恋でなくても

koidenakutemo

恋でなくても
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
40
評価数
16件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784344815025

あらすじ

密かに想いを寄せる保科社長から「振られたから慰めろ」と身体を求められる秘書の杉原。心の通わぬ好意に切なくなりつつ拒めなくて?
出版社より

表題作恋でなくても

年商数十億のレストランチェーンの社長・保科義宗30
攻様を公私ともに支える秘書・杉原朋久 28歳

その他の収録作品

  • 恋でしかない
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

ツンデレのデレだけ読んだ感じ

2005年発行のリーフノベルズに書下ろしショートです。

最初、なんとなく二人は同級生だと思い込んでいたので、杉原(受け)が年下であることにちょっと違和感がありました。ただ、後日談的ショート「恋でしかない」で保科(攻め)が杉原が隠しているはずの本音をあっさり見破っていたという辺りで、経験値の違いだけでなく年上でもあるからというのも感じて、やっぱり先輩後輩で良かったかも!と思い直しました。

表題作「恋でなくても」は杉原視点のためか、保科が甘えていたり情けない場面ばかりで、杉原が言うほどの格好良さがいまひとつ伝わってこなかったです。部下達に好かれてはいるのでしょうけれど、「切れ者」というピリッとした場面も欲しかったです。

ショート「恋でしかない」は保科視点。初エッチの場面の回想では「恋でなくても」の保科バージョンという感じ。セリフが同じなので、くどく感じる方もいるかもしれませんが、私は楽しかったです。

奈良先生のイラストは好きなのですが、表紙ほどクールな杉原が挿絵でなかったのが残念でした。保科と一緒のためか、赤面していたり表情が豊かなものが多く、ピシッとした秘書姿が欲続きしかったなと思いました。

互いの前だけでは本音が表れてしまう「特別な関係」という二人は好きなのですが、違いが分かりやすいように、もう片面のみんなの前だけの姿もあれば嬉しかったです。ツンデレなんだけど、自分の前ではデレばかりという印象を受けました。

ただ、ヘタレ保科が元彼女を連れ込んだり仕事でトラブル発生したりと次々と起こる展開に引き込まれ読み進めてしまいました。リーマンすれ違い設定がお好きな方にはお勧めだと思います。

1

バカな攻め様

尻に敷かれたがり〜な受け様に甘ったれな攻め様に私はキュンキュンきました(笑)
ダメ男好きーにはたまらんお話しです。

高校時代からの付き合いで大学卒業間近に二人の関係がこの後まさかこんなに進展しないまま続くとは(笑)
受け様の素直じゃない上に、攻め様の秘書で私生活も慰めるべく体を与えるとかもうテンプレ(。-_-。)
好きだから好き放題な彼を許し恋人と別れるたびに自分を慰めろと定期的に甘える攻め様。
そんな弱々しいことろは自分しが知らないと心の拠り所にしながら恋人ではなくあくまで秘書としてつくす。
攻め様に神経逆なでさせられながらも耐える日々。
なんて大和撫子?違うか?
攻め様の元カノが突然現れ仕事の間だけと攻め様んちに居座りだしたことで受け様ブチ切れ(笑)
あとあと全て、受け様にヤキモチやいてもいたくてやったこととしりあきれま〜。
(^ω^)馬鹿攻めです。どうしよーもねーな!!がしかし、嫌いじゃない!
受け様も惚れた弱みでついつい甘やかす。
仕事はできるのが唯一の救いだ(。-_-。)



恋でしかない
では、攻め様目線で過去を振り返ります。
最初続きから一目惚れじゃねーか!わかってて手だしたんか!
こんなにごたごたしたあげく世の女の子を泣かせた勝手な男だ!とよくわかるお話でした。

1

8年もって長すぎだろ・・・

設定もストーリー展開も、杉原(受)のキャラクターも決して悪くはなかったんです。まあ、王道には違いないんでしょうが。

とにかく、保科(攻)がどうしても無理でした。私は『俺様・傲慢攻』がもう言葉にならないくらいキライなんですが、保科はその点においては我慢できないほどではないんです。好きにはなれませんが。

それでも、やっぱりコイツがあまりにも無神経過ぎて、まったく乗り切れませんでした。

確かに私は『ヘタレ』攻』は大好きですが、こういうんじゃないんだよ・・・とげんなり。まあでも、単なる『傲慢攻』よりは遥かにマシでしたね。
さらに、言葉の足りないダメ男攻もかなりのダメ要素なんです。口では言えなくてもせめて態度に出せば、もう少し微笑ましく受け入れられたかもしれません。

それに、保科が次々彼女を作っては別れるのも、元カノ・早紀も、まあオチはだいたい読めていましたが、それはまあいいんです。ラブのスパイスとして許容範囲内です。
それよりも、元カノを平気で泊める方も元カレの部屋に図々しく泊まり込むほうも、あまりにも考えなしで呆れました。

杉原は、保科を甘やか続きし過ぎで『もういい加減にしとけよ』とは思いましたが、男前でいいキャラクターでしたよ。でも、相手がアレでは趣味悪いな~としか言えません。

当て馬(?)安西さんがすごくいい人で、逆にアクがないというか存在感が薄かったのが残念です。こういう『攻がダメすぎ』なストーリーでは、せめて当て馬に頑張って欲しいと思ってしまう。本末転倒なんですが。

どこか(主に攻のキャラクター)がもう少し違っていたら、もしかしたら好きになれたかもしれないとは思いましたが、ちょっと届かなかった感じです。

ただ、確かに私の好みでは『う~ん』なんですが、作品としては決して出来が悪いとは思いません。真崎さんは(好き作家さんとは言え)『どうしてもダメ!』や『酷過ぎ・・・』も意外と多いんですが、こちらはそうじゃないんです!

1

設定の割には萌えなかった

社長×秘書
クーデレ眼鏡受
片想い
…最高の設定ではないか!

むろん受の杉原にはハァハァさせられましたw
胸が締めつけられるほどとは言えないですがそれなりに切なかったです
でもいくら好きだからって、そんなに保科を甘やかしちゃ駄目だと思うよ~

俺様攻は結構好きなはずだけど保科にはあまり萌えられず
本当は杉原が好きなことは察しましたが、それでも無神経な態度に少しイライラ

むしろ安西さんの方が私は好きですね
もう少し出番があればよかったのに(・3・)なんて思ってしまいました

思っていたのと少し違いました
良く言えば読みやすい、悪く言えばあっさり
読み応えはあまりないかもしれません
何回も読もうとは思えないな~
でも片想いの描写が多かったし少しは切なかったのでぎりぎり萌で…

0

設定がツボ

一途でクールな秘書受けと浮気な攻めという設定がもう萌えです。文章はすっきり端的で読みやすい。ストーリー展開もよく面白い。

0

絶滅危惧種の日本男児と大和撫子の恋

ノベルスから文庫版になって奈良千春さんの挿絵になったようです。
奈良絵目当てで購入した本ですが、中身も良かったですv

社長×秘書モノ

ふたりは同じ高校の先輩後輩で、生徒会をいっしょに経験し
大きなレストランチェーンの会社を建て直し経営してます。

端正な顔の完璧な紳士である保科を
公私ともに支えることのできるポジションに甘んじて
そこで必死に我慢している杉原は、まさに大和撫子。
途中で反旗をひるがえす場面はスカっとしたと同時に
せつなくもなりましたよ・・・。
自信家で強引だけど偉そうじゃないし、どこかガキ大将みたいな保科。
杉原に拒絶された場面を
イタズラをした犬をうっかり叩いてしまったときのびっくりした顔と
表現してるのが、妙にツボで、大きななりをした社会的地位のある男を
そんな顔させちゃうのってイイですv

場面転換の区切りが良いのか、すごく読みやすくって
ぐいぐい引き込まれました。

攻めの性格は大変に難があるのですがw
これも奈良絵マジックでしょうか?
ちっとも嫌な男には感じませんでした、かわいい男に思えたのは
挿絵の影響が続き大だと思います。

文庫化に際して書き下ろしされた「恋でしかない」は
保科モノローグでのはじめて身体を重ねた夜の話でした。
大胆不敵で、ビジネスにおいてものすごい手腕を振るう保科が
杉原にだけは頑固に「好き」って言わないのは
絶滅危惧種の日本男児だからなんでしょうねw

2

そこまでお互い、意地はらなくっても

オレ様男に、つい、尽くしてしまう、有能なクール美人さん。
お互いに好き合っているのは見え見えなのに、意地を張り合って好きだと言えない。

えーと、、、
私、この手の、オレ様男が、ハッキリ言って大嫌いです。
尽くす方も、共依存みたいなもんで、ハッキリ言ってバカだと思います。
そんな地雷ネタの本ではありますが、この位なら、まあまあ、かわいげがあるので、サラッと読めました。


似たようなネタで4月に発売なった某ドラマCD、どうせだったら、こっちのお話の方がよかった、、、、(実はその、某CDが強烈に地雷で、まだ、最後まで聴き通せずにいたりする)

0

健気で苦労症の秘書はイイ

主人公は杉原朋久。切れ者社長の保科義宗の秘書をしています。マンションはお隣同士。公私共にお付き合いのある二人です。

こういう小説では、年上社長の義宗をメインにしてストーリーが展開すると思いきや、中心は二才年下の完璧秘書・朋久になっているところがたまりません。

会社では切れ者で、どんなイレギュラーな出来事に対しても的確な指示を出し、いつも落ち着いていて人当たりがいいレストランチェーンの社長・義宗が、いったんプライベートとなると、部屋の掃除はできない、寝汚くて寝起きが悪い、わがままで人の話を聞かないと、とんでもない正体を出してきます。
このため朋久は公私共に精神が休まるときがありません。

加えて、義宗は普段から朋久を求めてくるくせに、その口実が十河早紀をはじめとする恋人に振られたからというもので、義宗のことを好きだと思っている朋久が逆らえないことを知っていて、延々と繰り返します。
性格、悪いです。

それでも、健気にがんばっている朋久が、ついにプッツン来る事件が起こってしまいます。なんと、八年前に義宗を振った女性・義宗と朋久が最初に結ばれるきっかけを作った女性の早続き紀が、義宗のマンションの寝室から出てきたのです!
ショックを受け、自分は用無しだと思い込んでしまった朋久は、マンションを出てしまいます。
会社で淡々と業務をこなす朋久。
そんな時レストランチェーンで食中毒の疑惑が持ち上がって…。
そして、それをきっかけとして明らかになる義宗の女性遍歴の真相!!

ストーリーは、山あり谷ありで最後までどきどきして読んでしまいました。
健気で一生懸命・でも口の悪さは天下一品の朋久と、わがままでどうしようもない性格だけど、とってもお茶目な男気のある義宗は、とてもいいカップルだと思いました。
個人的には、朋久を大事に思っている食品輸入会社の社長・安西がいい味を出していました。温和で相手を包み込んでくれる、性格のとってもいい頼りがいのある人物です。(一時は義宗は、朋久さ安西との中を疑ったりします)
この安西との絡みも含めて、もっとたくさん続きが読みたいと思いました。

4

恋でなくても

リーフノベルズだったものに書き下ろしをプラスしたようです~
前は挿し絵誰だったんだろう??
それはさておき、真崎さんは最近なかなか好みなので楽しみにしていた新刊です。
高校時代に無理やり生徒会に入らされてからの付き合いの二人が、大人になって同じ会社で働くようになって…みたいな!
受けはずっと二個上の先輩である攻めのことが好きなんだよね!片思いネタ大好き(*´Д`*)
自由奔放な上司と、神経質な秘書っていえばわかりやすいかな♪
なかなかおもしろかったです。
奈良さんのシリアスじゃない挿し絵ってとても好きなんですがvv

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ