竜王の聖騎士

竜王の聖騎士
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
インカローズ〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
26ページ
版型
A5

あらすじ

商業誌『蠱蟲の虜~螺旋への回帰~』番外短編集2
リーン付聖騎士ソレス視点で、天藍皇宮での日々と著者サイト掲載短編「月にわらう」収録。

表題作竜王の聖騎士

カイル
リーン

その他の収録作品

  • 月にわらう

評価・レビューする

レビュー投稿数1

本当、外編を集めた本でした。

まずはリーン付聖騎士ソレス視点の話から。

リーンとカイルは天藍皇国で幸せに暮らしていますが、ソレスからするとどうやら違うみたいで悶々とした日々のことがつらつらとあります。
リーンは奴隷生活が長かったせいもあり、大抵身の回りのことは一人でこなします。
リーンが具合が悪かったとしてもお世話をするのはカイルの役目。
そこに入り込む余地なんてありません。
閨のアノ時の声だって、部屋の前を警備しているので聞こえてしまいます。
結婚もせず、子供も作らずただ、ただリーンにつくします。
が内心はずっと悶々としているのです。
その状況が【散る花は影に抱かれて】の夏月の忠臣・春成に重なり、六青さんならやりかねん!
やめてくれよー!
という気持ちになるのでした。

もう一つ、アトラム視点の話。
暗いというか、ひたすらウツウツとしています。
救いはやはり最後にあの彼が魂となって出てきて、アトラムに地獄でもどこでもついていきます、というところだろうか。
本編でアトラムが最後、安らかな顔をしていたのはそういう訳でした。
しかし彼の人生も本当、むくわれないというか可哀想で切なくな続きります。
だけど、やってきたことは酷いのでなんともフ-ンですが。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ