恋は憂鬱で出来ている

koi wa yuutsu de dekiteiru

恋は憂鬱で出来ている
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
36
評価数
11件
平均
3.4 / 5
神率
9.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784592875376

あらすじ

新宿のダーツバーの店員である松谷幸は、ある事情から秘密を抱え、昼夜なく働くという無理をしていた。
体調を崩し、出勤途中でやむなく欠勤を伝えた直後、やっかいな常連客によって幸はビルの隙間に連れ込まれてしまう。
すんでのところで、やはり常連客である伊原克峻に助けられたものの、幸はその場で倒れ、伊原のマンションで目を覚ます。
謎めいた伊原との関係が成り行きで始まる中、幸は本当のことを知られてしまって…。

表題作恋は憂鬱で出来ている

伊原克峻 ダーツバー常連客(30歳)
松谷幸 ダーツバー店員・自称20歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

もうひとつ欲しかった

襲われかけた幸(受け)が、伊原(攻め)に助けられる。しかしその夜に抱かれ、そのまま住むことになる。…までの、前半はとても面白かったです。

わらわらと登場してくる伊原のマンションに暮らす有純・樹利・古城といったサブキャラも楽しい面々で良かったです。

ただ、伊原が幸を好きになったのも早くあっさりとしたものでしたし、幸をストーカーしていた神沼も小物で簡単に排除してしまいましたしで、後半は物足りませんでした。

伊原の祖父が代議士だっただけではなく、伊原の探偵の仕事関係で何か事件が起きて、幸が巻き込まれて…というような一波乱欲しかったです。サブキャラの活躍ももっと読みたかったですね。

1

序盤だけはすごく面白かった

紺野けい子さんが好きなの(すね毛素敵)と、年の差で検索ヒットしたので読んでみました。
きたざわさんはたくさん本を出されているので定かではないのですが、初読みかと思います。
ワイルド攻めも年の差も大好きなわたしにピッタリなお話…かと思いきや…
視点は、受けと攻めが章で切り替わる三人称です。

********************
受けの幸はダーツバーとファミレスバイトで食いつなぐ、中性的で美形な少年。
20歳と偽りながら、実は17歳。

攻めの伊原は野生的な魅力の30歳。
幸の働くバーの常連で、毎回違う男女連れの遊び人。
********************

一家離散で帰るところのない幸は、バイト先の先輩のところへ間借り中。
そこを出て行かねばならなくなった矢先、トラブルに見舞われ、それを救ってくれたのが伊原でした。
といっても、伊原はただの親切心というわけではなかったようで、しっかり幸戴かれてしまいます。

この辺りまでは、『好みの子に手を出したら未成年でした!でもまあいいや、可愛いからな!』という感じでフラフラしていて面白かったのですよね。続き
でも伊原が実はビルのオーナーで生まれ育ちも良く、元キャリアの警察官で今は探偵という、突然キャラ設定がキラキラしてきて、ワイルド色が薄れてしまいました。
その辺は伊原の幼馴染みの有純が語るのですが、それも説明的です。
しかも、いつか大学に行きたいと言っていた幸の前には、元塾講師の有純の弟登場…と、都合が良すぎる展開で、なんでしょう、このガックリ度は。
序盤、ひじょうに萌えただけに墜落角度が大きかった…
こんなにどんどん出さなくても、充分面白いのになあ。
特に元キャリアなんて、今回はまったくいらない設定でしたし。
有純も登場した辺りは伊原とのポンポン交わされる会話が面白かったのですが、その後とても脇とは思えない登場頻度です。
伊原はつねに幸にベッタリではないですし口も悪いので、幸と読者への説明役なのでしょうが。
ただ、ある程度の問題やストーリー進行はふたりで進めて欲しいなあと思ってしまいます。
第三者からばかりでは、ふたりのラブストーリーじゃないのでは。
序盤の調子で進んでいたら萌×2だったのになあというくらい、序盤は好き。
前半といえないのは、もう本当に序盤以外はふたりだけのお話ではないので。
続きもあるようで気にはなるけれど、あの調子だとなあと二の足を踏んでいます。

1

この雰囲気いいなあ。

きたざわさんでもかなり好きな作品です。

きたざわさんお得意設定の『年の差(年上攻)』に加えて『個性的なメンバーが集まる隠れ家(的な場所)』、そしてストーリーは王道一直線。
いいんです、私がきたざわさんに求めるものがここにはあります。

読み始めてすぐ(もう数ページの時点で)、幸(受)のあまりに無茶な生活に『ちょっとこれ・・・いくらなんでも無理だろ』と引き気味に。←決して『(こんなのありえないから)アホらしい・シラケる』ではなく、おばさんはホントに心配で動揺してしまうレベル。

案の定、体調を崩したところを伊原(攻)に助けられるんですが、伊原が幸を連れて行った先が謂わば『ヤリ部屋』ですよ・・・

なんだ、この男!?と『また、きたざわさん恒例の(そして私が大キライな)大人げない・聞く耳持たない傲慢攻か?』と、正直この時点では外したな~と思ってしまいました。
でも、これが意外とヘタレも入ったいい男だった。とにかく、きたざわさんの『年の差』は、攻に大人の包容力があるパターンが好みなんです。伊原はその点がよかった。

そして何よりも、有純(伊原の幼馴染)や樹利(有続き純の弟)をはじめとする脇キャラクターがみんな個性的で、でも出しゃばりすぎて鬱陶しいほどでもなくちょうどよかったんです。
きたざわさんで、ここまで脇が(目立つキャラクターなのに)気持ちいい作品あったか!?とさえ感じました。

Hがちょっとなし崩し的というか、ほかに言いようがないくらい適当になだれ込んだ感じだったあたりは確かに好みとは違うんですが、それでも『無理矢理』じゃないから別に構わない。

読み進めるうちに、伊原だけじゃなく有純や樹利も他のメンバーも幸を(もちろん恋愛の意味ではなく)愛して大事にしてるのが、すごくほのぼのと優しい雰囲気でよかったんです。
家族に恵まれなかった幸が、本物ではなくても『家族』を見つけられたようで。

王道でわかりやすい分、読後感のいいハッピーエンド。でも、私はこれはこれでいいと思うし、とても好きなんです。

初読み時は、ハッキリ言ってまったく期待せずに読んだだけにすごく得した気分でしたね。その後、何度も読み返すお気に入りになりました。

イラストの紺野さんは、正直絵柄は好みではありませんが(キライでもないですよ)、それでもキャラクターやストーリーのイメージに合っていて、とてもよかったです。

続編『猫は幸福で出来ている』が出ています。

4

男前です、伊原さん

13歳差の年の差カップルです。
ちょっと源氏物語風?
伊原はわざわざ寝る相手を連れ込むための部屋を別に持っているほどの遊び男。
幸は親から離れて一日14時間もアルバイトし、高卒検定と大学の学費をためている健気な少年。
これは伊原のお相手に幸が切ない思いを抱くのかな~と思い読み始めたのですが、そうでもなかったです。
後半は伊原の幸に対するメロメロさが行動に現れて、微笑ましかったですね。
自分の思ったことをどんどん突き進んでやっていく伊原の男らしさも素敵です。
ただ、幸に惹かれていく過程の伊原の心情が余り描かれていなかったので、私としてはもう少しそこを読みたかった気がします。

0

キャラがいいです。

働きすぎで体調を崩し、しつこい男に絡まれている幸を、
バイト先の常連客・伊原が助けてくれるところから、物語が始まります。
ワケあり勤労かわいこちゃん受けと、包容力たっぷりな大人の攻めのお話です。

新宿5丁目の自社ビルに、ヤリ部屋(連れ込み部屋)を持つ伊原。
ええと、この設定には軽くひいちゃいましたよ。そんな男ヤダ~!と…(笑)
まぁ、とにかくその部屋になんとなく居つくことになってしまう幸なのですが、
その後は伊原が、恋人兼保護者ポジションに、どっしりと納まることになります。

受けの子が攻めの男に対して、精神的にも経済的にもどっぷり依存という展開は、
もはやお約束のいつものパターンだなぁ~と思いながらも、
幸の働き者で勤勉なところは、応援してあげたい気分にさせられます。
それまで一人で必死に張り詰めて生きてきたような幸が、
伊原がいないと眠れなくなってしまうエピソードも、切なくて良かった~。
伊原が、幸と暮らすために、きっちり手順を踏んでけじめをつけたところも、
彼の本気さが伺えて、ほんのり温かい気持ちになれました。

ちなみに、新宿5丁目ビルの住人続き、嶋村兄弟もイイ味出してます。
医者からドロップアウトで、伊原のお手伝いさんをやっている兄と、
エリート塾講師からドロップアウトで、カフェ兼バーを道楽でやっている弟。
なんだか、愉快な仲間たちって感じですが、楽しそうですね。

特に大きな波乱もなく、穏やかなストーリー展開。
きたざわ先生作品が好きな方は、買って損はしないと思います。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ