初恋・幼なじみ・同級生・高校男子・青春・再会…甘酸っぱくてきゅんとくるキラキラの恋詰まってます。

初恋スイッチ

hatsukoi switch

初恋スイッチ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
29
評価数
9件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796401104

あらすじ

「いいじゃん、一回試させてよ」昔、颯太がふざけてしてきたキス。その時から、俺は颯太への想いをずっと胸に秘めてきた。「幼なじみ」で「親友」で…俺たちの関係がそれ以上になるはずないってわかってたから。だけど、あの時と同じ台詞を言った颯太が今度は俺を押し倒してきて…お前、今度はふざけて俺を抱くつもりなのか――?表題作ほか、10年ぶりに再会した同級生がなんだかエロくなっていて!? 乙女男子家政夫のラブライフシリーズも収録!]

収録作品:初恋スイッチ/ぜんぶ見て。/好きにして。/初恋パンデミック(描き下ろし)/デリラブ/ラブプレ

(出版社より)

表題作初恋スイッチ

幼馴染の高校2年生 颯太
颯太に片想い中 陸・高校2年生

その他の収録作品

  • ぜんぶ見て。
  • 好きにして。
  • 初恋パンデミック
  • デリラブ
  • ラブプレ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

表情がみえない。

幼馴染。過去のふざけあいの中でのキス。これだけでも
満足要素がある。

回想シーンの学ランが更に
良かった。

一回試めさせてよ。これって
BLでよく聞くセリフ。
BLじゃなくともあるのかな?
ともかく、よく聞く。
試すという気軽さを装いながらの駆け引きなのかな。

試さなきゃ怖いってやつかな
色々ある。たぶん。

お試しして良かったらってな期待も含まれているのか。

いずれにせよ、キーワードとしてはありなんだろうなと
思った。

内容は深くもなく、さらっとしていた。

0

志々藤からりさんの絵は好きですww

[初恋スイッチ]
颯太×陸の高校生ものですw
元々、幼馴染で中学の時に颯太が陸にキスをしたのがきっかけで、陸は颯太のことが好きになってしまうけど、テストの打ち上げで、間違ってお酒を飲んで颯太に告白してしまう・・・

って・・・高校生がお酒を飲んではいけません・・・(`・д・´)
と言ってしまっては話が進まないんですが・・・。

そして翌日、颯太に酔った時のことを聞いて、颯太に襲われて、体をつなげてしまう・・・でも実は両思いでした~。という話です。

個人的には、俺様攻めは、あんまり好きじゃないんですよね・・・(ノ∀;`)
でも、颯太が風邪を引いた話は結構好きでしたww

[ぜんぶみて]
光永×久高です。颯太と陸のお友達の話ですww
へタレ×誘い受け・・・のくくりになるんだと思うんですが、光永がへタレすぎて久高が誘うしかなかったって感じがしました。
こういう誘い受けは好きかも( *´艸`)ww
この続きで光永の優しくない所かと、光永が誘う所とか読みたいなぁと思いますww

[デリラブ]
リーマン・伊奈×派遣、家政夫・成海です。元・同級生です。
両手続きを怪我して派遣家政婦を呼んだら、元・同級生だった話です。しかも下までご奉仕しちゃうというよくある話でしたが、私はこの話が1番好きでした。
健気受けって、あんまり興味がなかったんですけど、食わず嫌いはダメですね~。

成 海 可 愛 い わ ((´∀`*))

と思いましたねww
しかも後半は性の相違的な話になってておもしろかったですww

全体的に続きが読みたいなぁ~と思ったので、萌×2よりの萌えですww

0

言えない、言わないから青春だw

幼馴染、友達、再会と、3パターンの青春が描かれていましたが、どれにも共通していたのは、「言わない」「言えない」というそれが恋を進展させるきっかけになるっていうことでしょうか。
初読みの作家さん、青春モノが多いようで敬遠していたんですが、表紙の清々しいブルーと4人構成なのが気になって読んでみました。
コマ割が大きく、背景も極力少なめで人物に焦点を合わせてあり見やすくぱっと人物に目が吸い寄せられる。
シンプルだけど好感度高い絵ですv

昔、幼なじみの颯太にキスされてから「好き」という気持ちを抱えている陸。
試験明けの打ち上げで間違って酒を飲んでしまい何か颯太に言ったらしいのですが、思わせぶりにして教えてくれない。
この颯太が曲者のツンデレですねw
陸に言わせるだけ言わせて自分からは言おうとはしない。
あげく「一回ためさせてみてよ」・・・
前のキスの時もそうだったから陸が悩む原因になったのに~
と、幼なじみだけどとっくに相思相愛だったんだけどお互い勇気がなくて、きっかけが欲しかったというお話。

『ぜんぶ見て』『好きにして』はその陸と颯太の友達・高久とクラスメイトの続き光永のお話です。
高久は何でも光永には話せて心許せる友達だから、自分が男が好きってことも平気でカミングアウトしてしまう。
そして友達を紹介してという高久の願いに、「これなら俺が告ってもよかったんじゃないか?」と、光永は自分に恋愛のチャンスがあることに気が付くのです。
でも、この高久告白されたのによく心がわからない!
ちっとも返事をしてくれないから。
光永は真剣で、自分の欲望を隠そう、押しとどめようと努力しているのに、本当は押し倒して欲しかった~!?
ちょい、ひょっとして高久って乙女だったんか?
好きだ、って言って強引にキスしてほしかったのかな?
そこが、若さゆえなのか、複雑なところですね~

そして『初恋パンデミック』ではこの二組それなりにラブラブですよーな報告のようなお話でしたね。
以外にも颯太が甘えん坊設定だったというにビックリです。

『デリラブ』『ラブプレ』は昔の同級生の再会モノ。
両手をやけどして自宅待機になった男が家事代行サービスを頼むと、やって来たのは小・中学校時代同級生だった目立たない男。
家事の他にこれもサービスだからとフェラご奉仕付きで!?
偶然の再会から恋人になるお話だったのですが、後半が爆笑でした!
この受けちゃんの嗜好ですww
いや、真剣わらっちゃいましたから♪
性的嗜好問題ですね、まさかソレだとはおもいませんでしたよ!!
いや、これって攻めにはわかんないかもですねww

全体通して絵がさらっとしてるし、エチもあっさりめ。
余り複雑でないし、焦点が二人に絞られているのでわかりやすいのですが、これが全部学園モノだったらあっさりしすぎて流してしまうところでしたが、ラストがひっかかって一冊に面白みが出ていたと思います(そこか!?)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ