小さな贈り物 騎士と誓いの花 番外編2

chiisana okurimono

骑士与誓言之花

小さな贈り物 騎士と誓いの花 番外編2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
インカローズ〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
24ページ
版型
A5

あらすじ

グリファスの故郷リヴサール公爵領の屋敷にやってきて半年。日々の暮らしにも慣れてきたある日、リィトはグリファスから「誕生日に何が欲しい?」と訊ねられ、答えにつまる。
『一番欲しいものは手に入った。これ以上望むものなどない…』
そんな本音を上手く伝えることができないリィトへの贈り物に、グリファスが選んだ物は――。
(HP参照)

表題作小さな贈り物 騎士と誓いの花 番外編2

リヴサール領主 グリファス
養子 リィト

評価・レビューする

レビュー投稿数1

とっても可愛いお話でした♪

とっても可愛いお話でした。ノベルズの後半年ぐらいのお話です。

もうすぐリィトの誕生日という事で、グリファスが何が欲しいか聞いてくる事から始まります。

物はもうたくさん貰っているし、一番欲しいものは「グリファス」で願いも叶ってしまっているので、リィトには
今欲しいものは無いのですが・・グリファスの気持ちを考えると「何もいらない」とは言えない状況になってしまって、しばらく考えさせて欲しい・・・

今リィトは色々と勉強をして、グリファスの執事になりたかったんですが、適正を考えて無理だとわかって、じゃぁ、秘書!とかも考えたのですが・・どうも色々を覚えられなくて・・
って別に頭が悪いわけではないのですが・・向いていないんでしょうね・・

ところが、植物に関してはすこぶる能力を発揮して、難しい事も覚え、昔の古代文字までも覚えてしまうぐらいに頭が働きます。なので温室で植物の世話をしながら、どうにかして枯れてしまった土地に緑を取り戻す方法を考えてます・・

実は一つ方法があるのですが、それは皇帝の温室にしかないものなので、それが欲しいとは言えないんですよね~・続き
だってグリファスに迷惑がかかってしまうから・・

そんなこんなで誕生日になってしまうんですが・・・

というお話です。

この本も薄い割には二段と結構詰め込まれてます。前回はグリファス視点が多かったんですが、こちらは、リィト視点のお話。何事にも一生懸命頑張っているリィトのお話は微笑ましかったですね・・
もう、グリファスはメロメロですね・・
とってもほのぼのと楽しめた作品でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ