指先は夜を奏でる

yubisaki wa yoru wo kanaderu

指先は夜を奏でる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
26
評価数
7件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344822146

あらすじ

義兄の真継から二十歳の誕生日に告白されてしまった音大生の奏流。開き直った真継に日々口説かれ、困惑する奏流だったが…。

表題作指先は夜を奏でる

茅野真継 社長代理の義兄(28歳)
鷹宮奏流 ピアノ専攻の音大生(20歳)

その他の収録作品

  • 唇は愛を奏でる
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

小冊子のショートストーリーから出来たお話

リンクスの企画でイラストにSSを付ける企画から生まれた
作品が今回の書籍になります。
イラストからイメージして作品を書き上げているので
もしかしたらいつものきたざわ先生の作品とは違うかな?
イラストありきの作品なのでみろくことこ先生のイラストと
ぴったりマッチングしているように思えました。
内容的には音大生の受け様が父親の再婚で兄弟になった
攻め様に二十歳の誕生日に告白されて、止める間もなく
過剰なスキンシップ&気長な?!口説きを受けまくる。
でも受け様はそんな気が無いはずなのに、気が付けば
いつも抱きしめられキスされていて・・・・
Sチックな義兄に振り回されていますが受け様は
かなりニブイ人で自分の気持ちにもなかなか気づかない。
そんな揺れ動く受け様の様子が綴られているお話です。
なかなか一気に読みふけるようなテンポの作品では無いですね。
これと言った大事件も波乱もなく日常のあれこれって雰囲気。
「唇は愛を奏でる」では恋人同士になった二人の日常。
そして意思表示が少ない受け様ですが後半はかなり出てます。
そして攻め様の冷静沈着なSブリも発揮されてる続きお話です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ