さあ、御主人様。どんな御奉仕をお望みですか―――…?

執事★ゲーム

shitsuji game

執事★ゲーム
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
28
評価数
10件
平均
3 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048542739

あらすじ

父に逆らい家を出た御曹司の羅宇に付いてきてくれたのは、幼い頃から恋心を抱いている執事の凱だけだった──。腹黒執事攻&ツンデレ執事受、色男がそろい踏み。ハイパー★デュアレスト・ラブ登場!
出版社より

表題作執事★ゲーム

凱 執事&教育係
羅宇 主人

同時収録作品執事★ゲーム

紫苑 主人
楓 執事

その他の収録作品

  • あとがき。&おまけマンガ。

評価・レビューする

レビュー投稿数5

どっちの執事も素敵です。

執事攻め、執事受け、どっちも楽しめちゃうなんともオイシイお話です。

まずは攻めの凱と羅宇のお話ですが…黒いです。腹黒執事です。
幼い頃から自分を好きになるよう育ててきたらしいです。
光源氏計画大成功だね!
羅宇が不憫…凱にいいように転がされているよ。
でも気位の高い主の命令口調で「キスしろ」には激しく萌えさせていただきました。

一方受けの楓と羅宇の弟、紫苑ですが。
楓の献身的な執事っぷりがイイっ!
健気でいじらしく、なんとも可愛い執事さん。
紫苑のあまあまさもたいへんオイシイです。

どっちかといえば紫苑と楓が好き。
食えない腹黒執事よりは、健気で一途な執事の方が楽しめました。

0

執事が溺愛するお話

執事とご主人様のラブストーリーです。
腹黒執事攻とツンデレ執事受の2人が、ご主人様を溺愛してます。執事萌えはあまりしないんですが、この2人は麗しくてウットリします。もちろん、ご主人様たちも綺麗でカッコ良くて、高城さんの描かれるキャラは素敵ですね。

お話は、どちらの執事も、ご主人様を手に入れるために奮闘してる内容になってます。
凱は、腹黒く色々画策して。楓は、一生懸命健気に気持ちをぶつけて。私も、こんな執事にお世話されたいです(笑)
ご主人様たちも執事が大好きなので、すれ違いがあるけど甘々です。
どちらかと言うと、紫苑と楓のカップルが好きです。

2

執事年齢不詳すぎる…(笑)


執事は、この受けのぼっちゃんがだいぶ小さい時から仕えているみたいだけど、外見がぜんっぜん変わんなさすぎて年齢不詳です。

執事の凱が、最初は嫌な奴っぽく描かれているけど、やはり結局は羅宇を想っていた。
そのことが分かってからが楽しい作品だと思います。
途中、ちょっと凱が怖いですが(いい意味で)。

後半は、羅宇の弟の紫苑とその執事のお話。

…これは私個人の趣味ですが、凱と紫苑のカップリングだったら面白かったのになと思いました。

美形の主人と美形の執事。
王道BLだと思いました。絵柄、物語共に。

0

くすぐられます…♪

凱×羅宇もいいのですが、羅宇の弟(紫苑)&ダメダメな執事(楓)の紫苑×楓 のほうが個人的に好きです!!!
楓は家の跡継ぎになる人!?(兄)ではなく、弟の紫苑に仕えることになり、初めはショックをうけたみたいですが、惚れてしまいます!
それで好きな紫苑の前でも緊張してしまい、紫苑の手を払ってしまったり、思わずお菓子を落としてしまったり、石鹸を落としてしまったり……。
読者側からすると、思わず世界に入って助けてあげたくなるような作品です。

1

腹黒執事とドジッ子執事?

わりとベタ展開な気がしないではないですが。
それはそれで面白いのです。
フツーに面白かったです。

羅宇の執事はなかなかの腹黒執事。
見事に策略をめぐらせて羅宇を手に入れようと。
羅宇の方がずっと意思表示をしていたのにも関わらず、それをうまくかわすようにして。
自分の周りを整えてから手を出す感じ?
黒くて素敵だ。

もう1つは最初は羅宇にちょっかいを出してた紫苑と執事の物語。
こちらの執事はドジッ子ってわけじゃないが最初っから意識してるのが読者にバレバレな感じの執事。
それを紫苑には見せまいとしているというか、意識して触れた手を払ってしまったりするんだけども、それが紫苑には勘違いされて。
コミックスの裏のあらすじにはツンデレ執事と書かれてます。
好意を悟られないようにしてる部分はあるのである意味ツンデレか。
かわいい執事なんだけどな。

CPとしては紫苑組の方が好きかな。
でも、腹黒執事も捨てがたい(笑)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ