甘い針

甘い針
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
19
評価数
9件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥876(税抜)  ¥946(税込)
ISBN
9784877750220

あらすじ

ピアシング、拘束、快楽の玩具で弄ばれる週末。「自分はただの愛玩物のようだ」それでも綾人はあの人に会いに行ってしまう自分に困惑するが…。快楽に甘く痛む躰と心の陰影が交錯する、「綾人」、「志乃」他、初期の幻の三部作、描き下ろしを含む八編。

表題作甘い針

綾人の義父の従兄
綾人:大学生

その他の収録作品

  • 【表題作なし】
  • 綾人 :表題作相応
  • 志乃
  • 春のまえ
  • 蜜月期
  • さくら色のあと
  • さかなの目
  • 浮躁
  • 夏の風景

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ハッピーエンドがない

どれも暗い話。でもすごくエロかった。エロだけを求めるならいい作品かも。暗い話ばっかりなんだけど、日がたてば、また読み返してしまうだろうな。ほとんどの話がHを強要されてる話で合意の上でのHがあっても受けが白血病?の病気になっちゃってるし。萌ってしたいって読んだけど読んだあとは萌×2じゃなくズゥ~ンって重くなっちゃった。でもエロ的には大満足の作品です。甘い針の中で一番好きじゃなかったのは「蜜月期」かな。結局受けが死んで終わり?

1

ほんのボタンの掛け違いでは済まされない心の抑圧

この本が痛くて切ないのは、それは単にSMという行為だからではなく、二人の気持ちがボタンを掛け違った状態で進むからです。
たった一言、そこに愛のこもった言葉があれば、それは甘美な世界になるはずなのに。
そういう意味で、不器用で身勝手で理不尽が存在する世界が描かれています。

「綾人」などは、どんなに酷い目にあわされてもそこへ行ってしまう、そこには受けの少年のかすかな期待があるはずなのですが、ただ穢されて我を失った顔が一番という攻めの大人の一言に、彼の願いは報われることはなく、Mになる姿を求められている。
「志乃」もまた、綾人と同じに大人の歪んだ狂気に組み敷かれることで、あきらめと放棄をしてしまった。
「春のまえ」もまた同じく、、、

少し進展を見せるのが「さくら色のあと」「さかなの目」「浮操」の3部作。
ここにはほのかな愛情に行きつく姿がちらりとうかがわれて、救われるのです。

4

これが SM でしょう!!

 BLの世界に足を踏み入れて早4年 いろいろ読んでまいりましたが 全体的に SM も どこか 甘めv ドS攻め ・ 縛り・ ピアッシング どの要素をつかった作品にも 甘い愛の証vv みないたものが感じられました。 が!! この作品は 違う!! BLに限らず・昔読んだレディコミやアダルト雑誌 から受けて思い描いた『SM』の世界wwwww  攻め側の 嬲る・責める・強要・傷つける 許しが無い!! 受け側も 痛み・苦しみ・限界・逃げたい・逃れられない!!  暗くて陰湿で そして 受け側は 責めの痛みに 訴え 泣き 苦しみ 気を失うwwww その瞬間に 攻め側が最高 の 高揚感と 快楽を 感じるvvv  短編集ですが その世界がまさに繰り広げられています!! 
 痛くて シリアス 甘くないSMvv  堪能させていただきました  
  

2

決して明るいお話ではない。
決して楽しいお話ではない。
ゆがんだ愛情・・・・なのだろうか・・と思わせてくれるような隔離的なお話が多かったような気がします。
明治さん。エロなイメージなかったんですがこれは目覚めますΣ(・ω・ノ)ノ!w
■彩人
母の再婚相手の従兄弟だという男と最初にあったのは、母の結婚式。
一度つなげた身体。撮られたビデオをたてに呼び出されることは少なくない。最近みるのは、現実と変わらない夢。
顔の見えない男に犯される夢だ・・・・
ということで、う~~ん・・・この子は結局嫌なのか、そうじゃないのかがちょっとわかりづらかった。
結論どちらにでも取れる・・という意味なのかな・・
■志乃
ひきとられた義父と・・・なお話。
自分が行くところではかかわった人間がみな死んでいく恐怖。
失いたくないもの・・・しかし離れようとすると・・・というね。
ちょっと侠気に満ちた感じではあるものの、そのなかにはお互いにも飲めるものがあるような気持ちにもなってくる。
しつこいまでの行為の描き具合がとりあえずツボwwはぁはぁ←結局
■春の前
変わりに届け物をしてほし続きいと頼まれた先。
絵を描くのだというその男・・・・
何も知らずにいった先で犯されてしまうというお話
壊れちゃった顔がちょっと・・・・うん
■蜜月期
死エンドではあるものの、これはちょっと報われたお話なんじゃないかなとおもった。好きだと思う相手のそばにいて。短いときを生きた少年のお話
■さくら色のあと
愛されたい。愛されたい相手に抱かれているのに・・・・
ちょっと切ないお話。


ほか短編いくつか。
どれも、なんともいえない気持ちにさせられて、
なんとも好きな雰囲気、場面、空気が流れているんですが、同表現していいかわからなくてとても切ない(ノД`)・゜・
さわやかにBL読みたい人には向いていないやも。ですが、個人的には好きな作品集です。エロメインなので苦手な方はご注意

3

所有物の風景

受がモノとして攻に所有されるのは何故か。
それは受が攻を受け入れていないが為に
発生している齟齬ではないか?

攻めが受けに与えている責め苦は単なる痛み
ではなく、受けの心の殻を壊す為の洗礼である
のかも知れない。時に一方通行でしかない
責め苦もあるから断言は出来ないが。

A5版装丁。

3

痛みと快楽

短編集だったんですが、どの作品も鬱屈として暗い雰囲気でした。
あとはSM描写というか、ピアッシングとか拘束とか叩いたりとかそういうシーンもあって見ていてちょっと痛々しかったです。
でもそれは受けを痛めつけたいとか憎んでいるといった感情ではなくて。
愛故にって言ったら綺麗すぎるかもしれませんが…あえて言うなら執着ですかね。
で、受けもやっぱり攻めにどう思われているのか知りたくて。道具のように扱われるのは嫌で。

『志乃』のラストとかまさに鬱ENDでしたね。
『蜜月期』は甘々な話かと思いきや、悲しい話でした。
全体的に年上(おっさん)×年下(学生)が多かったです。
『志乃』とか『綾人』とか主人公の名前を作品名にするのは初めて見ました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ