恋とは呼べない 2

koi towa yobenai

不能说是情

恋とは呼べない 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×215
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
110
評価数
29件
平均
3.9 / 5
神率
20.7%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784799710807

あらすじ

―いつの間にか強く抱きしめあっていた―
傍で見守る淳平に支えられて、元彼との別れを選んだ英。忘れたい過去を持つ淳平もまた、英の優しさに救われていた。
思わぬ縁で知り合った橘高とサガン&愛猫?やきのりとの、穏やかで幸せで小さなトキメキが詰まった日常…しかしとある事件が…?
「恋愛」を真正面から描く話題のコラボ作。

(出版社より)

表題作恋とは呼べない 2

名嘉真淳平・英の居候でカフェウェイター・22歳
津森英・天然で真面目だが思わぬ強さも持つ会社員・27歳

同時収録作品恋とは呼べない 2

橘高義美・飲食店プロディース会社の社長 37歳
目雅彦・大学心理学の准教授 36歳

その他の収録作品

  • ちょっと一息 橘高とやきのり
  • みんないっしょにべっそうなのにゃ。
  • やきのりにっき 淳平が来た日1
  • やきのりにっき やきのりのベッド
  • やきのりにっき 淳平が来た日2

評価・レビューする

レビュー投稿数7

迷走する男たち

2巻では、1巻で伏線の張られていた淳平の過去が明らかに。

1巻はどちらかというと英がメインのお話でしたが、2巻は淳平の巻だったかなと思います。
明らかになる彼の過去。
そして、英への恋心。

二人とも、お互いがいたから過去を乗り越え前進することができ、いい意味で変わることができたのに、勘違いからすれ違う淳平と英にハラハラしっぱなしでした。

橘高さんとサガンのCPも迷走してます。余裕のある大人の男性、という風に見えて、実は内面ではいろいろな葛藤が渦巻いているのもとてもよかった。
この二人もいろいろあるんだろうなとわかるのだけれど、『恋とは呼べない』ではそこまで出てこないのがまたなんとも憎い。『愛とは言えない』を読めってことなんですね、はい。

なぜそこで終わる?というところで終わっているので、まとめて3巻購入されることをお勧めします。

0

沢山課題がある気がした

恋は落ちるもんだよ。
これはまことしやかな呪文のように昔から言われているけれど
津森が言うとよけいに真実味を帯びる。

メガネで黒髪真面目な津森は
得意なタイプじゃないけど
猫を通して見るよね彼はとても
優しい。

彼女の死についてこの巻では
しっかり描かれています。
好きな気持ちは一人でどうにもなるものでもないし、
彼女を責める気持ちは私には全くない
誰もないか?
その事にこだわって動けなくなっている淳平もまた仕方ない。
でも、それを言い訳にしているのは違うのではないかなと思った。

彼女が亡くなっていなかったら?
好きな人がいるだけで気持ちが通じていなかったら?
それを隠して亡くなって後から知ったとしたら?

沢山もし・・・が浮かぶ。
ってことは、沢山こちら側に
考えさせてくれる作品だった

やはり榎田先生。
良いな。

0

淳平の過去

 1巻目では、英の恋愛模様を中心に描いておりましたが、2巻目の主役をあげるとしたならば淳平だと思います。

 英との同居生活から数ヶ月が経ち、それぞれの生活が表面的には落ち着いたように思われましたが、この巻では淳平を縛っていたトラウマとも呼ぶべき過去が明らかになります。
 橘高、目、英と一緒に行った橘高の別荘で、淳平が好きだった彼女の彼氏に遭遇してしまいます。その彼女はもうこの世の人ではありませんが、淳平に突然「他に好きな人ができた」と振って、新しい彼氏まで作ってしまうというかなり不可解な部分があるのです。

 まだ彼女のことが忘れられないで苦しんでいる淳平の前に現れたのですから、心中複雑になるのは当然のこととしても、あまりにも痛烈な攻撃とも言える仕打ちは残酷だと思います。その上、目にも妻に対する永遠に解放されることのない呪縛があると知り、二人が似たもの同士だというという印象を受けました。

 私はこの巻では、BLや萌えというものを感じることができませんでした。しかし、それ以上に「人を好きになること」「愛すること」とはどういうことなのかという問題をそのまま投げかけられたよ続きうな気がしました。淳平や目が抱える苦しみ、愛しているから許せない、許されないという大きな問いかけは、甘くはなく、むしろほんのり苦い、大人が読むBLといった感じです。

0

本当は両思いなのに・・・

1巻では、淳平に見守られて英が辛い恋愛を終わらせる事が出来ました。
しかしその淳平も、何やら過去に傷を負っている様子。
その淳平を、今回は英が暖かく包み込みます。

英の優しさにふれ、心の硬い所が少しずつ溶けてくる事を自覚する淳平。
そして、思わぬ方向に気持が育っていく自分に戸惑います。
英を抱きしめる自分を想像して、一人赤くなっている淳平が凄くカワイイです(笑)

そしてとうとう・・・
カレーを作りにサガン宅に行った帰り道での事。
雨の中、淳平を迎えに来た英を見た瞬間に、淳平は恋に落ちた事を自覚します。
その後の淳平は本当にカワイイ!
橘高が英に気があるのではと妬いてみたり、
洗濯の時に英のパンツを見て赤くなったり(笑)

そんな中、橘高に招待されて4人で行った軽井沢で、
淳平は偶然に過去のトラウマに関わる人物と再会し、対峙する事になります。
その現場にちょうど居合わせたサガンに、その後過去の全てを打ち明ける淳平。
そして、英への気持も・・・
一方、英も、橘高にキスされた上に告白までされ、
その時初めて淳平への自分に気持に気付きます。

続き人の気持が、じわりじわりと寄り添って行き、
そして恋心を自覚するまでの様子が本当に微笑ましくて、
読んでいてニタニタが止まりません(笑)
このままゴールインか!と思っていたら、なんと、大きな誤解が発生。
英と橘高が付き合い始めたと思い込んだ淳平は、英の家を出て行ってしまいます。
しかも、サガンが好きになったからなんて嘘をついて・・・
なんでー!両思いなのにー!!
と、読んでいてい地団太踏んでしまいました(笑)

ああ、いったいどうなるんでしょうね、こちらのカップルも!
続きが気になります!!

2

近寄ってすれ違って

今回は受様に拾われて同居しているカフェのウェイターと
天然ながら芯の強さを持つ生真面目な会社員の続刊です。

元カノとの恋愛を乗り越え
新たな恋に踏み出そうとするまでの本編に
やきのりの短編を収録。

受様は明るい攻様の存在で
辛かった過去の恋を乗り越え
前よりも前を向いて生きられるようになります。

そしてそんな受様とともにいる事で
攻様も自分自身を肯定できるように
なってきていました。

と言うのも
攻様は大切にしていた恋人に
裏切られた過去があり
彼女を許せないままに
失ってしまった過去があったのです。

彼女は不治の病にかかり
余命宣告を受けてしまいます。

彼女を失う怖さを抱きながらも
なんとか見舞った病院で待っていたのは
他に好きな人がいると言う彼女の告白でした。

彼女のもたらした別れの言葉は
彼女の死さえ受入れられない攻様に
更なる衝撃を与えます。

攻様は彼女に許す事ができないままに
彼女は亡くなってしまいます。

最後まで彼女の側にいたのは
攻様ではなく彼女が選んだ別の男で
攻様は彼女を失った続き悲しみに
浸る事さえできなかったのです。

傷ついた心を
もてあましていた攻様ですが

誘われた軽井沢で
彼女が最後に選んだ男に再会した事で
今までの自分を振り返り、
受様への思いを自覚するのです。

しかし、受様がアパートの前で
会社社長と抱き合う姿を誤解した事から
受様との同居を解消し
准教授宅に居候する事になります。

本当なら両想いなはずの2人なのに
一度ズレたボタンは次々にズレたまま
間違った場所にハマっていってしまいます。

2人の誤解が解けるのはいつ?!

榎田さんと町屋さんのコラボ作
「恋愛シリーズ」のコミックス第2巻は
攻様側の事情紹介をメインに
2人の恋の進展を描いています♪

1巻は受様の辛い恋をメインに
彼が立ち直るまでが描かれましたので
2巻は攻様事情がメインとなっています。

受様の恋にはかなり強気な攻様でしたが
攻様もなかなかにデープなトラウマ持ちでした。

愛している人が余命宣言を受けた上
最後の時を過ごしたいのは別の人と言われたら
相手を許すのは容易ではないですよね。

そうしたままに彼女を失い傷を抱えたままに
ただ生きてきた攻様を癒したのは
辛い恋を乗り越えて前向きに生きる受様でした。

お互いに惹かれあっている2人なので
このままハッピーエンドかと思いきや

会社社長と准教授カプのスレ違いが波及した結果、
お互いが恋する相手を誤解してしまったままに
以下次巻な展開となっております。

良い所で終わり過ぎだ~!!

本作は小説バージョン
『愛とは言えない』2,3巻と同時間軸で展開
それぞれに絡みあって進展するのですが

それぞれメインキャラ視点になっているので
本作だけでは別荘シーンの展開が
ちょっと納得いかないのですが
不親切過ぎると思うのは私だけですか?

コラボ作とは言え
片方だけ読んでも判るように
もうちょっと状況説明が欲しいな。

期待度が高いからかもですが
小説版だと単品読みできてるので
ちょっと残念でした。

なので本作は『愛とは言えない3』も
一緒に読まれる事をおススメです。
片方だけ読む方はいないかな?

3

イヤン!(; ̄□ ̄;)!
そこでそーくるか、そうやっちゃうのか!!!な今回。
前半戦、中盤にかけては、お互いが自分の恋を自覚する。が本編でした。
あいかわらず やきのり が・・・可愛いwwww
思わずあの姿に癒されてしまった。
膝に飛び乗るシーンが好きww
おいといて

お互いが、自分の気持ちを自覚していくじわじわ感が好きでした。
もう恋は出来ないと思っていた。それなのに・・・・・
お互いの存在が大きくなりなりなり=な展開に萌

だけれどもな最後のどんでん返し。
次回がまちどおしくてしかたない
ハッピーエンドな結末と思っていても不安な今回でした。
小説の方読めていないのですが
読みたくてつねにウズウズ・・・・ウズ

2

恋ってタイミングが難しい!

真面目で堅物の経理社員・英と、雪の日の夜、猫のやきのりと一緒に拾われた心に傷を持つ青年・淳平がメインの「恋とは呼べない」の第2巻。
1巻では英が辛い恋を淳平によって乗り越えて、変われるのがメインになっておりましたが、今回では、淳平の過去が見え、そして近づいたかと思ったらあっという間のすれ違いが!?
「愛とは言えない」の2巻部分もリンクして、またこれから出る3巻もリンクして、恋することの難しさ、タイミングの難しさを実感させられる内容となりました。
そ し て !!!
やきのりちゃん♪かわいいよーすりすりしたいよー♪
作品のアイドルはまたまた可愛らしい顔を見せてくれて思わず顔がにやけちゃうのですv

淳平は、英の温かい優しさに触れそれによって少し心が溶かされ、
英には話さない自分のしこりを、同じような傷を持つサガンに話すことでカウンセリングのような効果を得て自分の気持ちに気が付いていく。
英を好きだと気が付いた時、英やサガンは恋は墜ちるものだという彼等の説と違って淳平はフワフワと浮いているような気分と例えている。
だけど、やっぱり墜ちるものなのです!
でも、それに気が続き付いた時思わぬすれ違いが!?

今回大きな淳平の出来事として、橘高に誘われて英とともに軽井沢の別荘に出かけます。
そこで亡くなった彼女の元カレに出会った事で、自分がいつまでも昔の恋に引きずられて恋なんてしないと意固地になっていた自分は間違っていることに気がつく場面があります。
本当はこうした相談や自分の事を話すのは英であったらよかったのに、、と
それがすれ違いの一因でもあるとは思わないでもないのです。
まだ淳平は恋に臆病なんじゃないか?って。

また英に今回は橘高がかなりモーションをかけてアプローチをしてきています。
英は天然だから、橘高の行動に戸惑ったりもするけれど、きちんとわきまえている。
自分にはちゃんと好きな人がいるからと、橘高に断るんだけど、基本優しいんだよな~
その場面を英に告白しようと思っていた淳平が見てしまったから勘違いが起きる。

あー、あー、もうっ!!本当に恋って思い通りにいかない!!
橘高が英に安らぎを求めてしまうし(その姿は余り本気そうにはみえないよねw)
同じ愛する人をなくしたからということで、淳平はサガンを頼って英には本音を言わないし。
やっぱり恋愛って、互いをさらけ出して見せて、それでも相手を受け入れられることで本当に恋愛が成立すると思うから、彼等はまだ入り口に立ったばかり、そこで生じたすれ違いなんですよね。
ここでこれほど、橘高とサガンがいい加減早く何とかなってくれればいいのに!ってじれったく思えちゃいましたw

英と橘高が恋人と思いこんだから家を出て行こうとする淳平。
域先はサガンの元。
でも、これが橘高とサガンを近づけるきっかけになるといいのに、
そして優しい英が自分から淳平を欲しいと強く出る、芯の強さをそこに見せてほしいと期待してやみません。

きっと、小説の「愛とは言えない」の3巻がこの軽井沢の下りあたりがシンクロするんでしょうね。
小説の展開もとても気になります。

2巻になって少し町屋さんの力も抜けてきたのか、皆のお顔が不安定に変化する個所も見られたりしましたが、
相変わらず、コマの運びやセリフの選択など、とても効果的に働いて、まるで小説を読んでいるような錯覚に陥らせるには充分な作品であります。
本編が切ない分、やきのりちゃんの可愛さで癒されて、ほっとさせられる効果はかなり大きいです。
巻末番外のやきのりと遊ぶ、受け組(英&サガン)をかわいと動画に取りたいと見守っている攻め組(淳平&橘高)マンガに思わずクスリとさせられます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ