愛情生活

aijou seikatsu

愛情生活
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
MICHI HOUSE〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN

あらすじ

※18禁
片喰の誕生日が近い1月のある日、
初鹿野はメモの余白のあとに「券」と書いて渡します。
自分の誕生日にあまり良い思い出のない片喰ですが…。

表題作愛情生活

片喰
初鹿野

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ほろ苦い思い出

ミチさんのレビューばかりしてしまい、
ちょっと私もストーカーじみているような気になってしまいますw
なんだかごめんなさいと謝らせていただきつつ…。

片喰は、人気漫画の連載を途中で終わらせてしまったにもかかわらず
いまだに多くのファンの方々から誕生日にプレゼントが届きます。
それを、とても申し訳なく思っているため、
自分の誕生日が近づくとブルーになってしまいます。
本当は自分の為につかってくれたお金を返して謝って、
忘れて下さいと言いたい…。

そんな時に思い出した、高校一年生の時の初鹿野の誕生日。
女の子が、偶然を装って初鹿野の好きなヨーグルト飲料をあげますが
その子の気持ちの流れが手に取るようにわかる片喰。
自分も初鹿野の事を好きだから。
初鹿野にしてみれば、ただのささいな好意としか受け取れなくても、
様々な不安と期待が入り混じって話しかけた、大きな勇気。
片喰には何も行動できないからこそ、また切なくなる…。

その初鹿野が自分の誕生日を祝う為、
メモ帳の○○券をくれます。
何でも叶えてくれると言いますが、片喰は悩みに悩みます。
(私なら続きエロい事しか浮かばなそう…)

誕生日の前日、雪の為初鹿野が思いがけずアパートへ来て、
積まれたプレゼント入りの段ボールの数々を見た事で、
ファンの方々への思いを伝えます。
初鹿野まで負担にさせていたと思われたくなかったのですが、正直に。

次の日の朝、片喰がまだ眠っている間に、
初鹿野は小さなケーキを買って来てくれるんですけど、
仲の良い二人は1本のフォークでお互いに食べさせ合うんですよ!!
最後は、アルミに残った生クリームを初鹿野がひとさし指ですくって、
片喰の口元に持っていきます。
この上なく丹念に舐めとると、甘皮がめくれていて歯でそれを切り離し
片喰は激しく興奮します。
そしてそのまま…。
あーまーいー!!!(もうジタバタしてしまう!)

で、片喰は○○券の○○に「来年もこの券をもらえる」と記入したのですw
らしすぎて笑ってしまいます!!
そして初鹿野も、自分の誕生日には○○券な、と宣言するわけです。
この続きが『オルタナ・ボーイフレンド』になります♪

最後は、卒業式後の回想。
廊下の窓から、雪の中を一人で帰っていく初鹿野を見送ります。
もう会えない絶望感でいっぱいになりながら、
初鹿野の足跡を同じようにたどると、眼鏡に雪が落ち、何も見えない。
涙すら出ず、悲しさだけが残ります。

でも、その時想像も出来なかった再会が訪れるんですから…。
つま先も冷たくしてしまったこの時の片喰に教えてあげたいです。

甘さと微笑ましさと、遠い日の切ない思い出。
この配分が絶妙!!!!!
だからもう私には「神」しかないんですw







5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ