「可愛らしい方。こんなに震えて」

執事の誘惑

shitsuji no yuuwaku

執事の誘惑
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
23
評価数
7件
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773003949

あらすじ

「もっと奥まで、私を受け入れてください」 下校途中に攫われた蒼は、見知らぬ屋敷で目覚めた時、少女の服を纏わされていた。動揺する蒼に、後見人を自称する男は財産相続のために、淑女教育を受けろと強要する。監禁される日々の中、唯一の味方は美貌の執事・伊織だけ。だがある夜、蒼は突然部屋を訪れた伊織からの甘い誘惑に抗えず、淫らな恥辱に溺れてしまう。巧みな愛撫に、無垢な体は翻弄されながらも次第に開花し……。

(出版社より)

表題作執事の誘惑

伊織忍 執事(34歳)
上原蒼 高校生

同時収録作品執事の花嫁

伊織

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

執事と女装お坊ちゃま。

弓月さんのパターンである『薄幸・不憫な健気受(もちろん女装付き)』に『敬語(丁寧語)攻』でした。
私は健気受は大好きですが敬語攻には別に興味ないので、正直なところ『あ~、またか』としか感じませんでしたが。←ホントに多いんだよ!大抵は『お金持ちの貴族・セレブ(外国人率高し)』だけど。

相変わらずベタです。王道です。でも、弓月さんはそれがいいと思っているので、別に構いません。

両親を早くに亡くし孤児院で育った蒼(受)。ある時、いきなり誘拐されて大富豪の孫だと告げられるんですね。

しかし、弓月さんの受はこの『孤児院(施設)』がセットになってるんじゃないかと思うくらい多いです。
ただ、この蒼はなんと病弱・虚弱じゃないんですよ!弓月さんの受ではちょっと意外に思うくらい、普通の元気な男の子なんです。優しくて健気ではありますが。

ただ、伊織(攻)の不思議な・怪しげなキャラクターや言動が、(いい意味で)なんとも言えない雰囲気を作り上げています。
私は『執事』も『敬語攻』も別に好みじゃないんですが、このストーリー全般に漂う雰囲気はよかったですね。

あと脇キ続きャラクターは、悪役はどこまでもわかりやすく悪いヤツでちゃんと報復を受ける。これは大事なんです。弓月さんの作品は、このあたりが半端でどうもなあ、ということが多いので(私は)。

そして、蒼の亡くなった母(大富豪の娘)の婚約者だったという志貴が、いやもう素晴らしい脇キャラクター(当て馬?)でした。
こういうちょっとすっとぼけた、でもよく考えるとすごく気の毒な気がするキャラクターはいいなあ。この人がいるといないで、まったく評価が変わっただろうとさえ感じました。少なくとも『萌』以下だったのは間違いないでしょう。

トータルでは、確かにベタな王道ではあるんですが、独特のムードで、綺麗に纏まっていたと思います。
結構好きですね。

あとはイラスト。申し訳ありませんが麻生さんの小説挿絵はものすごく苦手で今までいいと思ったことはただの一度もなかったのですが、これは本文のモノクロに限っては初めて、そして現時点で唯一『まあ悪くない』と思いました(カラーは相変わらず無理です)。
それでも決して『いい』までは行ってないし、やっぱり苦手には違いないんですが。

0

執事×お嬢様

富豪の家の執事伊織と、実はその家の跡取りだった孤児蒼。

蒼に淑女教育と称してエッチなことをしてしまう伊織ですが、これが結構いきなりなんですねwでもその流れがそれほど不自然ではありません。

受けが完全に女の子の扱いなので、読み進めるうちにこれBLじゃなくてもいいよなぁとか思ってしまいました。所謂「男の娘」ですよね。
なんとなく成人向け乙女ゲームみたいな雰囲気です。エロもあんまり生々しくないっていうか・・
挿絵の影響が大きいのかな。とても綺麗なのですが、この手の絵柄は可愛らしすぎてどうもエロさを感じません(^^;)

お話としてはしっかりまとまっていますのでたぶんこれは本当に、自分には合わなかった、ってやつだと思います。

0

全体的に調和のとれた話

 思った以上によかったです。
 読み終わった後に、思わず、この作者さんの書いた他の話を読んでみたい! と思うくらいに。

 まず、蒼がしっかりと芯の通ってるけど、ピュアで可愛い。
 実際の場面であれば、そんなに簡単に伊織を信じていいわけないような気もしますが、他に頼れる人がいなくて、魔法のように優しい言葉をかけてもらったら、ついうっかりフラフラしちゃっても仕方がないかなー、と。
 それにそんなに不自然ではなかったですし。
 ただちょっと本当、催眠術的な感じはありましたが。

 攫われて、あれよあれよと言う間に、遺産相続に巻き込まれてしまう。
 そして、振り回されてるうちに、無事に落ち着くんですが。

 その間にちらほら垣間見える
 なんだか催眠術みたいな伊織の優しいやり方と。
 蒼の素直でまっすぐな心のゆったりした動きと。
 わかりにくい伊織の嫉妬が。
 とってもいい雰囲気の小説になっていたと思います。

 状況だけ見れば、いきなり攫われて監禁されている、というかなりハードな状況であるにも関わらず。
 伊織が緩衝材になって、かなりおっとりした状況にさ続きせてるなー……と思います。
 さし絵とも小説の雰囲気がよくあってて、すごくよかったです。

 全体的に調和がとれている話でした。

2

今、流行の

執事です(笑)
主役は執事じゃありませんが、執事好きな方も結構多いのではないでしょうか?
私はギャグ系の執事ものしか読んだ事がなかったので、BLだとどんな感じなんだろう、と思っていましたが、敬語攻めにちょっと近いような?

学校帰りに突然拉致された蒼(あおい)。
孤児の自分が実は日本有数の企業の唯一の跡取りだという。
それを利用しようとした幹部に誘拐されたのだった。
色々あって、蒼の会った事もない祖父は蒼の事を女の子だと思っており、女の子として会わせる為に淑女教育を受ける事を強要される。
そこに現れた、祖父の屋敷で執事をしているという伊織。
自分の死んだ母親の事を知っているとの事で少し絆されていく蒼だったが――――。

大筋はこんな感じです。
殆どが伊織と蒼しか出てこない上に、割と最初の方に手を出してしまうため(笑)Hシーンは結構多いほうじゃないかな~、と思います。が、割とあっさりしてるかな、とも。

伊織は、学生時代から成績・運動常にトップで、冷静で、頭も切れて完璧タイプ。それでいて嫉妬もしちゃったりする可愛いところもあったり。
そんな人が傅いてくれるの続きはちょっといいかもしれませんね(笑)

オマケの短編は、騒動の収まった後のほのぼのした?話。
お隣さんで会社社長、蒼の母の元婚約者の志貴さんも結構いい性格してて好きなタイプです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ