籠蝶は花を恋う

籠蝶は花を恋う
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
59
評価数
16件
平均
3.7 / 5
神率
18.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784861342929

あらすじ

遊郭で生まれ育った詩央は無体な男に買われそうになった時、鼎と名乗る男に助けられた。「三ヶ月後、迎えにくる」という鼎の言葉を信じ、待ちわびる詩央の前に彼はついに現れなかった。実父の月舘子爵に引き取られたものの、劣等感と孤独に苛まれる日々を送る詩央は誕生パーティーで、鼎と4年ぶりに再会する。だが、詩央の出自を秘密にする代償にと、鼎は身体を要求してきて……。
出版社より

表題作籠蝶は花を恋う

有馬鼎・貿易業で成功している伯爵
月舘詩央・月舘子爵の妾腹で遊郭育ちの少年

その他の収録作品

  • 蝶愛

評価・レビューする

レビュー投稿数4

王道遊郭モノとして、名作だと思いました

健気受け、金持ち攻め、再会、すれ違い、そして遊郭モノ独特の雅びさや退廃的な隠避さが詰まった一冊でした。
ストーリーとしてはストレートすぎるほどに王道なんですが、洗練された文体とキャラの魅力が重なって、名作といって相応しいデキに仕上がっていると思いました。
遊郭モノはBLにはよくあるし、今までたくさん読んできましたが、そのなかでもかなり上位に位置する面白さでした。

読もうと思ったキッカケはドラマCDです。
かなり面白いドラマCDで、健気受けがツボにハマって、原作も読んでみたいなァと思いました。
沙野風結子さん初読みでしたが、力のある作家さんだなァと思いました。
他の作品も読んでみたいと思いました。

主役ふたりはラブラブバカップルとしてこの先生きていくだろうからほっとくとしてw、脇役の中津さんが良かったですねー。
最初はイヤミな男だったのに、途中からボロボロといろんな過去が明らかになってきて。
で、最後の最後はアレですかwなんという執事の鑑!(執事じゃないけど、感覚的には執事萌えですw)
SSの『蝶愛』では、主役のふたりとも、完全に中津さんの可愛い魅力に食われちゃってましたねw

2

切ない王道ドラマティック大正ロマン

泣いた~。
ベタベタの王道大正ロマンです。ドラマティック!!
切ない大正ロマン好きは是非!

この手の話って予定調和というか大体わかって読んでるでしょう。
でも、ちゃんと面白い。キュンキュンする。
それはやっぱり沙野風さんの文章がしっかりしているから。
ところどころ出てくる花など、巧いのです。
安心して泣けます。

自分の身分を恥じ、必要とされたくて才量に見合わない努力をする詩央。
でも、求められるのは体だけかと苦しみながらも、好いた男と体を繋げる喜びを知ってしまう。
好きだけど心まで求めるのはおこがましいと思いつつも求めてしまう。
自虐的になりながらも、努力する詩央が健気で、健気で泣けます。

鼎さまは最初傲慢な男かと思ったら、侠気のあるいい男。
詩央を助け、見守ります。
酷いエロもありますが、それも嫉妬ゆえ、、っても世話役の中津に見せちゃうってのはええ~っでしたが。

エロがロマンでムーディだよ。
エロがエロいだけではなく、も~切ないの!切なエロいの!
後半の、、別れを決めたのの、どうしても最後に一度抱かれたくて淫らに振舞う詩央にまた涙しま続きした。
自分、どんだけ泣くんだよ、、。

脇キャラ世話役の中津もまた良かった。
最初はやな奴だったのに、詩央に幸せになってもらいたくて自分の苦しい過去を話すとこでかなり泣いた。
あんたいい人だよ~(泣)
中津メイン読みたいなあ~、受で!!

こういうお約束だけど、よく描かれている作品はいいです。
ドラマチックさに酔えますよ~。

2

受けが健気すぎて切ない

本当に受けが健気でした。
詩央は遊郭で無理矢理男の相手をさせられそうになったところを鼎に救われ、三ヵ月後に詩央を見儲けすると言っていたのですが、詩央は実父のもとへ引き取られてしまいます。
この引き取られた理由が、異母兄が死んだので自分が異母兄の代わりに跡取りとして教育させられるためでして。
あくまで自分の異母兄の「代用品」として扱われているのが可哀想でした。

4年後鼎と再会するのですが、やっぱり自分は体を捧げることでしか生きていけないとか考えてたり。
教育係りの中津に厳しく教育されて嫌なはずなのに、中津が離れようとすると中津が離れていかないように振舞ったり。
鼎の役に立ちたくて迷惑をあけたくないがために、自分の秘密を話さなかったり。
詩央健気すぎるだろ…。
最後は切ないの嵐でした。

中津は初め嫌な奴だと思っていたんですが、最後には詩央にとってかけがえのない人物になっていました!彼も幸せになれるといいな。
詩央と鼎がヤってるとき、鼎が中津を呼んだのにはドキドキしましたねw

切ない話や、健気で可愛い受けが好みの方におすすめです*

1

せつない王道

遊郭で生まれ育った少年、詩央は金持ちの常連客に強引に買われそうになったところを、鼎と名乗る男に助けられた。優しいけど少し意地悪な鼎に強く引かれる詩央。
三ヶ月。それだけ待てば鼎は詩央を身請けしてくれると約束してくれた。
しかし、待ちわびたその日を目前にして詩央は実の親である、月舘子爵に引き取られ貴族の子として暮らすことを強要される。劣等感と孤独な日々の中で鼎の事を忘れられない詩央だったが……
4年後、詩央のお披露目でもある誕生パーティで二人は再会して……

主人公が遊郭でやむおえず体を売ることになる経緯が普通だったことにひどく安心した記憶があります。
遊郭の下男として働いていたんだけど、常連の偉いさんが所望して仕方なくという。
や、別に男遊女とかでもいいんですけれどもアレはある意味別の萌えな気がしないでもない。

相手のための嘘、すれ違い、さらには病気と素敵に王道一直線です。
でもそれが好きなんだ。
変にひねらずに主人公の感情描写がしっかりしているからこそ安心して読める。

ちょっとだけ?横暴(勘違い故かも)だけど優しい攻は格好いいし、一生懸命な受はいじらしい続き

最初嫌な人かと思った詩央の教育係の中津さんがいい人で切なかったです。
故人への想いを引きずって、抱え続けることを選んで生きてる。
ラスト付近の彼と詩央の関係性が好きでした。
恋ではないけれど、優しい結びつきというか。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ