アルとネーリ、そして、イタリアの恋多き人々。

アルとネーリとその周辺

アルとネーリとその周辺
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
84
評価数
22
平均
3.9 / 5
神率
45.5%
著者
basso 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784863492066

あらすじ

多忙に激務をこなす日々、
仕事もそうだが色とか恋とか、
とかく世間は騒がしい。

自称三流政治家のアルビーノ・ドルチ(通称:アル)は、現在同性の恋人(?)ネーリと同棲中。そんな彼と、騒がしくも愛すべき周辺の人々のお話。
『クマとインテリ』『amato amaro』に続く、イタリア政治家シリーズ第3弾!

初回限定ポストカード付き!
(全4種の中から1枚をランダム封入)

表題作アルとネーリとその周辺

ウーゴ、ミラノの党支部新人、19才(熊系)
アルビーノ・ドルチ,イタリアの野党議員

同時収録作品アルとネーリとその周辺

看板を壊した男性
ジェラテリーア・マルチェッロの息子

同時収録作品アルとネーリとその周辺

ファウスト・カッラーロの秘書
ネーリ、リストランテ勤務

同時収録作品アルとネーリとその周辺

元、党の幹部
アルビーノ・ドルチ、野党政治家

同時収録作品アルとネーリとその周辺

アルビーノ・ドルチ、野党政治家
ネーリ、リストランテ勤務

その他の収録作品

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

人間模様

「クマとインテリ」「amato amaro」に続いてのこちら。

徐々に恋というより人間愛が強まってきてる気がします。ベタベタした関係ではないし、互いに必要以上に束縛をするわけではなく、ただそこには愛がある。そんなお話がいくつも描かれています。
短編のオムニバスで3冊出ているからこそ収録できるような、期間があいて関係性が変わっていく様が読めるのも嬉しい。
basso先生のライフワーク的に続いたら嬉しいんですけど、かなり期間が空いたので無理かなぁ。

まぁなにはともあれ第一秘書がキュートです。

0

見た目によらない男達

 アルとネーリよりも、読後はカッラーロが中心になっていたような印象を持ちました。弟と秘書に守られながら、カメラマンの恋人と自由に恋愛する彼。もちろん弟のメディア王・ジーノの力も大きいでしょうけれど、もっと根本的にカッラーロをスキャンダルから守るという意味では、秘書の暗躍が一番重要になっている。小言はうるさいけれど、カッラーロから自由を奪ったりはせずに、奔走する草臥れた秘書の心中が気になりました。カッラーロに恋愛的な意味で惹かれているのかは微妙な線でしたが、この秘書目線で彼自身の過去や日常を長編で読んでみたいなぁと思いました。

 そして、アルとネーリの奔放なのか一途なのかよく分からない日々は健在しているようです。一見ネーリの方が自分の性癖もオープンにしていて遊んでそうに思えるけれど、案外彼の心根はアルに対して真っ直ぐ向かっているのかもしれませんね。そんなネーリの一途さを信頼していないアルの方が、周囲に流されやすいように感じました。この2人の関係性もなかなか興味深かったです。またbasso先生の気が向いた時に、このインテリ男達の日常を描いて欲しいですね。

0

ラブ・アフェア

「クマとインテリ」「amato amaro」に続く、イタリア政治家BL第3弾。

…はいいんだけど、なんか下世話になった!
みんな、簡単にアフェアしてるし。
何よりアルが!党の新人の熊っ子男子に抵抗もせずにヤられ。
ヤった熊っ子はアルとは別の党支部長にしゃあしゃあと恋をし。かと思うとまた別の議員に目移りし。
ネーリはネーリで、アルの前でファウストの秘書にコナかけて。
最終話では、アルが初恋の教授とナニヤラ。
あーもう!
救いは、ジェラテリーアのマルチェッロの息子だわ。
まだ少年でキスもまだだけどゲイの自覚があって、恋を全うする覚悟もあって。そして出会うはメガネ男子。(この人、のちの結婚相手?違うような同じような…)

あまり真剣ではない恋愛遊戯が散りばめられてる印象だけど、すごくスタイリッシュな空気は伝わる。
オープンリレーションシップを緩やかに続けながら、ついにはアルとネーリがかけがえのない2人になっていけばいいのに、なってほしいな、って思ってる。期せずして私の中の一夫一婦制というかカップル至上志向に気付かされた。

0

政治家だ!

本のタイトル通り、政治家のアルと彼の恋人ネーリを取り巻く人達のお話。

◇アルを慕う若き運動家にアル押し倒される◇
若い子って勢いがあるね!ってお話。アル、何か達観してきてるぞ。

◆カッラーロの秘書◆
まさにネーリの好きなインテリ男(渋さが足りないけど)。
あれ?カッラーロが小悪魔に見えてきた。

◇ウーゴ再登場◇
ウーゴって誰?アルを押し倒したヤツ。
え・・お前、アル一筋じゃなかったのか・・。

◆ジェラート屋の息子の恋◆
『クマとインテリ』にも出てたなぁ。
とりあえず、ヘーゼルナッツとイチゴとチョコのジェラートが美味しそう。

◇カッラーロ秘書にかまうネーリ◇
ネーリ、あまり苛めるな。
見返り求めずに頑張る秘書さんや弟からカッラーロは愛されすぎ。

◆アルの初めての男現れる◆
冒頭のアルとカッラーロの掛け合いが結構好き。仲悪いのに仲良しさん。
利口なアルなんてアルじゃないから、このままでいて。

気のせいか、絵柄が丸みを帯びて可愛くなってきたような。
特に、ネーリの表情が可愛い。
カッラーロの秘書との会話中の『政治家だ!』って驚いた顔が凄く好き。
誰か共感してくれる人いるかなぁ。

1

damerino ♪

イタリア政治家シリーズ、『クマとインテリ』『amato amaro』に続く第三弾。

今回は、タイトル通り左派野党の下院議員・アルとカメリエーレ・ネーリのカップルが中心。
オバカなネーリは、この中でちょっと異色な面白いキャラ。
くりんとした目が可愛い。

そして周りを取り巻く男達の恋や恋だけじゃない愛情模様が8編。
政治家、秘書、カメラマン、メディア王… 
音のない研ぎすまされた、巻を追ってますます個性的な画面に描き出される、
男が好きな男達の、洒落ていてちょっと気怠くやさしい人間関係。
皆パートナー以外とも寝るし、適当に遊んでいるようで、案外ピュアだったり。
なんとも味わい深い。

この1冊だけでも楽しめますが、順に三冊読んだ方が、
damerini(ダンディー達、色男達)の相関図が分かってより面白いと思います。


*damerino(ダメリーノ)って、ダンディーって意味なんだけれど、
 だめりーのって音がなんだかいいなw …と思ってタイトルにしてみました。

1

インテリ老眼鏡オヤジの存在感

正にbassoワールド。極端にセリフの少ない構成と前作にも増して洗練されたライン。
エロって感じよりもセクシーって感じね。
ボーイズよりはメンズに萌える私にとっては夏の陽に蕩けるジェラートのような美味しさ。インテリ故に、オヤジ故に素直に言葉にしない含みのある表現が画面の更に奥を想像させる。う~ん。妄想が暴走する。ピシッとキメたスーツとクールな表情の裏に隠された(ピシッと決まっていない人もクールじゃない人もいますが)ナマの彼らを感じます。
アンダーウエアの柄まで想像しちゃう。

コミックでもノベルでも恋愛モノの相手が男性に代わっただけのBLって退屈。
やっぱり♂×♂ならではの必然性と魅力をしっかり描いてこそのBL、と思う。
その点コチラは絶品。
すこし緩めたネクタイと老眼鏡越しの上目使いって必殺でしょ。

2

秘書萌え

今巻、冒頭に簡単な登場人物紹介がついてました。
親切!でも秘書は「カッラーロの秘書」のみの記述(笑)
名前ないのかな?すごい秘書萌えだったので名前知りたくなりました。
こんなに存在感のある秘書なのに憶えがないな…と思って
前の二冊を思わず腐海から発掘して読み直してしまいましたよ。
やっぱり面白いな、このシリーズ。
友人はオノファンなのにbasso作が全く読めない(腐女子なのに)
と言ってましたが、自分はbasso作品のほうにより萌えがあるようです。

秘書、仕事が出来て仏頂面でひとりで色々抱えこんじゃう素敵メガネ秘書。
ふ、萌えあがり要素満載な上に、更に議員との精神的なやりとりと関係性。
非常に素晴らしい世界でした。
私は彼は彼なりに報われてると思うなぁ。
それにつけても秘書の話がもっともっと読みたいです…!
続きがあったら素敵ですね。

秘書萌えばかり言ってますが、全部面白かったです。
ジェラート屋さんの息子の恋の馴れ初めもあって
それも楽しかった。(受けの顔が大好き)
ジェラートの看板よかったです。
かわいい二人で大好き。
もっともっと読みたい。終わってほしくないお話です。

0

iam

カッラーロが羨ましくもあります…*´∀`*
アルの最初の人との話が個人的に一番です。。。ネーリはいつみてもかわいいですよね゚.+:。∩(・ω・)∩゚.+:。

インテリ老眼鏡オヤジがモテモテのイタリアです

OPERA誌上では、このアルとネーリシリーズはこれで終わりのような事がかいてあったのですが単行本にその記述はなく、果たして?
政治家シリーズが続けばまだきっと脇役で出てきますよね?
ということで、『クマとインテリ』『アマート・アマーロ』から3冊目。
お話としては、一冊目の『クマとインテリ』を読んでいるとその関係性が特によくわかっていいとは思うのですが。
1作目と比較すると、その絵の変化は一目瞭然、よりシンプルに、線は力強く、表情も洗練されており、この本の登場人物達の魅力が倍増ししているような気がします。

今回はアルに関しては老眼鏡萌えとインテリ好きが一貫したテーマになっており、アルが押し倒される話で始まりました。
最初、ネーリが登場した時老眼鏡フェチのインテリ好きの尻軽少年、って感じだったのですが、意外にもアル一筋だったという部分で、逆にアルがwという逆転になっている部分が愉快さをましていました。
ナポリのクマのような新人党員に押し倒されちゃう。
しかも、その新人党員はネーリと同い年(爆!)
表現がまだ若いのにビール腹とか、さんざん、、でも彼はとってもかわいいのですヨ。
やっぱりネーリと同じで老眼鏡萌えのインテリ好きv
とことん、のこだわりなんですが、アルの過去の話が登場した時、ひょっとしてアルも若かったころはそうだったのか?
この国の若者は皆老眼鏡インテリ萌えなのでは!?と勘違いしてはいけませんww

自分的に好きだったのが、カッラーロの秘書の話なんです。
彼は多分ノーマルな人なんだと思うんですが、カッラロに叶わぬ想いを抱いているんじゃないかな?
そんな部分が垣間見えて、この秘書がとっても好きなのです。
『クマとインテリ』で、カッラーロの娘が初めて登場した時は、おちびさんだったのが、この本では少女に成長しており、時の流れを感じます。
この本の中、カッラーロはパパラッチのブルーノと幸せな恋人になっているようですが、彼は皆に愛されているんですよね。
兄のジーノ、この秘書、ゲイであることを隠してはいるけれど、本当に幸せな人だと、つくづく思うのです。

全体の流れとしてもシリーズとしてこなれてきたのか、非常に軽く明るく(bassoさん基準)小粋な作品でした。
この本を開く時だけは、気持ちはイタリア人ですv
そんな雰囲気作りがとても上手く、イタリアのインテリオヤジに想いを飛ばすのです。
そいういう点でも、今までの過去3冊に比較して非常に受け入れやすい作品となったのではないでしょうか?

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ