どう考えても死んでいる

doukangaetemo shindeiru

どう考えても死んでいる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×211
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
117
評価数
29
平均
4.1 / 5
神率
41.4%
著者
雁須磨子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344848719

あらすじ

名前を強く呼ばれ、気がついた目黒晋太郎は、自分が死んでしまったことを認識する。また名前を呼ばれ、その声のもとに辿りつくと、恋人・翼が怪しげな霊能力者の男に騙されている場面に遭遇。霊能者が翼にキスをしようとしたところで窓を割って妨害するが、翼にはその姿は見えていない。しかし晋太郎がやったと確信する翼は、またその霊能者に降霊を頼んでしまう。そして晋太郎は自分が死んで1年半経ったことを知り、それでも晋太郎に会いたいという翼に、自分も会いたいと願うが……⁉

表題作どう考えても死んでいる

目黒晋太郎,24歳→数年後,事故死した青年
神村翼,20歳→数年後,晋太郎の恋人

その他の収録作品

  • おまけまんが
  • あとがき

レビュー投稿数8

ここがダサかわの極地。切な!?と思ったら雁須磨子。一巻じゃ足りない。

裏帯読んだらどうやらどっちかが死んでるらしいということが分かって、「え!切なくて明日辛くなるやつじゃん!」と思ったけど、想像してたよりも雁須磨子ワールド炸裂で柔らかく終わったので明日もちゃんと会社に行けそうです。

何冊も作品出してる人の漫画って「このキャラ前の作品の●くんぽいなー」ってのが出てきちゃうものだけど、翼くんのキャラの強さはここ最近読んだ雁須磨子作品の中でも飛び抜けていて読んでて新鮮だった。(オロチの恋に出てくるせんぱいをさらに暗くしてもっと尖らせた感じ…?)


そんで、
ァァ〜〜 翼きゅんかわいいんじゃ〜〜〜心がぴょんぴょんするんじゃ〜〜
『イラ』って効果音(?)が右上に出てるだけで可愛かったし、情緒不安定なのに急に笑顔になったり、しんたろーくんに男が近いた時の殺意のこもった目もめっちゃかわいかった。
最後の最後の「愛してる!」って言うシーン(コマが小さくて笑った)の横に手書きで書いてある「そういえば言うの忘れてた」ってセリフが雁須磨子すぎてあまりにもダサくて最高だった。他の若めの作家だったらこのセリフで二ページ使ってる気がする。

霊や呪いとか悪いものを寄せ付けてしまう子と、超光属性でそれを祓ってしまう子って設定がpixivとかTwitterでバズってる漫画の設定みたいですごく好きだった。(お守りくんとかそんな感じだった気がする)けどそこで終わらせないで、結局呪いの方が打ち勝ってしまって〜っていうシビアな方向に流してしまうのもすごく雁須磨子でよかった。

基本的にそこはかとない絶望感があるのに読んでると栗コーダーカルテットのBGMが聞こえてくる感じ…、だせえ…青野くんに会いたいから死にたいみたいな劇的な設定なのになんかだせえ…けどそのウェットになりすぎないカラっとした感じがはちゃめちゃいい…

文句があるとしたらとにかく一巻じゃ足りない!!しんたろーくんが霊媒師さんに乗り移ったところで半分近くページを消費してて「多分これはページが足りねえパティーンや…」と覚悟していたけどラスト1~2話急に駆け足になってほんとにほんとに足りなかった。。もっと語ってくれ。。
メインの二人以外に重要な人物が霊媒師二人だと思うし設定的に二人が出てくるのは仕方ないけどそれだったら最初から上下巻にしてくれ〜〜無理に一冊にまとめないで〜〜お願いよ〜〜〜
別に決定的に語り不足なわけでもないし、過去話入れてメインの二人の馴れ初めやら謎やらちゃんと説明してくれたし、二人が愛し合ってるのはわかったし、お話しはまとまってて最後オチもついたけど四人がみんな魅力な分もっと長く深掘りして欲しかった。。てか田中さん気になりすぎる。

ラストラストのあとがきの最後のコマ!!あの!!その設定で!!二巻目出してください!!お願いします!!お願いします!!

それにしても翼くんの着てる服ずっとダサくて笑った。ペイズリー柄はダメだろペイズリー柄は。最後の大事な抱き合うシーンもペアルックのフラミンゴ柄がださすぎて最高だった。
ラストちょっと柄がスタイリッシュになっててホッとしたけどあとがき漫画で着てるシャツが草間彌生????って感じでまたズッコけた。

表紙がかわいすぎる…こんなに薄い色みの表紙ないだろって薄さなのがほんとにいい
二話のカラーもちゃんと色付きで見たい……何を買えばええんや

あーおもしろかった
続き書いてください、平に。

3

深い愛情を描いた作品

『どう考えても死んでいる』。
なんとも心鷲掴みにされるタイトルに思わず引き寄せられるようにしてお買い上げ。
タイトルから、恋人のどちらかが死んじゃった、っていうお話なんだろうなあと思いつつ読み進めましたが。え、そういうお話?という衝撃が半端ない。

うわー、これ、ネタバレなしで読んだ方が絶対に面白いなあ、ということで、なるべくネタバレしないようにレビューを書こうと思います。




主人公は晋太郎。
誰かに名前を呼ばれた気がして、彼は目を覚ます。
けれど、目が覚めた自分はモノを掴めない。
電車に轢かれても電車は素通りしていく。

あれ、自分は死んでる?

と気づく晋太郎だったが。
でも、自分の名前を呼ぶ声に引き寄せられるように飛んで行った先にいたのは、愛してやまなかった恋人の翼で―?

というお話。

翼は恋人の慎太郎が事故死した後、晋太郎会いたさに様々な手を尽くして晋太郎を呼び寄せる行動をとっていた。後という名の霊媒師に大金を払い、晋太郎と交霊しようとしていたのだった。

おい、ちょっと待て。
お前、俺の恋人を騙して大金をせしめようとしてるな?

と憤慨した晋太郎は―。

20年ほど前に封切されたハリウッド映画みたいな話だな。
とか思いつつ読み進めたわけですよ。

霊媒師を名乗る詐欺師と、残された恋人。
恋人を守るために奮闘する幽霊のお話。

そんなバックボーンが、雁須さんの手にかかるとこうも独特な作品になっていくのか。

「幽霊」を描いた作品なので、ちょびっとオカルト風味もあります。
そこまでホラー要素は強くありませんが、怖いのが苦手な方にはもしかしたら不向きかもしれません。

死んでしまった恋人、って題材としてはさほど珍しくはないと思うのですが、「実は死んでなかった」というものも多い。今作品の晋太郎は、はたして死んでいるのか否か―。

結末はね、うーん。
ハピエン、だと思うですよ。
思うのですが。

愛した人のためなら、何でもできる。
その想いが、今作品の軸です。
深い深い愛情を描いた、そんな作品です。

もしかしたら好みが分かれる作品かも。けれど、個人的にはめちゃめちゃドツボに突き刺さる、そんな味わい深い作品でした。

6

怪しげな霊媒師

あらすじ読んだ時には霊媒師もモブかと思っていましたが、違います。
受け攻め二人と霊媒師のお話です。
あとがきで「当初50頁が 終わらないので→前後編 終わらないので→連載」となった事が書かれていましたが、とても短編では終われない情報量で、中身が濃いです。
私は生粋の?サラリーマンなので、大人BLの場合でも生活が成り立っているのが分からないタイプのキャラは受け付けないのですが、今回の受けは「これは仕方ない・・というかこういう生き方もアリだな」と素直に思えました。正に「愛に生きる」です。最後には凄いハッピーエンドが待っていました。

4

お互いの想いの強さ

作家さん買い。

うーん、レビューが難しいわ、この作品。
まとまらないけど書きます。

死んで幽霊になって……というパターンのお話は何回か読んでるけど、このオチは初めてですね。
どう着地するのかわからなかったけど、予想外だったわー。

強烈な陰陽カプっていうんでしょうか。
闇を引き寄せる強大な力を持っている翼と、光の塊のような晋太郎。
そんな二人が出会ったことによって、まさかの展開。
晋太郎は翼と出会わなければ、まだ死なずに生きていたんでしょうけど、晋太郎にとっては翼に出会わない人生よりも出会った人生(その後の結果も含めて)のほうが遥かに幸せで後悔してないんですよね。
初読時は、まさかまさか&バタバタしてる感じがして飲み込むのに精一杯だったけど、再読すると「お互いの想いの強さ」に目が潤んでしまいました。

でもあとがきで「あと10年くらい」とあって、えー、たった10年……と。
まぁ長さじゃないのはわかってるんだけど……。

男同士がラブしてるから確かにBLなんだけど、BL読まない人でも読めそうだなって思いました。

4

幸せだしまあいいか~っていうね

タイトルに惹かれて読んでみました。幽霊とその彼氏とエセ霊媒師の不思議な三角関係?みたいな何か。読み終わった後はファンタジー!って叫びたくなるかも。考えるな感じろ系、最終的にはハピエンだしまあいいか~ってなります。
落ち込んで騙されてると思われた翼は、妖しい呪術で晋太郎を霊媒師の体の中に閉じ込めます。「おめでとう~よみがえり~」のハイテンションで笑いました。それまで儚げな雰囲気だったのに笑。翼の過去は辛すぎるものですが、同情を誘うキャラじゃない不思議ちゃんです。作品がシリアスになりそうな空気をぶち壊してくるのは毎回翼で、独特のノリを持つ漫画だな~と思いました。
ラスボスとの対決はごちゃごちゃしてて微妙…。霊媒師の家庭事情や親との複雑な関係性を入れ込んできて、メインカプと関係ないとこでいろいろやられても興味ないなって感じで。三人の物語だし霊媒師もメインキャラではあるんでしょうけど。
で、なんだかんだあってハピエンです。こういう形の幽霊ものは私はあまり見たことなかったです。電子のおまけであれ???とさらにハテナが増えましたが、それもまあいいか~と流して楽しみました。ふわっと読むのがいいと思います。

2

不穏なタイトルですが

目黒晋太郎はどう考えても死んでいます。
自分の名前を強く呼ばれて、無意識に向かった先には生前の恋人である翼の姿が。
何やら翼は怪しげな霊能力者とまたさらに怪しげな降霊術を実行しようとしていて…。

幽霊、呪いにエセ?霊能力者、のっとりやよみがえり…、といろいろとスピリチュアル色強め。
展開がどうなるのか想像ができなくて、翼の行動も読めないし一体どうなっちゃうのか、着地点はどうなるのかわからなくてドキドキしながら読み進めました。

そのうちにわかってくる翼の体質がしんどくて、偶然に出会った晋太郎に救われた…と思いきや晋太郎にまで翼の体質が影響していってしまって…。
不遇にも感じてしまうふたりの出会い。
BがL、なんですけどすごく強い想いというか後悔執着が入り混じった純愛。
翼が晋太郎の名前を何度も呼び続けている描写がせつなくて、最後も側から見たら大団円とはいいかねてしまうエンドですが、別れは今じゃない。ふたりが出会い結ばれたことは決して間違いじゃない、残された時間で一緒にいられることがふたりにとっての幸せの最善なんだな、と思いました。

なんだかとても不思議な感覚にさせられる作品で、翼の柄シャツの趣味が霊だ呪いだというお話しの中での和みポイントでした。

2

まさかの結末

「どう考えても死んでいる」
主人公は死んでいる。。
またなんかインパクト大なタイトルきましたよね。
作家買いで楽しみにしていた雁須磨子先生の新刊です。
非BLの作品も多い雁須磨子先生のBL
ゆいつ先生のと同梱にしてたので読むのが遅くなってしまいましたがいや、こうきたかって笑ってしまいました。
はぴえんってレビューを見てたので
いやいや死んでオバケからはじまって
一体どうはぴえんに?って思っていたら
とんでもないお話でした。
1話から面白いです。
インチキ霊媒師が自分を降霊憑依させようとしている。。
ネタバレすぎですがまさかのよみがえりのお話で
言っちゃえばオカルト?またはファンタジーですね。
霊媒師?除霊?三角窓みたいな人が出てきます。
よくこんなお話思いつくよねって
へんてこだなと笑ってしまいましたが
そこは雁須磨子先生なので
せつなくておかしくてなんとも面白かったです。
評価が難しい作品かもしれないけど
私は好きです。
ほんと読んでみると変な霊媒師とか
登場人物たちも雁須磨子先生ぽい。
カバーもかわいくて
お気に入りの一冊です。
ちょっと変わった?の読みたい人には
おススメします。面白いですよ!

0

お見事!

始まりからは予想できない展開に驚き、雁須磨子先生の手の上で見事に転がされました...。

ボーイズラブあるあるの幽霊ネタでありながらも、誰も思いつかない斬新なストーリーを読むことができます。凄い。
でもどこか庶民的というか、親しみのあるキャラクターや雰囲気になっていて...不思議なバランスです。

死別がバッドエンドならば、こちらはハッピーエンドです。サブCP(父)やその後(契約うんぬん)も気になるので続きが読みたいなあ〜と思いつつ想像するのも楽しい...。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う