思っている事は伝わってくるんです。このままずっ続きとおじいちゃんになるまで長い付き合いを続けていくに違い無いとそんな可能性を持たせてくれる二人でした。

彼はきっと相手への想いはこのまま胸のうちに秘めたままでいるのでしょう、そしてそのままの方がきっと幸せに違いないとそんな風にも思わせてくれます。

それに、経済学者様はボディーガードの彼を思いのほか気に入っている様子ですね。この2人の関係にもまたニヤリとさせられました。

相変わらず無駄な台詞は省いて、絵だけで魅せる方ですね。そして余韻を持たせたラストもまたすごく良い。

可愛いのが「bandoliera(バンドリエラ)」と言う話。
元警察官のくたびれたオッサンが出てくるんですが、このオッサンがむちゃくちゃ可愛い~(≧∀≦)
本当は相手してほしいのね、素直じゃないんだから(笑)

私が今回一番印象強かったのは「differenza(ディフェレンツァ)」と言うタイトルの双子の兄弟の話。differenzaは日本語に訳すと「違い」と言う意味のようです。

一卵性双生児のマウロとパオロ……。
陽気な性格のマウロに落ち着いているパオロ。顔はそっくりだけれど雰囲気が全く違うため間違えられた事は無い二人。

そう、あの日を除いては……。

父親が自ら犯した過ちに気づく事はこの先一生無いのでしょうか?
そして彼は本当の自分を父の前でさらけ出す事はこの先無いのでしょうか?

ラストの一こまがぐっと来る。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ