花廓 ~凶刃の閨~

花廓 ~凶刃の閨~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
36
評価数
9件
平均
4.1 / 5
神率
55.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812438077

あらすじ

自動車販売会社に勤める桜木岳斗は、凋落する実家の極道・雨水会を存続させるため、経済ヤクザの石黒と取引をする。だがー、「お荷物を引き受けるんだ。相応の対価は払ってもらおう」岳斗が石黒に連れて行かれたのは、都心の片隅に、身を隠すように佇む日本家屋。提示された条件とは、男娼専門の現代遊郭・蘭華楼で身体を売ることだった。緋襦袢に身を包み、赤い格子に入れられー。石黒に「初物」として捧げられた岳斗は次々に客を取らねばならない運命なのだが…!?
出版社より

表題作花廓 ~凶刃の閨~

ヤクザ
男娼(ヤクザの息子)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

切ない

攻め→経済やくざ
受け→自動車会社勤めの会社員

遊郭物が読みたくなり、調べた結果皆の評価も良く、是非読みたいと手にとってのが今回の作品でした。
全体的にエロく、特にも受けの岳斗(たけと)が攻めの石黒(いしぐろ)への恋を自覚した後の展開に胸が締め付けられました。
自分の思いを隠し、石黒に惚れた弟との約束を果たそうと、一生懸命になる姿。自分の心をひた隠しにする場面にホロッと涙が・・・。
その後2人がどうなるのかは読んでみてくださいね。

0

良かった!

最初に、ネタバレがありますので、ご注意下さい。

初めて本庄咲貴さんの作品を読みました。表紙美麗イラストと内容に惹かれて買いましたが、私的にビンゴな作品でした~。国沢さんのイラストや挿絵もベストマッチでした!!

内容は遊郭物。極道の長男で会社員の岳斗(受)が実家の組を守るために、経済ヤクザの組長石黒(攻)に取引をする。そこで、弟の真冬を遊郭で働かすと言われ、岳斗は自分が代わりに働くと石黒に土下座をします。なぜ石黒が承諾したのか…?実は岳斗に一目惚れしていたのか?うーん。

その日から、「初物」として遊郭で男娼として働くのですが、岳斗を買ってくれる客もなく(年齢が希望じゃないようで)、結局石黒に買われます。初めてなのに、みんなの前でいろいろ命令されたり、手首を格子に縛られ道具(コックリング)登場したり。そこからは、ほとんど石黒の相手をする日々なのですが、石黒さんの攻め様に萌ました!決して屈しない岳斗を気にいった様です。話の中盤には、岳斗をかばって石黒が刀で切られたり、弟が登場したりするのですが、弟との再会に喜ぶ岳斗に嫉妬して、わざと媚薬(強い目)を入れたり…と。岳斗の続き前で弟が一方的に石黒と犯り始めて、岳斗が嫌悪を抱き石黒を拒否すると、弟の前で刀を使って犯したりなど。あげくに弟のために石黒から身を引く岳斗ですが、相変わらず客がつかず…石黒に「お前とは寝ない」と決別し、怒った石黒に引きずられて部屋につれてかれますが、未遂で終ります。でも、その事で自分が石黒を譲れない程好きだとわかり、岳斗は脱走しますが…。
全体的にHシーンが多かったので、とても楽しめました。「もっとやっちゃって石黒さん!」と思う程に。間にヤクザ関係がちらほら出てきますが、そんなに長くないので読みやすいです。それになんと言っても、石黒が岳斗を好きすぎなための行動や言葉にやられちゃいました(*^_^*)それになんたって、イラストの石黒さんがカッコイイんです!!さすが国沢さんです。
私個人は、小説苦手な方ですが、こちらの作品はスラスラ読めました。お話も主に主人公2人中心のストーリー展開でしたし、攻めも私好みな感じだったのもあるかと思いますが...(^_^;)
個人差はあると思いますが、おすすめしたい作品ですよ!

また、本庄さんご本人の同人誌「夏祭り」と「オレンジ色の蜜月」でも岳斗と石黒のラブなお話が読めるので、こちらもおすすめですよ~!

1

赤が眩しい

久しぶりに小説で感動させて頂きました(〒_〒)
いや…ま…そこまででも…


元々ヤクザの息子だったガクト。父親は組を継がせたくないと普通の仕事に息子をつかせている。ところが、突然の事故で父親を失ってしまう。組の中枢を失いシマは荒らされ…

そんなときに思い出したのが、あの父が相談を持ちかけていた男。ガクトはその男に組を傘下にいれて欲しいと頭をさげるが……!?


遊廓ものとかヤクザものは数が多いからどうかな~なんて思ってたんですが予想外に萌えました。身体は甘く調教されても折れることのない心っていうんですか。受に真がとおってるのって素晴らしい。
個人的には攻が今回好きです。極道で怖い人なのに、慣れてくることで見せる素の柔らかい表情とか、膝枕の甘え~とか『甘えろ』と甘やかしたりとか(≧▽≦)
そして、弟との行為にガクトが…そして…なシーン好きです
やっぱりこういう一瞬ハッとするシーンもみものだったりするわけでww

塗ればも大いに濃厚でよかった。多いし上手い!!
赤い格子に繋がれてバックから~のカラーが素晴らしく目にいたいです
ありがたいn[g3n[g3続き
ま…ただ最後の『オンナ』はいただけないかな~なんて思ったりもしますけど

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ