レオパード白書 3

レオパード白書 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×217
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
178
評価数
43件
平均
4.2 / 5
神率
44.2%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403663079

あらすじ

オラオラ系のホストで、客を手玉にとってきた『レオパード』のホスト燐花(りんか)。実は高校生だった燐花は、補習担当の猫っかぶり教師・薬師寺(やくしじ)の本当の姿を知って想いを募らせる。しかし、薬師寺は燐花をあとくされのないセフレと思っていた。燐花の純情が、薬師寺の心をうつ日はくるのか……!? 燐花篇クライマックス!!

表題作レオパード白書 3

ホストクラブの人気ホスト実はまだ高校生・周防燐花
気弱を装うが実は腕っ節も気も強い生物教師・薬師寺灯

その他の収録作品

  • レオパードの告白

評価・レビューする

レビュー投稿数12

扇先生の作品の中でイチオシです。

もともと1巻が面白かったので単行本を一気買いしてしまいました。レオパード白書は、全体的に好きなのですが、読んでみたら2巻から続くこの燐花×薬師寺カップリングが一番好きです。

話としては良くある、特定の相手を作らずモテまくる攻が、とある受と知り合ってから一筋になる話…なのですが、キャラクターも展開もすごくおもしろかったです。

この作品を読んで以降、扇ゆずは先生の本は作者買いしているのですが、その中でも一番お勧めの話です!

0

ホストであった過去の業

2巻に続いての燐花×薬師寺のカップリング、完結編です。

Hシーンが良いです。
薬師寺の自由を奪うため、パーの形で両手を押さえ込む燐花。その掌を、薬師寺は指を曲げてキュっと握り返しているんです。燐花の気持ちを受け入れ切れない薬師寺ですが、こんな小さな仕草に、無防備に気持ちがあふれてしまっています。

愛あるラストのHでは、ギュウゥっと力を込めて握り返していますね~。何とも可愛く、見ているだけで幸せを感じます。

それから、いいなと思ったのはレオパードの雛胡さんの言葉です。
薬師寺に告白したものの「信じることが出来ない」と突っぱねられた燐花が、雛胡に相談を持ちかけ、
「自分の嘘と他人の愛を金に変えてきたホストが、自分の言葉を信用してくれなんて都合がよすぎる」と一蹴される場面。
このセリフが真理を突いていると思いました。

それまで自分は、燐花側に感情移入していて、想いが伝わらない燐花を不憫に思っていましたが、この雛胡のセリフで目が覚めるような思いがしました。

女性を食い物にして来たホストの燐花。
だけど、薬師寺に苦しい恋をしてしまったこ続きとと、「俺の言葉なんて何の価値もない」と深く自分を追い詰めることで、業は報われている気がします。

そして、この常識的な雛胡という人物をもっと知りたいな、と思いました。

一方の薬師寺は、教授や恩師にフラフラしていて、その都度ベソをかいている印象なのですが、最後には教授の手を振り払うことが出来ます。
その場面では、薬師寺が燐花に言われたセリフ、そのぬくもりを回想することで燐花に勇気をもらっているという展開がすごく良かった。

そして想いが通じるラストシーンでは、涙をこぼすのは薬師寺ではなく燐花です。
全てが美しく、ピッタリと帳尻が合うようなラストで、大満足でした。

4

実は不器用な二人

燐花はホストですが、お互いにかたくななところがあるため意外に前に進まないです。
1巻の真行寺×絢編よりも丁寧に話が進んでいるような気がします。

お話としては燐花はホストですが、体では落とせても薬師寺の心までなかなか落とせないところが面白いところだと思います。
でも燐花は遊びじゃなくて本気で自分のものにしたくて必死なところがいいです。

そして薬師寺のほうも勘違い&不器用さんで、そこがまた萌えるw
本気の恋に臆病なぶっきーメガネさんは可愛いですな。
最後にはものすっごい甘甘でにやにやしました。

4

燐花の話が一番面白いな

レオパード白書って良い意味でBLの王道って感じだと思います。
今も昔も共通して愛されるべき作品っていうのかな?
そんな感じで、定期的に読みたくなります。

中でもこの燐花の話は一番コメディ色が強くて良い。
ホストと先生なんて、BLっぽいカップリングで
期待を裏切らない感じになっているのが逆に丁度良いです。

サクサクっと読めて、気分転換になる……
そんなみんなの期待通りのBLって感じで好きです。
ほどほどのエロっていうのもポイント高いです!

4

恋するオトコは変化するw

まるごと一冊ひとつのストーリー。
燐花と薬師寺先生のお話で、前作からの続きです。

恋する燐花が、ストーカーちっくで笑えます。
好きな人ができると、自分でもコントロール
できなくなっちゃう・・といういい例ですなw
いやいや、それでは現実困るんですが。
ココの世界ではいいんですw面白いんです。

ところどころで、白書1巻の主役である絢が出てくるんですが
「こんなキャラだっけ??」って思うほど
笑わせてくれています。 そこも見どころ?かなww

0

お互いに寂しい心を抱えているから

燐花と薬師寺篇の2作目、シリーズ3作目はいよいよ二人の恋の結末編です。
前回で攻め様のしつこい干渉もあり、不倫を清算した受け様。
でも二人の仲は進展するどころか、後退しているみたいでした。
恋する相手として意識もしてもらえない攻め様はホストで培った身体技で
受け様を虜にしようとして失敗しちゃう、受け様の痴態で惚れた弱みでかえって
自分が溺れちゃうんですよ~、もうホスト業も廃業状態で、受け様以外は
抱けない身体になってしまっている攻め様。

受け様に自分の思いを伝えようとするのですがなかなかうまくいかない。
逆に週末の後腐れの無いセフレだなんて受け様に言われて落ち込む。
攻め様をガキ扱いしている受け様に思いは届くのか?って言うのが
3作目のお話になります。
前回は受け様の過去話が背景色を濃くして描かれていましたが今回は攻め様の
過去系がクローズされて描かれています。
攻め様の寂しそうな感じに思わず胸キュン萌えしちゃう感じなんです。
思いが伝わった後の受け様の照れてる様子も可愛かったですね。
凄く楽しめるシリーズです。

4

二人にとってよかった☆

前作レオパード白書1が個人的に微妙だったので
続きを買おうか悩んですが、購入してよかったです^^
二人の心の成長にとってとっても良いENDだったのではと(*´∀`*)

薬師寺先生との出会いによって、すっかり愛や性行為に対する考え方が変わった燐花。
1では恋の思いは伝わらず、距離が縮まっただけに留まりましたが、
今回は積極的に、そして心に訴えかけるように日々奮闘します!

薬師寺先生はなかなか燐花を信用しようとせず、
なかなか最後の何かが繋がらない二人ですが・・・

最終的に心から繋がってよかったです(*´∀`*)
最後まで読むと、薬師寺先生の気持ちもよ~く分かります!
今まで不倫+心の縛りという年上男性からの卑怯な愛しか知らない彼には
イケメンで人気ホストな彼が突然自分を好きだとモノすごい勢いで迫ってくる。
これは~からかわれてると思って当然かと(;´∀`)

そんな彼らが心から恋人になれて良かった(m´・ω・`)m

4

猫かぶり

ついに、本シリーズの新刊が出るということで、復習のため再読。

ホストクラブ「レオパード」の燐花は、
ホストらしく?客を手玉にとりつつ、寝つつ、
稼いでいますが、実は、高校生。
そんな燐花の前に現れたのが、高校教師の薬師寺です。

この薬師寺がミソで、はまっちゃうんですよね。
最初は、ナヨナヨしたヘナチョコ先生に見えるのですが、
本性は・・・。
そんな本性に惚れてしまった燐花と薬師寺の物語。

本作では、薬師寺は、燐花をセフレとしか見てくれない。
今まで、女性を手玉にとってきた燐花の真っ向勝負名純情が
たまりません。

是非2巻から読んでください。

4

ちょっぴりホロリ。

3巻です。
ようやく読めました。

薬師寺に恋をしてすっかり変わった燐花。
といっても、それは心情面で。
薬師寺に対してなかなか素直になれない部分もあるんだけども。
それでも、薬師寺との時間を作ったり構ったり、恋を教えてもいるようで。
しかし、当の本人はといえばそうとっていなくて単なるセフレ扱い。
この温度差がなんともせつなくも感じられたり。
燐花がホントのことをなかなか言葉に出来ないせいでもあるんだけども。
臆病になったりしながら大切に育んでいっているようにも見えて。
そんなふうに薬師寺との時間を温めてきたから、結果的にはちゃんと気持ちが通じたとも言えるのかな。

燐花がこんなふうに育ってきた理由とかちょっと意外というか。
そんな背景があっての自分で生計を立てているような部分もあって。
だから、お金に目がなくて。
あんな仕事してて。
喧嘩も強くて。
それが、最後にこの物語をあんなふうにホロリとくる感じに結びつくとは。

薬師寺に信じられないと言われて、誠心誠意を込めた告白をするシーンも好きです。
ひしひしとその真剣さが伝わってくる。

続き人的には燐花のシャツを羽織って、燐花の匂いなんだーって無邪気に笑ってるのがすごいかわいかった。
あれ、反則だわー。

欲を言えばもっとラブラブえちが見たかったかな、と。
ま、2人の蜜月はこれからだろうし、扇さんも機会を見てこの2人のことは描いていきたいみたいなことをあとがきに書いてたので今後に期待したいと思います!!

4

受攻どっちも俺様系なのにかわいいったらないw

恋愛感情に振り回されないと豪語していた氷の心を持つセックスマシーン燐花が初恋にあわあわ動転してアレな状態とか可愛過ぎるw
泣いちゃうとこが一番かわいかったけど。
…いや、分身に嫉妬するとこかも。あ、天の邪鬼になるとこもかわいかったな。
幸せ実感するとこもキュンとしたな…なんだ全部かっ!

そして不幸恋愛から抜け出し俺様女王っぷりを見せつけてくれた薬師寺先生(予想以上に経験値低っ!ショック療法になったとはいえ二人目がイキナリ強○だったとか不憫過ぎる…)が今度は新たに乙女な一面を。
1巻でも散々ギャップ萌えさせてくれたというのに…どれだけ萌えさせてくれるんだw

しかし転職とも言えるホストを辞めちゃってどうするのかな~>燐花
偏差値は高いみたいなんでまじめに大学行って父の事業面の方の後を継いだりするのかなあ?
っていうかシリーズ続くみたいだけど、レオパードに在籍してなくても出番あるのかなあ?
放送禁止な燐花のノロケっぷりをまた見たいんだけど。

それにしてもこのCP、バカップルになりそうな予感(燐花って幸せ実感シーンとか「想いが通じた初めての朝」とかイベント好きそ続きうな感じが薬師寺に負けず劣らず乙女だと思う)はあるけど犬も食わない夫婦喧嘩は大晦日に放送してもいいレベルだろうなw

3

ギャップに落ちたかな

本作はホストクラブの人気ホストでもある高三生と
ワザと気弱を装う腕っ節の強い生物教師の続刊になります。

前作は受様が恋を自覚するまででしたが
今回は受様が攻様との恋を受入れるまでとなります。

攻様は
親の見えの為に高校に進学しますが
自身への関心の薄い親を見切って
枕営業もどんとこいのホストで稼いでいました。

そんな時、
出席日数不足を補う為に受けた特別授業で
担当教師となった受様と出会います♪

受様は見た目は
野暮ったいおっとりメガネ君ですが
中身は
武道家の父の血を引く受様と
タイマンをはれるような男なのに

不倫相手のオッサンには
隙だらけでフワフワになってしまう受様に
どうしようもなく惹かれてしまいます。

攻様と知り合った事で
不倫相手と手を切った受様に
すかさず押しの一手で迫ろうとしますが

元々興味本位で言い寄ったが為に
攻様との関係を割り切ったセフレとしてしか
認識してくれません(笑)

そこで攻様は受様に
思いっきり嫌味を言ってしまうのですが

的を射過ぎる嫌味はまともに攻様に跳ね返り
続き気持ちも欲しいどころか身体だけな関係に
更に拍車をかけてしまいます(苦笑)

果たして受様の純愛は叶うのか?!

『レオパード白書2』から始まった
高校生ホストである攻様の恋の完結編です。

攻様の家庭環境等のバックグランドを混ぜつつ
攻様の過去のお客様(複数・笑)や
受様の過去の恋の相手や不倫相手が絡ませて
近付きそうで近付かない感じの展開が
ハラハラ&ドキドキでとっても面白かったです♪

愛や恋を信じずホストとして
客の恋愛感情を金に換えてきた攻様と
乙女思考な上に年上趣味で
恋愛体質だった受様のカップリングなので

それぞれの過去の言動が
お互いへの感情と一致せずに
なかなか「今」の自分を思いを口に出来ません。

身体から始まったたが為に
自分の気持ちに気づけないと言うか
気づきたくないと言うか~

そのギャップとすれ違い感がmyツボ!!

お互いに違い過ぎるから
見えてくるって事もあるのかな(笑)

次は本作中で攻様にのろけられてる
チーフっぽいホストさんの恋みたいですが
彼は受・攻どっちなのでしょう?!

本作は特定書店で購入すると
描下しペーパーが付くのですが
それぞれの視点でののろけ話になります♪

今回は本作同様、生徒×先生カプで
高沢たえこさん『恋愛プラスα』をオススメ。
こちらの先生は天然さんなとこがツボですよ(笑)

4

ひとくぎり

そもそも、高校生ですでに枯れるってどんなよ(爆
から入ったこのお話。
スッパリ内容を忘れてたのですが、スッキリ思い出しました(-ω-*)
乙女な先生がベラボウに可愛かった。
まぁ、陶酔気味のプレイはちょびっと引いたけどw

前回は、出会い編。
妻子持ちのオッサンと不倫関係にあった先生。
その先生に、枯れたはずの欲望が湧き上がってしまった生徒。
そして今回というところ。枯れたはずの活力が!!
恋とはで始まるお話が順を追って面白かったですね。
イケイケのホストが一途な恋を始める。いいじゃない
入れて1秒で( *´艸`)クスクス
先生じゃないが、あの顔はツボだった。
必死だからこその、この痴態。キュン

なんにせよ一区切り。
次回は恋人ラブラブ~な二人が見られるんでしょうな。
乙女全開の先生とどんなプレイをおっぱじめてくれるのか。
ちょっと楽しみではある。
むしろ乙女とかなとかないエロ展開なのだろうか・・・・

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ