真昼の悪戯

mahiru no itazura

真昼の悪戯
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832286566

あらすじ

刑事・戸梶は、大好きな相棒の右京と張り込み中。 仕事中なのに、隣で仮眠してる右京にモンモンしちゃってイケナイ妄想が大暴走!?する表題作ほか、イケメン市役所職員・超不良国会議員・セクハラ刑事達が公共の利益とアナタの為、恋に職務に専念します! 大量描き下ろしと国家級エロスであなたも公務員天国へ??
(出版社より)

表題作真昼の悪戯

刑事 戸梶
男娼 保坂 (本当は同僚の右京)

その他の収録作品

  • カストリ刑事
  • ただ今、犬猫残業中!
  • 王子と野獣
  • ブラッキィ&ホワイティの婚活したい
  • 雨の異邦人
  • 国会秘書物語
  • キャット・トラップ!
  • 深夜の悪戯

評価・レビューする

レビュー投稿数4

面白かった~

適度にシリアスで適度にユーモラスで、キャラクターが可愛くてストーリーがオトナで、とても楽しい短編集でした。
短編ごとにお話の傾向がバラバラだったりもするんですが、それも良かったです。
登場人物のほとんどが堅い仕事で働く男たちっていうのも、えっちを話のクライマックスにしてない点も、私好みですね。

刑事ものの短編シリーズは、特にいいですねぇ。
各社にまたがってるシリーズのようで、他の作品も読みたくなりました。

あと政治家秘書!可愛いではないか!こんな政治家と秘書があっていいのかと思いますが、まあ完全にギャグなのでおk。

猫屋敷のお話はまあまあかな。

唯一外国を舞台にしたシリアス短編、切なかったです。日本人が攻めの側っていうのが新鮮。

0

本当の良さが発揮されてないような・・・

この作家さんの大ファンなのですが、
赤目刑事の大ファンなのですが・・・!!

如何せん一話ごとのページ数が足りなくて短いページでも
見事にまとまってクスっと笑えて、プロのお仕事!という感じなのですが・・・
物足りないです!!!

どのお話もクスっとできるし
モンキービジネスに登場した、イケメンハゲ刑事赤目さんにまた
お会いできて凄く癒されたのですが
それだけでは・・・満足できず・・・

赤目さんは天野先生のお気に入りのようなので
ぜひぜひモンキービジネスのスピンオフが読みたいです!

視線が色っぽいのにハゲ攻めっていうのが新しくて
トキメクんですよね・・・(笑)

これからの新刊も超期待してます!一冊まるごと同じキャラのコミックスが読みたいですよ~
もしくわ、寂寞を棄て春を待ち のコミックス化待望です!
出版社さんにアンケ出せば良いのでしょうかね・・・切ないです・・・

0

やっぱり表題作がおすすめ

警察もの(コメディー)ラブ無しに近い。
ケモミミファンタジー(コメディー)ラブ少なめ。
ワケアリ異邦人(シリアス)ちょこっとラブ。
国会議員と秘書のお話(たぶんコメディー)これからラブ。

と続いた後に表題作、張り込み刑事の妄想のお話。
現実で上手くいかないのなら、夢で満足しましょうねっていうかんじ?
(だから、なおさらウザがられちゃうんでしょうけれど。)
お仕事ちゃんとできてますか?っていう心配はありますが、ま、いいか。
非常に短いお話ですが、表題作として納得できる満足感がありました。
描き下ろし番外編もあって、報われないけどちょっと嬉しい。

最初の2作品は、主人公以外の皆さんもなかなかいいキャラで、かき回してくれるので大変楽しかったです。

しかし、天野さんどんだけ赤目さん(坊主頭の刑事)が好きなんですか?
いや、私も好きですが・・・

0

坊主頭キャラクターがカプ破壊工作員として、あちこちに登場

天野さん作品、木原作品のコミカライズの「リベット」から2冊目です。
どんな作家さんなのか知りたくて読んでみました。
まず、本の帯は「ようこそ!公務員天国へ」と、イケメン市役所職員・超不良国会議員・セクハラ刑事がクローズアップです。
まあ、こんな公務員がいたら税金どろぼうと思うか?やっぱり萌えるか?
それより何より、すごーく気になったのが坊主頭のキャラクターですっ!
リベットに出ていた椎名ですよー!あの外見と顔です。
あれからお気に入りキャラになったんですかね?
刑事ものには赤目という名前で、国会議員ものには後輩をいじめる先輩秘書の役で・・・結構重要な笑いをとる脇役で出演中でした。

刑事モノは、坊主頭の赤目がカワイイ仔犬と呼ばれる犬崎にセクハラ三昧。
そして同僚の猫田刑事も犬崎にメロメロしかし犬はツナが嫌いで猫田嫌われるという、お笑い系。
もう一遍の刑事モノは、容疑者が訪れると踏んだ男娼を張りこみしているうち、その男娼が同僚に代わってしまい、エチしたら夢だった・・みたいな。
短いページ数で収まりはいいのですが、スムーズすぎて今一つインパクトがないかな~?

続き国会議員ものは、新人秘書がライバル代議士の元へ売られてしまう話。
いや~実際こんなやり取り行われていたとしたら、人身売買ですよ!
でもあったりしたら、すごい面白いんですが・・・

市役所職員は、猫多頭飼いで苦情の出た家へ対処に訪れると、そこの住人の青年に誘惑されてしまう話。

あとは、オバカな狼男変身もの・・・オカマの双子兄'sのキャラが際立っています。
それと、ちょっと切ない亡命兵士と日本人留学生のお話でシリアスです。

評価が難しいですね、無難にまとまっていて、コメディもシリアスもそれなりに上手くまとまっているのですが、まとまりすぎて印象が薄いというか・・・何か特徴が欲しい作家さんでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ