あなたの恋人になりたい

あなたの恋人になりたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×210
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
74
評価数
21件
平均
3.6 / 5
神率
9.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
ISBN
9784044544041

あらすじ

資系企業に勤める高学歴、高収入のエリート青山は、数年前に終わった苦い恋のせいで、恋愛に縁のない毎日を送っていた。なのに酔って置き忘れた鞄を拾ってくれたイケメンに柄にもなく一目惚れしてしまって…!?

表題作あなたの恋人になりたい

建設業ガテン系 神・28歳
外資系コンサルティンブ会社社員 青山・33歳

評価・レビューする

レビュー投稿数10

週末デートが社会人カップルらしい

1冊丸ごと表題作です。青山の目線でストーリーは進んでいきます。

メインの登場人物は、青山(受け)、神(攻め)、青山の妹・里沙子、里沙子の同僚・アンジー(本名・浩)。

青山は今まで告白されて付き合うパターンであったのに、神に一目惚れをし、落し物を拾ってくれた礼だと言って食事に誘います。それを機に、二人は互いに休みが合う週末を一緒に過ごすことになります。

一週目・・金曜日出会う。土曜日電話をもらう。日曜日月島でもんじゃ焼き。
二週目・・土曜日電話、もんじゃ焼き。日曜日稲毛海岸で釣り、青山宅で神の手料理。里沙子とアンジー、青山と挨拶。
三週目・・土曜日電話。日曜日映画で青山は神に欲望を抱く。本屋で青山の仕事が神にバレる。
四週目・・土曜日電話、里沙子とアンジーと夕食。日曜日釣り、青山はゲイだと告げ、硬直した神を前に逃亡。里沙子が奮発した寿司を食べる。
五週目・・金曜日電話、携帯電話の電源を切る。土曜日里沙子ともんじゃ焼き。会いに来た神に、青山は好きだと告白し、何も言わない神を前に去る。里沙子とアンジーと飲みに行き、日曜日は二日酔いで過ごす。
六週目・・月曜日、神が続き青山の会社に来る。金曜日電話。土曜日釣り、青山宅でエッチ。里沙子とアンジーに見つかる。

決められた休日に休める社会人同士らしく、見事にデートは週末です。仕事の後で会う、というのがないのが何とも面白かったです。
あと、具体的な地名が登場しているのがリアリティがあって良かったですし、もんじゃ焼きが小道具として使われているのも、珍しく感じました。

青山は公言していないゲイなのですが、里沙子もアンジーも青山の良き理解者で、青山が神にフラれたと落ち込んでいるときは慰めてくれます。彼女らのお陰で、主人公の青山が真面目な分、重くシリアスになりがちな雰囲気が柔らかくなって、ちょうど良い読みやすさになっています。

社会人カップル、爽やかガテン系年下攻め、純情エリート年上受け、孤高より相談相手がいた方が楽しい方にお勧めの作品です。

0

フォール・イン・ラブって言葉がぴったりな

電撃が走ったような一目惚れ、から始まるお話です。
素直で、いい意味で捻りのない読みやすいお話でした。

ゲイでサラリーマンの青山と、鳶職で歳下の神。
年齢も職業も生活環境も違う二人が知り合い、友人として順調に仲良くなっていくのですが青山はゲイだと言えず、言えないままどんどん神の事が好きになっていきます。

それだけ、としかいいようのない、ほんとにそれだけで気持ちが育っていく、恋人になりたいのに望みが持てない、そんなストレートな恋のお話はどんなに複雑な設定のお話を読むよりもむしろ新鮮でした。

ご飯を食べに行くところから始まり、釣りに行ったり映画に行ったり、家に来たり…そんな自然に距離を縮めていく関係が無理のないお話です。

ただ、ネタバレになってしまうのですが、最後のシーンで神は青山の事を、「自分はゲイではないけど友人でいられないなら恋人として受け入れる」的な事を言ってくれます。
失うくらいなら恋人になろうという受け入れ方は、個人的にはきちんと恋愛感情だと思ってくれてからのほうがいいなあと思いました。
これから好きになるという後付けは悪いわけではないのですが、好続ききになってから受け入れてくれるほうがお話としては好みでした。

それと、丁寧な内容には好感が持てたのですが、ただ本当に素直すぎて、私がへんに勘繰ってしまった箇所がいくつかあります^^;

神が自己紹介のときに「神です」とかしか言わなかったので、苗字?名前?と思った事とか(苗字でしょうが)言わないのには何か理由があるのかと思いました。
青山が自分の仕事の内容を話すことをためらっていたり、転職した理由も曖昧な感じで所々に入れてくるのでそれも何かのフラグかと思っていたら特に何もなく…。本当にただの自分の勘繰りすぎでした。

そのへんも含め、ページ数がそこまで多くなかったこともあって、もう一押しあったらもっとよかったかなあと思った作品でした。

1

恋人になった後も読みたい♡

本を整理していて、思わず本気で再読してしまいました

エリートで高学歴の青山(受)が、建設現場で働く、5歳年下の神(攻)との偶然の出会い、一目惚れから恋心を抱いて
でもノンケの神に気持ち悪いと嫌われたくなくて離れようとしたり
神の方も、どんな気持ちにしても青山を失いたく無い、傍にいたいと思い、恋人同士になるまでのお話です。

エリート、高学歴の青山ですが、地味な生活を送っているし、神も一般的な生活ですので、全く派手な事や突拍子の無い事はしないし起こりません。

二人の気持ちがどう揺れ動いて、育っていったかが、ほぼ全編に渡って丁寧に素直に書かれている為
最後に二人が想いを確認し合い、恋人になれた時は本当に良かったよ〜と読んでいてしみじみしました(笑)

結局は、神が男前だったにつきますね。
一々の言動が萌えるし、ガタイがいいから肩担ぎやお姫様抱っこも軽々だし、出来たらイラストでも見たかったです。

ルビーさんは、あっさり、さっぱりハッピーエンドで、読んでいて安心出来るのですが、ページ数が少ないから唐突に終わってしまうのがいつも残念です。
このお話も恋人になっ続きたと確認し合ったその日で終わりです。
せっかく恋人同士になったのなら、もう少し甘々なその後も読んでみたいな。

2

タイトル通り素直な、気持ち良く読める一冊

エリートサラリーマン青山、御年33歳。
高級マンションに妹と暮らし、自らの性癖に引け目を持ち
かつての傷から恋なんてもう望まない……と暮らしている。

そんな彼が、偶然に出会った普段は接点がないような男に恋をする。
相手は、神(じん)28歳、鉄骨鳶、ガテン系。


ルビーの本は、本の作り自体も中身も薄くって
あまり手を伸ばさないのだが、
谷崎さんだし……と読んでみたら、なかなか面白かった。


好きになっらた相手と、友達みたいな関係になれて、
二人でもんじゃをつついたり、釣りに行ったり、
そんな時間の一つ一つがちょっと緊張して、でも嬉しくて、
次また会えるかな?とソワソワして、
相手の一挙一動にドキドキして……
30過ぎたスーパーエリートの、そんな様はなんとも可愛い。

シンプルと言えばシンプルな話なのだが、
ああ、恋するってこういう感じだよね!と
誰もが心の中に持つ初々しい恋の記憶を思い出し
キュンキュンするようなそんなお話。

相手はノンケなのに、告白後は案外あっさり。
と、特別なドラマや感動があるわけではないが
谷崎作品らし続きく脇役にも味があり、
気持ちよく読んでよかったと思える作品だった。

2

いくつになっても…恋する気持ちはキュンと素敵だな♡

いろんなお話を幅広く書かれる谷崎先生。
個人的には、長編ものや、日常生活に仕事を絡めたハード系のお話が好きだったりするんですけど…。
今回は、特別何が起こるわけでもなく、大人同士の可愛いらしい恋愛話がメンイになって、とても新鮮な気持ちで読ませて頂きました。

谷崎ファンの人には、「えっ⁉︎物足らなさそう」って思われるかもしれないんですけど⁉︎
確かに、王道でシンプルなお話でしたけど、受け視点だけで、恋をしていく過程を奥深く追求していく展開で書かれているので、心情が心地いい位じわりじわり伝わってきて、自分も、懐かしい恋するドキドキ感を味わいながら、久しぶりに力を入れずに、楽しい気持ちで読めました。

最初タイトルを見た瞬間!
ストレート過ぎる響きに、ドキドキ、テレを感じながら読み始めたんですけど、本当にタイトルを裏切らない微笑ましいお話です。

何がキュンとくるかといえば、33歳と28歳の大人の男同士とは思えない純愛物語なのです♡

年齢を重ねるごとに、若い時期とは違って、経験によって得た情報が、邪魔をしてしまい、恋心を抱くことは難しくなっていくもの。

でも続き、今回のお話は、思いがけず偶然の出会いから、ストンと恋に落ちてしまう主人公が、難しい恋だと思いながらも、合えば会うほど、気になって好きになっていく…
ドキドキだったり、せつなさ、嬉しさが、じわりじわり読んでいるこっちにまで伝わって、やさしい気持ちになるお話でした。

建設現場で働くガテン系• 神× 高学歴で高収入のエリート• 青山のノンケとゲイ&年下攻めもの。

青山は、過去の苦い恋愛や自分の性癖の事もあって、長い間恋愛に縁のない日常を送っていました。

ある日、飲みの帰り、鞄をどこかに忘れて来てしまった青山。
その鞄を交番まで届けてくれた年下のイケメン、神に一目惚れしてしまいます。

自分とは全く相反する世界で生きている神…でも⁉︎
爽やかさ全開の真っ直ぐで好感的な神に、どんどん惹かれていってしまう青山。

クールでツンデレタイプの青山。
でも、恋をした神の前では、右往左往する純情ぶりが、ストレートに伝わってくるから、こっちまで甘酸っぱい気持ちにさせられます(笑)
相手に好感もってもらいたいと、服だったり、出掛ける場所だったり、色々一生懸命な青山の空回りっぷりが、いい大人なのに、全く嫌な感じゃなくて、むしろ共感できて好きでした。

神は、いい人過ぎだろうって感じてしまうタイプなんですけど、何故か…これまた嫌じゃないんです(笑)
おおらかで、心がとても温かいところが、自然と青山にはピッタリな相手だなあと感じれます。

青山が告白してから、神も青山の事を真剣に考えて、恋愛対象として好きだと感じる演出も、谷崎先生らしくて好きです。
ただ、谷崎作品なので、欲を言えば、神が青山を好きになる過程もじっくり読みたかったかなあとは思いました(笑)

うまくは言えないんですけど、お互いに気持ちを通わすシーンで、この2人の性格が現れた思いやる気持ちが、ノンケとゲイらしい言葉や態度から滲み出ていて好きでした。

そして、忘れては入れない素敵な脇キャラ♡
今回は、青山の妹•里沙子と、友人⁉︎(笑)のアンジー!
インパクトある2人の、やさしいお節介なスパイスがとても良かったです。
特にアンジーのキャラは面白かったです。

単発ながらも、谷崎作品はやっぱり好きだなあと感じさせてくれる一冊でした。
もんじゃだったり、釣りだったり、映画だったり、物を返して、何かを一緒にすることで、心を通わす過程が、静かに丁寧に描かれている所はやっぱり大好きだなあと思いました。
本当に読んでで、もんじゃも食べたくなるし、釣りにも行きたくなってしまいました(笑)

恋をして…相手も自分を好きになってくれる、じんわ〜り胸をキュンとさせてくれる大人の恋!
年齢を重ねたことなんて忘れさせてくれる純愛物語でした。
是非、オススメします。

2

高学歴きらいですが面白かった

この作品は後ろのあらすじをみて
建設現場で働くと記載があったため
購入しました

サラリーマンは好きじゃないし
社会人もあまり好きなジャンルではありません

しかし、肉体労働の仕事をしている人は
好きです

今回、相手は高学歴エリートなのですが
この人のキャラが良かった
嫌味もなく、人間味がある
綺麗な青山さん

青山さんはゲイなのでノンケで
テリトリーの違う彼に戸惑いつつも
惹かれまくりです

男が好きなのではなく
あなたが好きだというセリフは
鉄板ですが良い表現だと思います

何度聞いてもそっか、良かったねと
思います

青山を男なのに軽いなといい
肩に担ぐシーンが
職業柄ならではだなと
ぐっときました

肉体労働の男はさぞや
たくましいであろう

1

評価がいいのも納得!

こりゃいい買い物をしたな!の1冊でした。
ルビー文庫というと結構薄い本が多いのですが、
それでも、満足なお話です。

青山は、高学歴高収入のエリートサラリーマンであり、
人からも羨まれる立場であるのに、恋愛については
全く縁のない状態。
そんなある日、落し物を拾ってくれた人に、
一目ぼれしてしまう。

こういったお堅い人が、まさかの恋に落ち、
グルグル恋してしまうというストーリーは、やっぱり面白い。
一目ぼれされた側の神も、素直でカッコいい・・・
できたら、神視点のショートも読みたかったな~と
思わずにはいられません。

結構、胸キュン(笑)で、これはまた読もうと思わせてくれます。

2

なかなかステキなお話でした。

ゲイであるがためになかなか恋をする機会もなく。
前の恋が終わってからというもの、このまま枯れていくのかな、とさえ思っていた青山。
そんな青山が偶然に出会った神に突然に恋に落ちる。
自分でも気付かないままにドキドキと胸は高鳴り。
お礼と称して強引なほどの勢いで食事に誘って。
それでも、神がノーマルであることは話していればわかって。
ならば、せめて友人でいられるようにと努力する青山。
けれど、そんな努力は神が誠実に接してくれれば接してくれるほど想いが募って。
神が誠実であるがゆえに心苦しくもなって、距離を取らなければと思ってしまう青山がせつないです。
ゲイであることが受け入れられないこと前提で進んでいく青山の行動。
神もその青山のカミングアウトに一瞬固まる部分もあって。
けれど…。
誠実な神らしい返答の仕方がまた好印象でした。
作業着で現れて確認してみたりとか。
ちゃんとした告白をしてみたりとか。
ノンケが男と恋をするにはすんなりとハードルを越えてベッドまで来た感はないでもないですが、なんていうかそれでもちゃんと青山と向き合おうとしてるのは感じられるので好印象続きです。
っていうか、ホント神がイイ人なんだよね。
青山相手がだから、相手男だし、最初はそういうの当然何にも考えずに接してるわけだから下心みたいなのはあるわけなくて。
でも、1つ1つの行動とか言動が青山のようなゲイにとってはキュンとくるというか、なんかどこか天然たらしのような気がしないでもないです(笑)
最後の2人の感じが非常にイチャイチャ甘々だったのが印象的でした。
青山もそれまで抑えていたものを出してもいいと言われた後から、非常に素直に好意を出してる感じとか。

個人的にはアンジーが男前だったので気になります。
アンジー、オネェ口調だったしやっぱ受なんでしょうか?
いや、攻でも面白いなとは思うんですけど。
アンジーのお話希望!

2

片想いの淡~い感じがとてもいいです!

とっても温かいというか、片想いの淡~い感じがとってもよく伝わってくる、作品でしたね~♪
エリートにして、日頃は冷たく?あまり深い人付き合いをしない青山みたいなんですが・・
内容的には仕事というよりも片想い中の紆余曲折的なお話なので、可愛らしい青山ばかりでしたね。
神も好青年ですし、仕事熱心で、普通のイケメンでノンケな男子です。

青山は同居の妹にはカムアウト済みですので、神との事を応援?というよりちゃちゃを入れられてますが・・

出会いは偶然だけれど、青山の一歩の行動で段々と親しくなって、神はとっても青山が大切な友達になります。

でも、青山は会うたびにどんどん神に惹かれていき、だんだんと自分の気持ちが後ろめたかったりと・・
自分がゲイだという事を黙っているのが辛くなる・・
そんな青山のキモチがとっても繊細で、とってもよく表現されてましたよね・・
私にでも経験がある片想い中の気持ちがなんだか懐かしく思い出されましたね♪

神が青山の事が大事な友達だ・・と言われて、黙っていられなくなってしまった・・青山は・・
自分がゲイだと告白して・・その場を去って行きます続き・・・

6年も恋する事を忘れていた青山にとって・・と言うより今まで片想いというものを経験していなかった青山にとっては辛いことなんでしょうね・・

それからクライマックスは・・神君頑張りましたね♪
とってもいいお話でした♪
脇キャラも最高に良かったですね♪谷崎さんらしい、キャラが満載のお話でした。


2

まさにフォーリン・ラブ

ああー、何かよかった!
ちょっとここ最近の新刊はハードとか重いのが多かったので、こんなキュンキュンするものを久々に読んで、すごく胸が熱くなりました。
切ない恋の気持ちがダイレクトに伝わって、主人公と同化して思わず涙までこみあげてきて、ラストはものすごく幸せな気分になれました。

主人公の青山はゲイで6年前留学先のアメリカで恋人と別れてから、とんと恋とは縁のない生活をして、新しい恋愛も諦めてもいたんです。
それが、彼が失くしたカバンを見つけて交番に届けてくれた神に一目で恋に堕ちて・・・
最初から好意があるけど、嫌われたくないという気持ちを抱かせるのには、青山と神の間にはいくつかハードルがあったんですね。
まず、ゲイであること。
そして、神は高卒のガテン系の職種であるのに対して、青山は外資系のエリート社員。
そんな職業に関する格差を作ってはいけないと、相手に気遣うあまり、どんどんと自分で自分を追いつめていってしまう青山。
でも、神は純粋に週末ごとに青山と会うのが楽しいと、釣りに誘ったりして。
そして、とうとう青山が耐えきれなくなってしまうのです。

ノンケに恋をす続きる苦しさは、色々な本でも書かれていますが、これもまた胸に迫ります。
青山には同居している3歳年下の妹がいて、彼女が一見お兄ちゃんに甘えた自分勝手な感じの女性な感じですが、実は兄である青山をとても理解した行動をとってくれる部分が、兄弟愛もあって好ましい。
そして、妹の同僚でオカマのアンジーも、ワイワイとウルサイキャラだけど、味があって青山を温かく見守る役目には重要な位置を占めている。
そんな青山の周囲の人間も上手い具合に絡めて、青山の悩みや苦悩がだんだんと解きほぐされていくのが、とても温かくて微笑ましかったのです。

神は優しい前向きの人でよかった。
こんな優しくていい人なのに、何で友達が少ないのかな?って疑問もなきにしもあらずだけど、仕事絡みの友人とはまた違ったカラーの青山と一緒にいるのが居心地がいいから、青山を選ぶんだな・・・って、これは憶測でしかないのですが。
結末は、早急な感じがしないでもなかったですが、身体が受け付けないと関係にならないですもんねww

ここで語るのもなんですが、やはり谷崎作品は自分とは相性がいいようで、好きな作家さんの一人です♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ