唇に嘘が滴る

kuchibiru ni uso ga sitataru

唇に嘘が滴る
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781606446

あらすじ

父を殺した犯人を捜すため、男娼としてマフィアに飼われる道を選んだ香鳥。自らを抱かれる体に変えようと、闇のオーラを放つ謎の男・燈吾に無垢な身を委ねた。二年後、首領の愛人となった香鳥は、取り引き先企業の秘書として現れた燈吾と再会する。ストイックな秘書の仮面に潜めた闇の閃き。彼はいったい何者なのか――疑惑を抱えながらも、惹かれる想いに身を焦がす香鳥は…。燈吾の目的は? 敵か、それとも…?

(出版社より)

表題作唇に嘘が滴る

日本財界大御所の秘書 高槻燈吾・32歳
親の仇を捜すマフィアの愛人 城崎香鳥・20歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ビッチ流ハーレクイン

小山田さんの魅力的なイラストの表紙買い。
実をいうと、熟成させましたw
最初読んだ時に、何だー!こんなヌるい、、、危険な設定が一杯なのにこんなヌるくていいんかい?って興ざめしてしまったファーストインプレッション。
だけど、熟成させてみると、そうだ、これはそれでいいのだ!そういう話しなんだから、、と気持ちに余裕が出来て密かに心の中で突っ込み入れながら、ビッチ受けの裏社会ハーレクイン風味を楽しめましたv
小山田さんの色気ある絵が見ものなんですが、M字開脚(股間は隠れ)にへへへ~ってエロオヤジ化(爆)

イタリアで父親と二人暮らししている主人公・香鳥ですが、父親が何者かに殺され、借金のカタに男娼になります。
父の死の理由を知るため、マフィアに近づくために№1男娼になった香鳥はマフィアのドンの愛人となり、父の死にある日本人が絡んでいると知り、裏取引の進む日本の財界人・多々良との取引をスムーズにするために彼に貸し出される事になり、日本へ赴きます。
そこで出会ったのは、男娼になった最初に抱いてもらった男・高槻だった。
彼は多々良の秘書として仕えているのでした。

と、まあこん続きな導入で始まります。
この香鳥のポジティブ、すごいですよー!!
いきなり道で男に声をかけて、一流の男娼になりたいから抱いてくれって!?
ビックリーーーー!!しかもミラクルボディですw
ここでの高槻の意味深な言葉とか、なんやらが全てラストに繋がるとはwww知らないと、何だ、この好都合は!?って頭が??だらけになった所以でしたwww
冒頭でガッツリ20ページエロですv
そして香鳥、すごい自信ですよ!
いつか捨てられるとか、自分が死んじゃうんじゃとか一切ネガな事は考えない。
ドンの愛人の地位に見事にあぐらかいて、手玉にとってます。
日本財界の大物という多々良も、70歳ですが、ただのおじいちゃんです!
彼が絶倫の鬼畜じいさんだったら、もっとおもしろかったとは思うんですが、そうなると話しが違う方へ行っちゃうしwww
大物、大物、というわりに、このパトロン達ショボイです(爆!)
そして・・・・高槻の事は内緒にしましょうw
彼についても”すげー!”って感じです。
ある意味、香鳥、世渡り上手かもしれません。

とにかく、二人を見る。
エロを楽しむ。
ビッチなハーレクイン風という雰囲気を楽しむ。
そうすれば、この話とっても面白いですv

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ