クリムゾン・スペル 3

crimson spell

绯色诱惑

クリムゾン・スペル 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
100
評価数
23件
平均
4.3 / 5
神率
60.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784199604010

あらすじ

昼は高潔な王子、夜は淫らな魔獣──
夜ごと変身する魔剣の呪いを解くため、
美貌の魔導士ハヴィと旅をするバルド。
ところが魔剣の力を狙う敵にハヴィが操られ、
剣で闘い合うように仕向けられてしまう!! 
命が懸かる瀬戸際で、ハヴィが選んだ手段とは…!?
急展開の第3巻、ハヴィ子供時代の描き下ろし番外編つき
出版社より

表題作クリムゾン・スペル 3

ハヴィ/レアアイテムに目のないクールで優秀な魔道士
バルド/魔剣の呪いで夜ごと魔獣化してしまう王子

その他の収録作品

  • 番外編 妖精の繭

評価・レビューする

レビュー投稿数11

ついに…

バルドを狙う謎の一味に捕らわれ正気を失ってしまったハヴィと、彼を助けようと葛藤するバルド。図らずもハヴィを瀕死の状態に陥れてしまい落ち込んだバルドは、自分が身も心も魔獣と共鳴しつつあること、そしてハヴィに特別な感情を抱いていることに気づきます。そして二人は遂に――…という、ドキドキの第3巻です。

魔獣と素のバルドとのハーフ…半魔獣(?)状態のバルドがその不安定さも相まって可愛いやらカッコ良いやらで困りました。ハヴィはバルドの想いを知ってしまったのでこれから更に遠慮がなくなりそうで楽しみ。また、この巻ではルルカも頑張っていて嬉しかったです。ルルカは变化のパターンが多くて面白いですね。今後のキーパーソンになりそうな新キャラ・リムリスも登場して、ますます世界観が壮大になっていきそうだなぁと感じました。

描き下ろしはハヴィとバルドの過去エピソード。微笑ましかったです。

2

2人のやりとりに(≧ω≦。)プププ

ハヴィ奪還成功☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ☆
いやー何とかなるとは思っていたけども、良かった!
それにしてもハヴィが生きていることに喜んだのも束の間、無神経台詞には「おいっ(*`Д´)ノ!!!」でしたが、思いっきりバルドに殴られていたから良しwww

今巻では
「ここで引いたら私がすたる…」
「いつもガオーとか」
「上ならいいのか」
のやりとりに笑っちゃいました。
確かにいつもだと「ガ…ァァゥ」だとか「グゥゥゥ…」とか「ギャンッ」ですもんね。
そして上にこだわるバルド可愛い(*´▽`*)

終盤、奪還までのゴタゴタで頑張っていたルルカが倒れちゃったのが心配(´;ω;`)ウッ…

番外編「妖精の繭」は2人のチビっ子時代。
ってか2人とも会ってたんだね。
美少女バルド~(〃ノωノ)キャッ♪

1

受け入れバルド!!!

なんとか敵の手からハビを奪還したバルド。

萌え2つか神かで悩んで皆様のレビューも参考に、神で。(笑)

今までは勝機を失った魔獣バルドを抱くだけだったハビ。
しかしその二人がなんと初めて正気で絡み合う(*´∀`*)♥
「おれ、どうしたんだ・・・」
まだ自分の欲求を頭では受け入れられないバルド。
それでも体と心はハビを求めてしまう!!!

はー!エロいッ(*´∀`*)!!!
体の線もエロいが喘ぎもエロい!字で読むだけなのに興奮します。

あいかわらずお美しい絵を描かれますやまねあやの先生。
繊細なのは絵だけではなく内容や構成も本当に細部まで考えてられています。
それが伝わってくるので、この方の描く漫画が好きなのです。
エロけりゃイイってもんではない。絵が上手くりゃいいってもんでもない。
やっぱお話の深みとしっかりした構成がなきゃ!!!

イチ押しの漫画家さんです。

4

魔獣スキーにはたまりませんなぁ

ふぉぉぉ~!
怒りのバルド!魔獣化が素敵~!!ルルカの成獣っぽい姿もいいです♪
というか待てよ!?こういう展開はもしやもしやの・・・バス○ード系?ク○ンプ系?
両方好きだからいいのッ気にしない気にしない!!
いやぁ、楽しいなぁ~♪

そして後半ページはBL的エロエロタイム!!
バルドが正気の状態で初めてのエチ。
悶えるッ!!なんだこの萌え展開はッ!!腐女子で良かった~♪(何)
夜のことを思い出してゴロゴロしているバルドが可愛ゆす!

3

う~ん、やっぱ神かな

萌x2と神のどちらにするか迷ったんですが、今まで読んできたクリムゾン・スペルの中では現時点では一番好きな巻ということと、あのハヴィの一言でやっぱり一段階上げざるをえないかな、と思いまして神評価。
あと、やはり正気のバルドとハヴィが初めて睦み合うということも。
冒険譚という点でもこのシリーズ、今までで一番の盛り上がりを見せます。
あぁ~切ないですね・・・バルドの苦しみが哀れです。
こういうシリアスな展開の中にも、コミカルな部分が程よく調合されていて、時に笑いを誘います。

番外編の「妖精の繭」も可愛いお話でした。幼い頃に二人にこんなエピソードがあったのか!
その頃からハヴィはもう・・・ウフッ!

2

とらわれのハヴィとの対決から~な3巻ですね。
鬼気迫るシーンは圧巻。
ハヴィを助けようと必死に頑張る王子にキュン。
キスした理由をこっそり教えてくれ。
魔性ですなwwww
身体を重ねている事実を知らない王子が少しずつ心の距離を縮めてきているのがわかるのが嬉しいですなv

そして、ハヴィの胸を貫くシーン。
思わずドキドキしてしまう展開でした。
よもやまさか・・・・・・

そして、後半。
(≧∀≦)遂に王子が!
このエロシーン。ホンっとにエロかった。
もちろん、褐色肌の魔物エロもエロいんですが、理性が働いている王子状態での結合。
知らない間に慣らされた身体が感じる快楽の強さ。
甘い声。
カワイイんだよっ!
憤りを感じながらも、それに幸福を感じ、いとおしく思う気持ち。
思わずホッコリしてしまう。
とりあえず一区切りという感じな1冊でした。
王子様、エロいです。ありがとうございます

4

ようやく両想い(?)に…(´∀`)

今年ようやく出ました『クリムゾン・スペル』3巻。連れ去られたハヴィを取り戻しに来たバルドですが、敵の手に陥り牢屋に入れられてしまいます。
しかしどうにか抜け出し、いよいよ敵と対決!ですが敵の卑怯な策略によりバルドはハヴィと戦うことに。

剣の腕だけならバルドが上ですが、魔法の剣を使われてはバルドが不利に。危うい所まで追い詰められます。敵の親玉の言霊でバルドはハヴィに剣を向けてしまう。ためらうバルドの剣になんとなんとハヴィが自ら胸を貫くために飛び込んで来た!!

えええ~!!(´Д`)ハヴィ死んだ!?嘘でしょ!?バルドの剣が刺さったまま!!そのショックでバルドは魔物化!覚醒してしまいます。このままでは本物の魔物になってしまう!バルドを救うため霊獣・ルルカが光の魔法を使う!

一方剣に貫かれたハヴィに異変が。ハヴィは自分に魔法をかけていて、どうにかこうにか蘇生できました。よかった~(´Д`)
蘇生したハヴィは、ルルカに光の魔法で傷ついたバルドを迎えに。ようやくバルドは正気を取り戻しました。

翌朝目を覚ましたバルドはハヴィの元気な姿に安堵&激怒。殴り倒して逃げます。それ続きを追うハヴィ。キスをして抱き締めて身体を繋げる場面はまさにエロス(´∀`)ようやくハヴィは魔物バージョンではないバルドと抱き合うことができました。

そして何やらまたまた新しい登場人物が。…これ、本当にいつになったら終わるんだろう…。本誌でも時々しか連載してないし。しててもページ数少ないし。…気長に待とう。気長に。

2

それは 愛しているから――

待ってました、3巻!
前巻では囚われの身となったハヴィの救出に乗り出したバルドでしたが、敵の陰謀により、心身共に操られたハヴィと闘うように仕向けられ…。
優秀な魔道士であるハヴィが容易く敵に操られるような精神状態だったのは、己が彼を傷付けてしまったからだと気付くバルド。
漸く、昼は高潔な王子・夜は淫乱獣受けな天然ボケが恋心に気付き始めた…、それだけで激しく萌えましたv
今にもハヴィを貫いてしまいそうな剣を自らの手のひらで握り締め、血を流しながら堪えるバルドの漢気と、微かに正気を取り戻し、自らその刃に貫かれたハヴィに不覚ながら思わず涙が…。

が、それすらハヴィの計算の内。
そんなクールで無表情で計算高くて案外マニアコレクタな(最後関係ない)ハヴィが大好きですけれどねっ!(…)

特筆すべきは、初・バルドが正気状態での絡み!
生まれながらの王子である誇りゆえか、バルドは常にマウントポジションを取ろうとするのです(笑)。
快楽に耐える必死の表情に激・萌(*´Д`*)(*´Д`*)(*´Д`*)←萌え過ぎて分裂
対して、案外冷静でおっとりしているハヴィが悶絶格好良い~続き~!!(ごろんごろんっ)
ハヴィの、(なんて艶のあるいい声なんだ…)に激しく同意した後、やまねさんの書き文字、(いつもガオーとかだから…)に爆笑したのはわたしだけじゃないはず(笑)。
事後の眠り姫のようなハヴィ(攻)と、腕枕をしてやるバルド(受)に萌え悶えたことは云うまでもなく…。
また、ルルカの健気なまでのバルドを想う気持ちと、完全にお笑い要因に成り下がっている(笑)ハルレインの存在も愛しいばかりv


わたしはやまねさんが大好きで、繊細で美麗なイラストと滴るようなエロスが読めれば満足してしまいがちですが、それを考慮してもこのシリーズは文句なしに面白いです。
何が凄いって、ファンタジーな建造物や衣装や小道具、幻獣までもが総て違和感なく纏まっている確かな画力。
剣や魔法のシーンも、絡みも余すところなく隅から隅まで美しい~っvvv
個人的には、やまねさんの描かれる裸体(特に尻/※重要)が大好き。
正になめした皮のような美しい筋肉のついた裸体は、そっと指先で触れると押し返す弾力があるような気すら。
柔らかそうでいて、弾力を感じるぷりぷりの唇も然り…、けれど一番好きなのはおちり…しり…(…)。

扉絵も超美麗!
本の口絵にもなっている第17話の扉絵は、姫と王子のようで萌(´Д`*)
個人的に一番興奮したのは、第15話の扉絵。
しっ、尻にゆびが…!(尻の話題はもういいです)

ファンタジーが苦手な方にもお勧めしたいです。
コメディがお好きでしたら尚(´∀`*)
CDのキャストも決まって、そちらも愉しみ♪

6

絵とのギャップが楽しいコメディ作品です

やまねあやのさんの絵は本当に美しい。煌やかで眩し過ぎるくらいです。
いつも感心するのが、細部まで書き込まれ緻密にトーン貼りされた隙のなさ。よく、あとがきで修正等に×ヶ月かかったと書いてありますが、それはそうだろうなぁ~と納得しちゃうほどです。

でも、その絵柄ゆえに、敬遠してしまう人もいるのでは・・・?
実は私もそうでした。なんとなく、妙にシリアスチックだったり逆に絵だけの作家さんだったりするんじゃないかという思い込みと、前に雑誌でチラ見した「ふんどし」(「異国色恋浪漫譚」)に警戒心(笑)が働いていたからかもしれません。が、いざ作品を手に取ってみると、そんなのは杞憂でした。ふんどしさえ萌えの対象に・・・!
何より、作者のコメディセンスが私のツボにぴたっとハマってしまう~~
その上、受のタイプがカッコ可愛い男前ばかりなんですね。ああ、ツボだ・・・抗えません。
ちなみに、作者はエロにも手は抜きません。そこも素晴らしい。

そんな訳で、前置きが長くなりましたが、2年近く待ってようやく発売された「クリムゾン・スペル3」、冷静さを保ちつつ頑張ってレビューしたいと思います。

続き
まずは、簡単なあらすじ。
とある世界のとある国の王子バルドは、王家の秘宝である魔剣の呪いにより、夜になると魔獣に変身してしまう。その呪いを解くため、大魔道師ハヴィと共に旅を続けているが、魔獣の間は意識がないバルドは、その凶暴な気を放つためという理由で夜な夜なハヴィに抱かれていることを知らない。
色々あって、敵に攫われたハヴィを追ったバルドは、敵によって正気を失わされたハヴィに襲われる。必死でハヴィに言葉を伝えようとするバルド。しかし、敵の魔道士に身体を操られハヴィに剣を向けてしまう。息絶えたハヴィを見たバルドは、ショックのあまり意識を魔獣に明け渡してしまう。今までとは桁違いの勢いで荒れ狂う魔獣。このままではバルドも危ないと判断した旅の仲間達は・・・?!

攻のハヴィは長身長髪の美形魔道士ですが、その性格が曲がりっぷりが可愛くも面白く、バルドとの掛け合いは笑わせてくれます。対するバルドは聡明で剣の腕も立つ立派な王子様なのですが、あまりにも世間知らずというかおおらかというか、その天然ボケっぷりがこれまた可愛らしい。そして、魔獣のバルドは欲望に忠実・・・。2巻までは魔獣の間の意識が無かったバルドが、この3巻で初めて意識を持ったままハヴィと夜を共にしてしまいます!それがこの巻の見どころかなー♪
この作者はHシーンが多彩ですねぇ。別作品になりますが「ファインダー」シリーズでは、攻が刺して抜き、刺しては抜き・・・とうとう意地っ張りな受君に「抜くなよっ」と言わせちゃうシーンがあり、激しく萌えさせていただきました。
やまね作品のエロさに耽溺してください^^

4

鉄板ファンタジーBL!!

バルドが今までガオーって受けだったのが、感じやすい美人受けになってて、超萌えました・・・。そしてそれに興奮するハヴィ。気位が高いので、ハヴィにマウントとらせまいとするんですが、感じすぎて動けなくなってるバルドが、エロすぎました・・・。

ファンタジー部分は1,2巻のしばらく読んでいなかったので、頭に入ってこなかったのですが読み返せばちゃんと面白かったです。

とにかくやまね先生は絵が美しいので、それだけでも読む価値あり!(とくにHシーンは秀逸笑)

2

待望の三巻♪

でましたね、クリムゾンスペルの3巻、待ってましたよ~
って言うかこの話始まったばかりはこんなに長く続くとは思っていませんでした。
1巻1巻の間隔がかなり開くので、新刊出るころには前の内容を微妙に忘れてしまっているのが痛いところです^^;)

ハヴィが囚われの身となってしまっていて正気を取り戻していないので、コメディテイストもなりを潜めていてシリアスな展開になっていました。
それでも、やっぱり面白いものは面白いです、やまねさんの作品はファインダーシリーズよりこっちの方が私は好きなんだな~。

バルドの中に潜んでいる魔の力を狙う魔族に陥れられて、ハヴィを手にかけてしまったバルドは悲しみのあまり自分の中に潜む強大な魔の力に支配されてしまいます。

今までバルドが魔獣になった時に身体の関係はあったけれど、魔獣のバルドはただの欲望だけで動いているように見えて、根底ではお互いがお互いの事をちゃんと想いあっていたんだなぁと言うのが今回改めてわかった気がします。

ハヴィが正気を取り戻し、バルドも自分を取り戻すけれど、完全な人間の姿に戻ったわけじゃないんですね、それでもシリーズ始続きまって初めてバルドの意識がある状態でのHシーンがかないましたね。
気持ちは抗いつつも、身体は既に行為に慣らされていて正直なので、葛藤している姿が非常に萌え(o´艸`o)

ラスト間近に新しいキャラが出てきたりもして、まだこの先続きそうですが、私この世界観ものすごく好きなので、お供しましょうどこまでも…

次回がとても楽しみです♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ