言ってみな--俺が欲しいって

恋愛深度

恋愛深度
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ムービック
シリーズ
LUNA NOVELS(小説・ムービック)
発売日
価格
ISBN
9784896017656

あらすじ

事故以来、モデルだけでなく愛人まがいのことまでするようになっていた七生は、一人の男が撮った写真に出逢う。どうしても自分を被写体にしてもらいたいと、その男の元へ押しかけるが、彼は二度と人は撮らないと言い--。

表題作恋愛深度

人は撮らないカメラマン 飛鷹煉平・27歳
下降線を気にするモデル 葛城七生・22歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

不器用なカメラマン

カメラマン×モデルもの
ケガのせいでショーモデルが出来なくなり仕事が減ってきたことに危機感を覚えるモデルが、素晴らしい作品を出したのに、それきり名を聞かないカメラマンに撮ってもらうことで、もう一度浮上しようと画策するお話。

この設定だけで、はは~ん、、と展開は読めてしまい、あまりの安心感にちょっとドキドキ感は薄いので、可もなく不可もなくな、平坦な作品になってしまったかもしれません。

しかし、設定は残酷です。
落ち目だから仕方ないのかもしれませんが、モデルとして世を渡っていくために身体を使うのは当たり前、事務所もそれを黙認、もしくは推奨!?
主人公の七生も、起死回生を図り有名画家のモデルになったのですが、絵が進むどころか身体をいじられるばかりで、やってられないと、逃げ出すのです。
外国で発売され話題になったメールヌード写真集に魅せられ、あんな風に撮ってもらったらもう一度浮上できるかもと、現在は軽井沢に隠棲しているという飛鷹の元を訪れます。
もう必死の七生は、自慢の身体を使って見せつけるようにして飛鷹に、その気になってもらおうとあがくのですが、全くの無視。
無理矢理続き居候を決めて、しつこく食い下がるのですが、その中で飛鷹の過去を知り、嫉妬を覚え、飛鷹に惹かれている自分に気がつく。
でも、飛鷹も七生を色々と見ていて、そのくるくる変わる表情や、漏れた本音にひきつけられていて・・・
と、まあお決まりのお約束展開ですね。

飛鷹は恋人の死によって、人を撮ることをためらいこだわっていたのですが、七生に惹かれて撮りたくなったという部分が職業というより、心を動かされ相手に惚れなければ撮らないというスタンスが、恋人じゃなければ撮りたくないってことなの?と考えられるのです。
そう思うと、ものすごく不器用で困ったカメラマンだな~と思うのですよ。
もし万が一、七生と別れたらまた同じ轍を踏むのか?と・・・

このお話は二人がくっつくところまでですから、老婆心ながら先を考えると不安定なカップルだな、、と思ってしまった次第です。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ