若葉の-少年期-

若葉の-少年期-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×215
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
159
評価数
45件
平均
3.7 / 5
神率
31.1%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス CRAFT Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784813053620

あらすじ

無表情で無口な那智真尋は、同級生から『マネキンくん』と呼ばれ敬遠されている。そんな那智の唯一の友達は、女子に絶大な人気を誇る真里谷梓だ。
新学期、ふたりは同じクラスになるが、那智は真里谷が人の輪の中にいても、真里谷だけを見て真里谷への独占欲を隠さない。一方、真里谷も他人に無関心な那智が同級生と親しくなっていくのを見て苛立ちを覚える。
中学の時からお互いが一番大切で、一番の友達。
けれど、真里谷には那智には言えない想いがあって――?

表題作若葉の-少年期-

その他の収録作品

  • Afterword

評価・レビューする

レビュー投稿数11

マネキンくん

本当にちょっとしか表情が変わらない。マネキンくんこと那智。

それが、たまらなく可愛いです。感情覚えたてのアンドロイドみたい。ご主人様は梓だけのような感じ。

中学の回想時に藍沢という可愛い女の子が出てきます。
那智が読んでいた本をきっかけに那智と友達なる。
藍沢と梓はライバル関係に。
藍沢が那智に告白したあと、梓が藍沢にキスをし目撃した那智が泣いてました。
那智が「藍沢が好きなのか?」と聞いて梓が「うん」と答えます。
そして、また那智が泣くわけです。梓の「うん」もちろん本心じゃない。
那智の涙は梓が自分より藍沢を選んだからなんじゃないかなって思いました。

友達として手を繋ぐ二人が可愛い。
4コマでも先生に「なんた、その手は!付き合ってるのか!」ってビックリされてるけど、二人の「ともだち」という言葉に先生は「おっ……おう……」という反応。

若葉と聞けば、思い浮かぶのは「萌ゆる若葉」なんですがこの若葉も良かったです。

北畠あけ乃先生のイラストが好きだ。

1

どうしたら 友達になれる 真里谷と..

胸の鼓動が止まらなかったです.. 純粋過ぎる想いに

主人公の那智ことなっちゃんは人に無関心でした
しかし、ふっとした切っ掛けで同級生で人気者の真里谷が気になり友達になりたいと思います
そして出てきた言葉がタイトルの『どうしたら友達になれる?』
『誰と?』
『真里谷と、休みの間ずーと考えたけどわからなかった..』
少しいや、かなりずれてるなっちゃん
でも、突き刺さる程真っ直ぐな言葉を持つなっちゃん
そんな、なっちゃんと真里谷の距離は急接近
2人で下校する事がお約束のように
でも、真里谷の他の友人が『今日は俺と帰れ〜』とじゃれていた所に、なっちゃん登場
そして一言『だめだ』
真里谷『俺にはなっちゃん以外にも友達いるんだよ』
なっちゃん『僕は真里谷だけだ』
そんな、なっちゃんの気持ちが嬉しい真里谷
でも、それを認めるには幼過ぎて
なっちゃんを傷つける事で自分を正当化しようとします

でも、そんな真里谷の想いをものともしない真っ直ぐなっちゃん
絆され素直に向き合う真里谷

そんな2人の中に割って入った同級生
なっちゃんにこちらも真っ直ぐな想いを寄続きせます

嫉妬に苦しむ真里谷
ここで初めて自分がなっちゃんに惹かれていることを認めます
『ずれている 君が初めから好きだった』と。

真っ直ぐななっちゃん
プライド高くてやや不器用な真里谷

この純情に胸が締め付けられました
恋に変わる前の若葉の段階
こんなにももどかしいものなのですね

大人になって建前を知った今ではこんなに真っ直ぐ人に向き合うことは無いでしょう

この、世界でだけでも彼らの想いに浸っていたい
そう思わせてくれる名作です
大好きです

2

繋いだ手…

舞台は高校、無口でマイペース、でも実はなんでも出来る那智と、人気者のイケメン真里谷。

他人から見ると、一見接点のない対照的な二人は、
不思議な親密さを漂わせて執着しあっている。
二人の関係は……?中学時代からの親密な「ともだち」。

時は中学時代の出会いとその後のエピソードへと遡る…

うわ〜!なんだこれ!
久しぶりに漫画を読んで、ザワッとするようなショックを受けてしまった。

淡々とゆっくりと、キスシーンすらないもどかしい程の展開なんだけれど、
内包された感情に揺れ動かされる。
時折表面に現れるそれに、キュンキュンさせられて悶えそう!

かの人気作「セブンデイズ」の原作でも有名な橘紅緒さんの原作。
私は「セブンデイズ」は残念ながらイマイチだったのだが、
先日橘さんの小説を初めて読んでみたら(「つまさきにくちづけを」)すごく良かったので、
今回こちらも読んでみたのだが、うわ〜っ!この雰囲気、好きだっ〜!

続巻がとても楽しみです。

5

第一巻

丸ごと一冊すべてひとつのストーリー。

始まりは高校生。みんなの関係性が
始まってすぐの回顧シーンで明らかになってきます。

全体にこのストーリーには、
この回顧シーンでの解明(と言うとおおげさですが(^^; )
という作りがとても合っている気がしました。

この作りゆえ、かなりゆるやかなストーリーなのに、退屈さや
じれったさのような物は感じさせられなかったように思います!

このあとの続編が「若葉のー恋篇ー」となると
最後に描かれていましたが、とても楽しみです♪


2

あの頃

 地味で大人しい那智と、クラスで男女問わず人気がある真里谷がなぜ一緒にいるのか、ともかく不思議でした。読んでいて、この二人、どこにも接点が見つけられないのです。どうやって出会って、なぜ今も一緒にいるのか、ずっと気になりながら読んでいると、ふたりの中学生時代の回想が入ります。

 麻美という女子は、真里谷と付き合えれば今付き合っている小野と別れてもいいというのです。女友達よりも友情を選んだ真里谷は、その後那智に話しかけます
 素直すぎる那智に対する真里谷が、おかしく、そしてちょっとずるく見えたのですが、那智は免疫がないせいか、真里谷との距離感があまり上手くとれないでいます。そんな那智に、真里谷はあえて傷つけることを言うのですが、その後、自分のしたことの愚かさに気づくのです。

 何をやってもよい時期、どこまでやったらいいのかが分からない時期というのは、何て残酷なのだろうと思いました。中学生から高校生の前半までを描いた巻でこれから、この二人、そして杏奈との三角関係が気になりました。

1

髪型 変だよ!

1巻なのでまだまだ話が謎だらけです。
黒髪男子の髪型が気になって気になってしかたありません。
なんでこんなへんちくりんの頭をしているのだ。
おかげで 君はすごく変人に見えちゃうぞ。
おしゃれなのか・・・。
この話 女子が絡んできます。
なので 好みが分かれるでしょう。

とっても仲良しの男子二人組。
男子同士が ラブラブで手を繋ぐのだろうか?
絶対 2巻目からは恋愛が絡むはず!
ぜひ!大人の階段を上ってほしい。
次回の2巻が待ちどうしいです。
どうやって話を繋いでいくのかとても気になります。
期待を込めて 中立で。

2

テーマのともだち=手を繋ぐは手フェチにはたまらん!

ともだち編と称した第1巻、
その名の通りまだともだちなので大人になりきらない少年達でした
その少年達を爽やかに、
そしてそれぞれがこの頃特有の何かを抱え、
もがいているそんなほろ苦さも描かれていました。

そんな橘紅緒さんの繊細な原作を
北畠あけ乃さんの美しくそして繊細な絵で
モノローグや感情の揺れを1コマ1コマ、素敵に表現されていました。

特にテーマのともだち=手を繋ぐだから、
感情の揺れがあの繋いだ指先から伝わって来る感じでした。

まだ始まったばかりで、登場人物の抱える想いが少し分かったぐらいでしたが、
次巻の恋編で大きく動く事に期待し
この子達をまた静かに見守る気持ちで次の恋編も読みたいです。

3

独特な雰囲気が堪らない!!

注:このレビューには妙な雄叫びしか有りません。

だが叫ばずにはいられない、何だコレ?
こっちが気恥ずかしくなるような、この甘酸っぱさは何だ?
可愛い過ぎ、駄目だツボ入りまくりっっ!!

那智の呟き口調が堪らない。

個人的萌えポイント
〇真里谷を取られまいとギュッと 手を握る所
〇廊下でヘタッている真里谷を覗き込む所
〇大口開けてピザマン食べる所

萌え死に寸前、もう舞い上がっちゃって小躍りしちゃいました。
那智、君には「超天然・魔性少年」の称号を与えよう。

橘・北畠ペアだと「私立櫻丘学園高等療」を思い出しますが、あのシリーズ好きな方、ハマるんじゃないでしょうか。
橘先生の独特の間と、北畠先生の背景空間の取り方、とても合ってました。
途中で続き物だと判り焦りました。
しまったーっっ!!続刊いつ出るの?
CRAFTだと長い事待たされるんじゃないの~(号泣)
待てません、お願いしますっ、早く、早く続刊出して下さい(くっ苦しいっっ)
アホ全開なレビュー、お見苦しくてスミマセン

6

「ともだち!」

北畠あけ乃さんのマンガ初めて見ました。
表紙とカラー扉と白黒絵の差が・・・!?
少し不安定さを感じる部分があるけれど、白黒のコントラストがはっきりしていて、コミカルな部分も見られて、いつものイラストと違う雰囲気が楽しめました。
お話は橘紅緒さんが原作ということですが、いかにもこの作家さんらしい心理描写に重点を置いた焦れったさが満載。
この焦れったさが好みの別れる部分ではあると思いますが、まず高校時代の場面から始まって、中学時代のエピソードを挟み、また高校時代に戻っている。
他の作品もそうですが、結構波の揺さぶりのような展開で進展が遅いのです。
キャラクターはかなりユニークな設定と配置がされている部分が目を引きますので、他作品と是非違った面白い展開を期待したいと思います。

マネキン君と呼ばれる表情表現と語彙の薄い那智と、イケメンで人気者の真理谷が友達であり、新学期同じクラスになるのだが、ヤンチャ者で何かと彼等に絡む薫の存在に、互いが少し嫉妬しながらも、本当は友情以上の感情がありながら友達のスタンスにちょっとヘタレる真理谷が那智の変化を待っているような感じが見られる。
続き彼等は中学2年の時、真理谷が女子に告白されたのを、友人の方が大事だと言った為に降られた場面を那智が見てしまったのがきっかけで話すようになり、誰にも言わないという約束したのがきっかけで友達になったという始まりがある。
無表情な中に起こす言動が面白い那智に真理谷は好きという感情を抱いていたのだが、意地を張る態度によって彼を傷つけたりもしてしまう。
だけど、那智はそれでも真理谷との友情を手放さない。
そうやって、まだ友達でいる高校生活。

友情と愛情の境目は一体どこにあるのだろうか?
相手を傷つけながらも許し、自分を受け入れてくれるそれは友達だからこそだけど、特別な感情がありながらそれを受け入れている真理谷はつらいんだろうな。
那智が表情に薄く、多くを語らないから彼が一体”ともだち”をどういう存在としてとらえているのか実にわかりにくい。
でもだからこそ真理谷は胸が痛んだりするんですよね。
中学時代に那智に好意をもって近づいてきた女子との間の真理谷との三角関係(?)
真理谷と彼女とでの那智の奪い合いは、子供らしいものだったけど過酷だった。。
那智の中での「友達」の価値観がよくわかるエピソードだと思います!
・・・誰か那智に、友達と特別の違いを教えてあげてーーー!那智はわかってるのかな?もっと話してーーー!と実におもうのです。
サブタイトルが-少年期-ですから、まだこの奇妙な友情は続いていくのですね。
一体何があれば彼等の”ともだち”は変化を見せるのでしょうか?
とてもとても気になります。

真理谷がカットしているという那智のヘアスタイルがユニークですw
彼等の同級生で友人の一人、被賀は・・・某P4の主人公にそっくりですwww
この本の萌えポイントは、いつもつないでいる”ともだち”のあかしの那智と真理谷の手つなぎでしょう♪

3

ぬるい、うすい、あわい

作画の北畠さんは好きだし、原作の橘さんも以前、宝井理人さんの原作をやっていた時の話は好きだったので購入しました。

なんですが、なんだか、まるっきり宝井さんが描いてたマンガに似てますね。
もどかしいほど、ぬるくて、ゆるいBL。
しょうじきいって、またコレか、というテイストでした。
好きな人は好きかもしれませんが、作画が変わっただけで、青臭いもどかしさは類型的で新鮮さは感じませんでした。

北畠さんのマンガは初めて読みましたが、前半がとにかくわかりづらいし、キャラの見分けもつかないのでつらかったです。
ただ、過去の回想になってから、かきなれたのか、ようやく読めるようになって、話もおもしろくなってきて、悪くないかも、と思ったところで続く、となっているので、この一冊では消化不良でした。

次巻が出るのは、いつなんでしょう?
すっかり話を忘れてしまいそうですが、たぶんコミックスが出たら読むでしょう。

もうちょっとキャラの見分けがつけばいいなと思うし、話のテンポもあげてほしいと思いますが、このレーベルだと、こういうのがおしゃれでいいのかもしれませんね。わたしはイマイチ続きですが。

ともかく次巻に期待します。

4

早く続きが読みたい!

表紙買いです。
でも、中身は少しイメージが違うかも・・・
水城せとなさんのような中村明日美さんのような雰囲気の絵柄です。
ストーリーの雰囲気も水城さんに似ているような・・・

高2の春から始まった話ですが、那智と真里谷の中学の頃の話になったりで
BL的にまだまだこれからな感じですが
2人の関係がどうなっていくのかとても楽しみです。

手をつないでいる二人を「なんなんだ おまえら!?」 「ともだちだよ」
の件に笑わせてもらいました。


4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ