鈍色の空、ひかりさす青

nibiiro no sora hikarisasu ao

鈍色の空、ひかりさす青
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×214
  • 萌12
  • 中立7
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
19
得点
179
評価数
52件
平均
3.6 / 5
神率
30.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344819450

あらすじ

学校でも家でも暴行を受ける基がすがりついたのは、弁護士・那智。次第に那智に惹かれていく基にさらなる不幸が襲いかかり!?
(出版社より)

表題作鈍色の空、ひかりさす青

弁護士,那智正吾,38歳
工業高校二年生,深津基,17歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数19

オリジナルとは別物に近い感じ?

元の同人に触れてレビューされてる方は少ないようですが、
2002年発行の同人・B級シネマ収録作の文庫化です。
すっごく好きな作品なので、文庫化は楽しみにしてましたけれど、
崎谷さんも仰る通り、時代的なものとか含め相当書きかえられていて、違う作品…と言っていい感じ。

もっとも印象が違うのは基のキャラでしょうか。
それと全体的にオリジナルの持つ薄昏の隠微さが無くなりましたね。
切なくて深くて痛い話なのは変わらないのですけど、私は元の方が好みで、ちょっと違う話として楽しんだため、★-1で神評価にいたりません。

そして、冬乃さんのイラストは (>_<")
特に表紙の基にはびっくりしたんですよ… 誰?? 
眼も寄り過ぎてるからか何か;;;
基の未成熟で危うい 本人の意思に反する色気とか、那智の透徹した艶っぽさとか …感じられない (;゚Д゚)
特にこの当時、全般に絵柄が変わって野暮ったい感じがしてたのです;;
 那智と基に関しては、HPで番外ショートと合わせて発表されてた2007年位の二人がとっても素敵だったので、カムバーック!と思いました。

絵描きさんで続き仕事量が増えたり雑誌連載すると、よくある変化ですけど、
昔のが良いって申し訳ないけど、言いにくいけど!
ファンだけにモノ申したいケースは多々ありますよね。(^_^;ヾ
最近のコミックを描かれてる絵柄も違ってますので、この話の商業化に当たった時期に、冬乃さんの絵がこうだったのが残念でしたわ…。

0

好みが別れる作品かも。

出た!不幸受け!
これでもかっ!ってぐらいの救いのない不幸さ。
親からの虐待(性的なものも含め)、学校での執拗ないじめ(いじめっていうか、もうむごい)、きわめつけは本でありがちなピンチに救世主登場!が間に合わないという、ね。
(あ、一回目は間に合ったか。二回目がアウトだった)

すごいなぁ、と思いました。
商業誌でここまでヒドいのを初めて読みましたよ。
よく出版したなぁ…。

とにかく痛いです。基も那智さんも。
背負ってるものが重すぎる。

だけど二人がようやく手を取り合い、結ばれたことでようやく『救い』になりました。

このお話の中で、一番活躍したのはマサルくんだと思います。
暗い作風のなか、彼の存在が明るさを添えてくれた。
彼自身も暗い過去を背負い踏ん張ってるんですが、それでも笑い、時には諭し、甘え、本気で怒る。
そんな『人間らしさ』に基も那智さんも引っ張られていたんじゃないでしょうか。

…あれ。結局マサルくんラブ!という話?

0

不幸受けが好き!

痛めつけられ、不幸過ぎる受け様のお話が好きな方必見です!
自分も色々あさる中、探し当てたこの地らの作品・・・
不幸過ぎるといいますか、とにかく可愛そうすぎます(;^ω^)

学校でのいじめ&父親からの虐待
逃げようにも逃げ切れない、居場所もない受け様が打ちのめされていく
様子がずっと続くつらいものですが
その中で攻め様が光のようにキラキラ現れて
受け様と出会います

作品中、ほとんどが受け様が酷い目にあっていて
攻め様・・・助けに来るも後手後手になっていて
受け様…助かりません!

続編があるので甘い感じはそちらでたのしみますw

0

不憫受け、薄幸受け好きさんには得がたい一作

主人公である基くんの境遇がとにかく不幸まみれです。不憫受け、薄幸受け好きさんにとっては「良くぞ出版してくれました!!」って感じの作品です。いじめとか虐待とかが満遍なく出てくるので、苦手な方は絶対に受け付けない作品だと感じます。
人を選びますね。
私は不憫受けが大好物な人間なので、普通に楽しめました。


私の経験では、不幸受けの作品にはものすごくか弱かったり常に周囲におびえている主人公が多かったので、基くんのキャラクターは新鮮かつ嬉しかったです。
あまりに力ない主人公だと「もうちょっと頑張れよ・・・。」と思ってしまったりするのですが、この境遇にありながら弱さを見せない甘えない、基くんの男らしい性格のおかげで、純粋に那智さんとの関係を応援できました。

と、不憫受けにはありがたい一作なのですが、どうしてもストーリーや表現が過剰な気がしてしまい星は4つです・・・。
確かに私は不幸受けが読みたい、読みたいのですが、主人公の基くんにはそれこそジェットコースターのように不幸が舞い込んでくるんですね。もう、前世で何したんだよ、って突っ込みたくなるレベルです。 
元から不幸な境遇続きなんだからここまで過剰にしなくても良かったというか、悪い言葉で言えば出来すぎ、ご都合主義な不幸があまりにも多く気になってしまいました。
崎谷先生もあとがきに書かれていますが、攻めの那智さんもとにかくトンデモ設定です
BL界広しと言えどもここまで、家柄、見た目、過去に欲張ったキャラは今のところ見たことがないですね。

ところどころオーバー過ぎて引っかかる部分も私にはありましたが、ここまではっきりした不幸受けが商業では出版されにくいのも確かです。不幸受け、薄幸受け好きさんは是非ご一読を。萌える作品だと思います。

0

今更手を出しましたが、とても好きな作品


いろいろと好みはあると思いますが、私は本当にこう、人間らしい人が好き。
暗くてもなんでも、最後にちゃんと救いがあればそれまではスパイスと思ってる節があるので、これは本当に好きです。

きつくてもつらくても、誰かに殺してもらえればとか、自分が死ぬために作る道具に心を寄せて、それでやっと自分の心を保たせている感じだとか、そういう、正気をある程度保ったままに、あきらめとともに絶望して壊れて行く感じは本当にああ、頑張って。って思う感じで、とてもすてきです。

そして、ちゃんと伏線張られて救われていて、ああ、よかったね、と思えたのが本当によかったです。

私は割と頻繁に読み返してます。

0

出版社さんに拍手

よくぞこれを、商業で出版したなぁ。

っていうのが、第一印象。

サイトや同人誌の作品なら、いくら痛かろうが苦かろうがなんでも有りだけど、
いくら人気作家さんで、売れる数が見込めるからって、この作品を商業出版物として出した出版社さんの太っ腹さにビックリだ。
さすがに手練れの作者様が、商業出版物として出してきただけの事はあって、ドキドキハラハラのクオリティは高いよね。
お話を盛り上げるには、こういう危機はアリだよね。
でも、テクニックを認めるのと、生理的な嫌悪とはまた別次元の話なので、、、。

暴力は、ほんとに、苦手。

1

重すぎですよぉ~

評価の高く神作品だと感想の多いこの本ですが           
私はどうも好きになれなくて・・・・
こんなに疵まみれの受け様はさすがに可哀そうですね。
崎谷先生の作品で「甘い融点」の主人公もかなり虐げられて
いましたがこれはそれ以上に酷過ぎでした。
苛めも命の危険さえ伴う程の陰惨さでヤバすぎです。
それでもまだ苛めたりないのか実父からの虐待・・・
いやはやここまでしますか!って感じです。
でもそれがありから肉体的、精神的に追いつめられた
受け様が生きる事に未来を見つけられなくなって
ほの暗い狂気の誘惑に手を出して心の支えにしてる
のがリアルに伝わる作品になっているのだとも思います。
これは好き嫌いの問題で内容的には心理描写も含め
かなりクオリティーの高い作品だと思います。

2

暗くて重い崎谷さん

父親には虐待され、学校ではいじめられ、居場所のない高校生の基は自分で造った改造モデルガンだけが心のよりどころだった。
ある日、基は暴力をうけてふらふらの所をスーツ姿の男にぶつかり眼鏡を壊してしまう。
後日同級生に追われているところを、再び先日の男、那智と出会い助けられる。
人の優しさに触れたことのない基にとって、那智の当たり前の優しさは太陽のようなもので……

久しぶりに痛くて重い崎谷さんを読んだ。
不幸のバーゲンセールみたいな状況で苦しみ、諦めかけていた基は、偶然弁護士の那智と知り合う。
ほとんど誰からも優しくされたことのなかった子が、ごく当たり前の親切心や優しさに強く惹かれてしまう様はなんとも切ない。

しかし攻の那智の背景(ヤクザの息子で入れ墨ありのスーパー弁護士)やマサルの過去など、ところどころちょっと詰め込みすぎかな?と思うところも。

ここまで辛い境遇の中で生きてきた基にはもっと幸せになって欲しい。
もう少しラブラブな二人が見たかったかな。

2

クオリティ高くてビックリした…

私個人としては本当に面白いBL小説に出会えたなと大満足な1冊でした。ドラマティック、程よい重さ、テンポの良さ、キャラクターの描写、どれもバランスがとれていて「やっぱり崎谷先生って上手なんだなー」と思いました。(私自身崎谷先生の作品はあまり読んだことないのですが評判良いですよね^^) 他のBL作品より恋愛の描写が少なく感じましたが、そこが読みやすくして良い。主人公に感情移入できました。

1

暗めですね

ダ・ヴィンチ1月号(2011)のBLベスト10の1位でした。
暴力シーンが痛かったです。怪我たくさんしてました。そして病気まで…。満身創痍です。基くんはぜひ幸せになってほしい。
那智さんが基くんくらいの年齢だったときの話が読みたくなりました。

0

父親が気持ち悪かった

帯『でもあなたが触るとだめなんだ。あなただけが、だめにするんだ』

虐めや父親からの性的虐待、殴打や嘔吐等かなり暴力的なシーンがあるので苦手な人は要注意。
基は虐められてプルプル震えている子鹿系ではなくて、長年の父親からの虐待からか妙に第三者目線で自分を見ている部分があるタイプ。
精神的にじりじり追いつめられている彼の拠り所は拳銃を作る事で、ネットで情報を仕入れ長い時間をかけて完成まで間近のそれを彼は大切に持っています。
同級生に虐められ逃げ込んだ先で、意図せずヤクザが関わる事件を見たと誤解されてしまった所を元ヤクザの息子で今は弁護士の那智によって助けられるのでした。
那智は基に不幸だった母親の面影を、那智のアシスタントであるマサルは基にかつて助けられなかった幼馴染みの女を重ねていて彼等は基を護ろうとします。
けれど虐められる事や今の状況に悪い意味で慣れてしまっている基は護られる事を簡単に受け止めない。
基は更に苦難がつきまとい、最後にやっと幸せになった時は良かったなーって思っちゃいましたよ。

しかし父親が怖いというより生理的に気持ち悪かった。
続いていた性的虐続き待もセックスじゃなく剥き出しにした息子の尻を叩いて、勃起しているというのが何とも薄気味悪い。
そのせいで基は性的な物に関してタブー意識があるという設定は作中でも生かされてました。
最後で父親が覚醒剤中毒だったと分かって、基と共に少しほっとしました。

挿絵の冬乃さんはお好きな方には申し訳ないんですが、顔の輪郭や首はまあ絵柄だとしても、挿絵の見せ所である入墨の描写が何ともいただけなかった。あれはもうちょっと何とかならなかったのかなあ。

4

BL越え

この本を購入したのは作者買いです。崎谷さん、大好きなので。


BLやライトノベルでなく、
純文学の中に、主人公と彼に心をかける男との、友情や保護欲が書かれているものがあります。

H描写もないのに、BL以上にエロさを感じたり、心情が胸に染みたりします。


逆にBLやラノベでも、マスメディアで話題にのぼる芥川賞などの、芸術とよばれる作品より、余程素晴らしい作品もあります。

BLは、流行っても異端のジャンルであると思いますが、そのせいか作り手、読み手の距離が近く感じます。

なので、BLの中の珠玉の名作に出会ったときの嬉しさは、本好きさんにはたまらず、ハマルと抜けられません。


この作品は、同人誌に発表されたものの改稿とのこと。
本筋は商業としての縛りがなく、自由に書かれていらっしゃるのでしょう。


暴力描写や近親相姦もあるため、人を選ぶ作品だとは思います。

でも、それを越えお勧めしたい作品でもあります。



作品の主人公は痛いです。入院するほどの怪我をしているのに、それ以上に心が痛いです。

傷ついた動物が警戒心を抱続きくように。

彼は人を信じることができません。一人で自分の武器を作り、それを信じることしかできないのです。

彼に関わる弁護士も心に傷を持っています。

2に共通するオディプスコンプレックスに近い感情は、怒りをぶつけるべき対象が片や壊れ、片や既に死んでいます。

既に立ち直った弁護士は、傷をおった少年に代償行為のように手を差しのばします。

主人公が自分が壊れそうになりながらも強く、弁護士は自分の気持ちに混乱しながらも、それを上回る強さで彼を包みます。

脇のマサルが本当にいい奴で、可愛い彼女作って明るい家庭を持ってもらいたいなぁー。

主軸の3人が、それぞろのやり方で傷を持ちながらも心が強く、腐ってないのも良かったです。



日常から、かけ離れた話しなのに、自分が持つ、どうにもできない傷や、寄り掛かることができる人がいる幸せに共感できました。

もし今がどん底でも、いつか差し延べてくれる手が見つかるか、乗り越える強さを持てる気がします。

私の読後感は、とてもよかったです。

誰もBLにそんなこと望んでいないと思いますが、個人的に、H無しでも(本音は有りで)もっと深く掘り下げられた作品として、読みたくなってしまいました。

4

痛みの中の救い

今回は亡父の執着で背に桜の刺青を負う美貌の弁護士と
学校でも家庭でも暴力に曝され心身に傷を負う高校生のお話。

二人の出会いにそれぞれの事情と
違法ドラックに絡んだ暴力団の抗争問題を絡めて
お互いに大切な相手だと自覚するまで。

受様は都下でも不良の巣窟として名高い
工業高校に通う高校生です。

受様の学力なら
本来はもっとレベルの高い高校を狙えたのですが、
父と二人で暮らす受様は授業料と
徒歩圏内という条件でこの高校へと進学します。

それでも受様は職業的な実地授業が多く
就職率も高いという話を信じていたのですが
実態は何もしたくない生徒達が大半で
まともな学習意欲のある生徒はごく少数、

遊ぶ為の金欲しさに暴力と盗みを肯定し、
他人からの搾取が蔓延していて
捕食の標的になった者は
殴る蹴るの日々が待ってる悲惨な学校で

受様も
級友の一人のターゲットとなって以来
暴力にさらされる日々を送っていました。

しかも受様は
家庭でも父親から虐待を受けていたのです!!

受様の父は仕事の失敗で左遷されてから
暴力的な行動を繰続きり返していましたが、
5年前に母が家を出ていってからは
精神的にも異常をきたしてきている様で

受様が何をしてもしなくても虐待は止まず、
受様は無抵抗でいる事しか出来ません。

そんな受様にとっての気晴らしは
PCで落したハードな音楽を聴く事と
モデルガンを改造して作った改造銃を
本物に近づけていく事でした。

対する攻様は
ヤクザの父に背一面の刺青を追わされながらも
組とは無関係な弁護士となった男です。

二人の出会いは
どこにでもある一瞬の邂逅でしたが、
一瞬こそが二人の始まりだったのです。

そぼ降る雨の日、
受様は級友の暴力でボロボロ状態で
軽く攻様とぶつかっただけでよろけ
攻様は受様の眼鏡を壊してしまいます。

攻様は自分のせいだと謝るのですが
元々級友の暴力で傷ついていた受様は
優しく気遣う攻様にこそ驚いてしまい
逃げ帰ってしまいます。

傷だらけで泥まみれで暗い表情の受様は
攻様には母親を彷彿とさせたのですが
攻様は気になりながらも
彼を呼び止める事は出来ませんでした。

しかし受様の学校は
攻様が関わるある事件に深く関係した為
二人は否応も無く引き寄せられます。

それぞれに重い事情をもつ二人の道が交わる時、
どんな未来が開かれるのか?!

同人誌作品をベースにしていますが
初期設定にかなり手が入っているので
結果的には「新作書き下ろし」らしいです(笑)

現在の社会的な問題を複雑に絡ませた本作は
主役カプが落ち着くだろう事以外は
最後まで先が見えない波乱にとんだ物語でした♪

ヤクザの父を持って生まれた攻様は
様々な葛藤を経て弁護士と言う職に着き、
暴力に曝される人に手を伸べる事を躊躇しません。

もちろん仕事上も私事上も、
彼らに関わることの面倒や
それによって無為に流れる時間が有る事も
理解していても差し出される手に
多くの人が助けられてきたのだと思います。

そして受様も攻様に出会う事で
年相応に大人に頼る事を知り、
彼に惹かれていきます。

しかし父の虐待が性的な含みを持っていた為
受様は攻様に惹かれる事さえも許せず、
更なる深みにはまっていくので、

二人を取り巻く様々な要素の複雑な要素を
全てを解き解して二人の気持ちが繋がるまで
どちらの視点もほど良くミックスして進むので
一緒にワクワク、ドギトキしつつ
一気に読ませられました!!

受様の受けている校内暴力やいじめや家庭内虐待、
改造銃、覚せい剤常習、
攻様の追っている違法麻薬の売買、
暴力団同士の抗争等、
力加減の無い思いテーマで進みますので

痛い展開が苦手な方には注意が必要ですが、
現実には創作以上の痛さも有ると思います。
多くの方に読んで頂きたい一作です♪

今回は複雑な葛藤を経てハッピーエンドとなる
崎谷はるひさんの『ヒマワリのコトバ』を
ご紹介作としたいと思います。

1

基のキャライメージは故・夏目雅子さんだそうです

(※同人誌の方にまで触れて、二人の後日談とか、かな~りネタバレしてますんでご注意を)


同人誌の時と比べたら、かなり主人公二人の性格が変化してます。私はこっちの方が好みです。話の内容も崎谷先生があとがきで述べているように、よりハードになってました。痛いというより苦い作品だなぁと。

具体的にどう違うかと言うと、那智の性格はもっとクールでストイックだったんですが、なんだか情熱的というか熱い男になってました。基はもっと儚げでひ弱な美少年って感じだったはずが、文庫では痛みに強いクールな男の子に。年齢差も前は13歳差くらいだったのに今回は21歳差に。

年齢差を広げたということは…崎谷先生、本気で「未亡人・基」を書くつもりじゃないよね…?
いや…え~と。この「鈍色の空、ひかりさす青」はすでに同人誌の方で二人の2年後くらいの話があるわけでして…その同人誌のあとがきには、ぶっちゃけ那智は長生きしないだろうという崎谷先生のお言葉が…。
そして崎谷先生はどうやら基が一人になった後の話を書くつもりがあったようで…。やめてー!それだけはやめてー!泣いちゃうから!(>д<)那智は刺青のせ続きいで皮膚呼吸が上手く出来ないとか、心肺機能に問題があるとか全部その布石なの!?いやーー!(TДT)


今回の文庫の内容はラブもエロスも少なめでしたが、来年出る(?)予定の番外編はおそらく同人誌作品が収録されたものでしょうから、まぁいつものごとくエロスは濃厚です。基はニンフォマニアの気質を持ってますから(笑)。すごいことになってるはず。楽しみ~☆那智のプロポーズ編は必ず入れると崎谷先生もおっしゃっていたので一安心。

今回はすごく薄幸な感じの基でしたが、番外編ではとても穏やかで幸せそうですのでご安心を。那智の幼な妻としての地位を確立しております(笑)。せっかくなら「那智基」になった基の話も読みたいな~。

本作品の同人誌としては『You are so beautiful』『茜差す 帰路照らされど』『Winter Fall』『Summer Nude』『みずから我が涙をぬぐいたまう日』があります。ほとんどシリアスで、ラブ&エロスも盛り込んであります…が!

『みずから我が涙をぬぐいたまう日』は…!これだけは…!だめ!無理!BLじゃないよね?那智が背中の刺青を入れた時の話なんですが…。これが重い!重すぎる!(´Д`)BLじゃなくてこれはもう耽美小説です。こっちの方はまた後日レビューしたいと思います。

あとの同人誌はレビュー済みなんで、二人の幸せなその後が気になる方はそちらを。那智×基が文庫化されたなら、あとはもう片桐×ツネの文庫化を待つのみ!(>_<)あ[iLPj早くギリツネシリーズが読みたい!

4

息つく暇のない・・不幸な展開・・・・

あらすじを読んでいただいたら、分かるように・・かなり重い内容ですね・・というかこれ以上かも・・
あらすじはまだ、さわりの部分のみなので・・かなり過酷なお話です。

読む側の精神状態によってかなり感想が変わってくる本だと思います。私はいい精神状態だったのか、それほど重くてしんどくは感じなかったです。だた読みふけってしまいました・・一切途切れる事無く・・私にしてはすごく稀な事なんですが・・それぐらいに、ストーリーに引き込まれました。息つく暇を与えない・・読者にも基にも休む暇を与えないほどの、次から次への不幸への展開・・読み終えた後はホッと一息つきました。

これでもかぁ~・・・!!!と言うぐらいに、降りかかる不幸ですね~・・
おまけにバイオレンスです・・気持ちが痛いのと身体が痛いのと・・
身体が痛いのは、六青さんで結構なれてますので・・それほど感じなかった私はもしかして・・麻痺?してるのか?
それもあるんだろうけど・・基自体があまりそれを感じさせないように思いました・・

ただ黙って受け入れる・・その時点ですでに基もある程度は壊れてるんでしょうね・・
続き
かなり豪華なキャスト?でしたね~・・弁護士に元ヤンキー上がりに医者に刑事と・・
これだけ揃えば、基のこれからは、すごく安泰のような気がしますね・・でも、素直に護られてるだけじゃ、
無いんだろうケド・・

ただ、不思議なのが・・泣けなかった・・・絶対泣くだろうなって・・思ってたんですけど・・
不思議と涙は出なかったですね~何故?だろ?・・

基のキャラがそうさせてくれないんでしょうか?健気受けではないから・・かな?やっぱり自分の人生を終わらせる事ばかり考えてる基だから、読んでいても、お話に引き込まれる事はあっても、同調する感じは無かったですね~・・

ただ、最後はやっぱり幸せの甘々で、優しい人達に囲まれて楽しそうにしている所は読んでいて、救われた気がしました。

0

苦手は作らないほうがいい

まず読書に当たっての持論
「苦手は作らないほうがいい」
一般誌では好き嫌いで選り好みができますが
このジャンルでは選り好みをするほどの隙間がない
なので、苦手を作ってしまうと、苦しいです
・・・と思います(すべての人がそうではないと思いますが)

で、この絵師さまが、思いっきり苦手です
好みだけの個人的な問題なので本当に個人的感想です
でも、本編が苦になるほどには苦手だと再認識
本編も、公式サイトに上がっていた時に読んでいただけ方が
よかったな~と後悔することしきり
この作者さん、時々本当の傷を持っている人に
容赦ないというか、まったく認識なく傷をえぐりますよね(苦笑)

2

ichiko

はるひ先生のブログをご覧になったことがありますか?
はるひ先生と冬乃先生は、とても仲がいいようです。

私個人は、冬乃先生がとても好きですし、漫画の単行本も購入しております。

もし、この記事が著作にかかわった方々の目に触れたときのアピールとして、
冬乃先生を好きな読者もいるということを主張するために
書き込ませていただきました。

作者の方々が見るかもしれない場で、
このイラストレーターが挿絵なら買わない、など
お二人での仕事を組ませないように誘導するようなコメントは
慎んでいただきたいです。

このキャラの挿絵がポップな感じで、イメージと合わなかった、
というようなコメントならまだしも、
作品に一切触れず、絵師の批判だけしていくのは、
書き込む場所が間違っているのではないでしょうか?

はるひ先生の作品に関するコメント場ですので、
「今回のは特に好きだった。」「あの場面でもっと盛り上がりがほしかった。」
「あのキャラがカッコよかった。」「こういうのが好きな方にはお勧めだ。」など、
皆様で雰囲気のいい書き込み場になるようにしていけたらいいと思ってます。

いちご777

こんにちは。もう全く同意見です!崎谷先生のファンなんですが、前からもうどうしようもないほどこの絵師さんが苦手でこの本は買ってません。それでも以前は頑張って買っていたんですがもう我慢したくないんです。私って心が狭いのかなぁと思っていたんですが同じように感じていた方がいると思うと救われました。貴重な意見ありがとうございました。

シリアスもいい!

痛い話大好きなので楽しめました。
基くんの不幸っぷりも凄まじかったけど、那智さんも、基くんと同じ年齢のころに父親に勝手に刺青入れられちゃったりと、かなり悲惨。
重い話ですが、アシスタントのマサルくんがいいキャラで癒されました。
スピンオフでマサルくんの話も出そうな予感がプンプンしますが・・・
ないっすかね??

0

いつもと違う 崎谷作品 シリアスです!

学校ではいじめに合い 自宅では実の父に性的虐待を受けるというとっても可哀想な高校生 基 と背中に刺青を持つ弁護士 那智 との話です。
 崎谷はるひ先生にはめずらしく痛くてシリアスで・・最後はハッピーエンドですが ほんとうに最後の最後で丸く納まったって感じで今回はエロエロ崎谷節も少なめで いつもの崎谷作品が大好きな方は期待薄かも・・
 とにかく痛い話です。 母親も父の虐待が原因で家を出て行っているので 基にはだれも見方がいない 学校では暴行を受け 自宅では妻が出て行った恨みと寂しさを その妻に似ている息子の尻を引っぱたきながら射精する父親  誰も助けてくれないので 誰も頼らない 頼り方を知らない ひたすら ひたすら 我慢をする基 そんな時に偶然出会うことになる 弁護士の那智 出会った時も暴行を受けた後だったので 察しのついた那智は 基のことがほっとけず いろいろ強引とまではいかないまでも 助けようとしてくれる 気にかけてくれます そんな那智を次第に惹かれ始める基ですが 頼り方を知らない甘え方をしらない基は 一人で抱え込んでしまい(基としてはさすがに他人に言えることではなかった 自分の続き尻を叩きながら勃起させてる父がいるなんて・・) 
で 結局 人を頼りきれなかった 基 は実の父に犯されてしまう(・・・ああ痛い)
 学校でのイジメ いじめていた集団と薬 変態サディストでDV父(蓋を開ければ覚せい剤中毒者) 現在の社会問題を盛りだくさんに詰めた重い作品です

1

現代の問題を沢山抱えた痛いけど救われた話です。

今回の崎谷作品はとことんシリアスで痛くて(肉体的&精神的)ちょっと読む人の好みがはっきり分かれそう!
ですが、自分にはこれくらい痛いのは大好きなものでありました。
作者さんが語るところ「甘い融点」に受けちゃんの設定が一部重なる部分があるそうで(自分は未読なので)、しかしこれは主人公が抑え込んで溜めこんでうっ屈した感情を上手く表現できない人だったので、弾けることはありませんでした。
かなり最後まで暴力が存在します。

エリートだった父が転落して母が家を出て、父に虐待される高校生の基。
家の経済状態から不良しかいないような近隣の工業高校しか行けず、そこでも不良の格好のターゲットになって暴力を振るわれる基。
ボロボロになった基が道でぶつかって、そのあまりの綺麗さに心を奪われたのがワケアリ弁護士の那智。
那智と出逢うのはいつもボロボロになった姿の時。
基は密かにモデルガンを改造して、それを心の支えにしていたのです。

とにかく基が悲惨です!
学校も学校なんで、教師も救ってくれない。
基の父親が、基の尻を叩きながら射精するシーンは、いつかこれはと思わせる伏線であります。続き
どんなに酷い目にあっても改造拳銃を造ることで、いつかそれで人を殺すのではなく持つことで自分を保つ砦にしているという基が悲しい。
母に暴力を働く姿を見た時から性に対する嫌悪感を抱き、それがトラウマになり第二次性徴もないかもしれないという基の身体・・・それだけでどんなに彼が心に抱え込んでいるかわかりますよね!
那智のアシスタントをしている歳の近いマサルには上手く接する事ができるのに、那智には憧れに似た尊敬とかまぶしい存在で自分の汚さや散々迷惑をかけたことを思うと素直になることができない。
基が那智のことを「神様のような~」と表現したその言葉は間違っていない、本当にその通りでした。
性に対してひどい嫌悪感があるのに、那智に対してだけは平気と、その気持ちに気が付くとき、更に那智との距離が開いてしまうのです。
那智もその嫌悪感に気づいているので、基をどうこうできない。
ドウシテナンダヨー!と思わないでもないが、これは常識的大人として、あくまでも他人でまだ何もない関係の二人であるから、まっとうな対応だと思う。
しかし、それが基を一番酷い最後までいかせてしまうことになる。

母親の悲惨な姿を目の当たりにして自らも壮絶な過去を持つ那智。
少年期にそんな体験をしているからこそ、一人で頑張っている青少年を放っておけないという性質なんでしょう。
それが、一見強がって大丈夫そうにしている基が、意識が混濁している時に魅せるとても儚い壊れてしまいそうな弱さ。
それにどうして心が動かずにいられるでしょうか。
ただ恋人としての愛かと考えると、少し親に近い愛情な気がしないでもないです。

いつものエロエロな崎谷作品は少し影をひそめている気がします。
しかし、ラストのエチはあれだけ性に嫌悪感を抱き否定していた基が!?あまりに素直な態度と声を上げるのに(それでも一応抑えめだとは思いますが)ちょっと別人な感覚がしました。
初めてなんで、もちょっと初心くして欲しかったような・・・
あと、那智の背中の刺青が独特でありえないような図柄ですが、この絵師さんの刺青の絵がちょっと・・・(汗、、)

大変に痛い話ですが、児童虐待・クスリの売買・荒れた高校生の暴力・改造銃・いじめ など社会問題も沢山含み、ある意味他人事でない気がします。
読むのに、暴力表現が大丈夫な覚悟が必要です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ