警視庁刑事部捜査第一課に属する特殊捜査班――通称SIT。誘拐や人質立てこもりなど難事件に身体を張って解決に導く、頭脳と体力を必要とする特殊な部署だ。幼い頃、誘拐

RISKY TARGET~愛の標的~

risky target

RISKY TARGET~愛の標的~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
25
評価数
7件
平均
3.7 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796403702

あらすじ

警視庁刑事部捜査第一課に属する特殊捜査班――通称SIT。誘拐や人質立てこもりなど難事件に身体を張って解決に導く、頭脳と体力を必要とする特殊な部署だ。幼い頃、誘拐にあった葎は、自分を助けてくれた人物を目標に警察官になった。やさしく抱きしめてくれた逞しい腕を忘れられなくて。ついに念願のSITに配属された葎だが、憧れ続けていた張本人・高須賀はただお堅いだけの隊長になっていて…!?

(出版社より)

表題作RISKY TARGET~愛の標的~

高須賀周作 SITの指揮官で上司
晳川葎 SIT隊員で、過去に誘拐された事がある

評価・レビューする

レビュー投稿数3

もうすぐ、スピンオフが発売かな?

『LOVE TARGET~恋の弾丸~』のスピンオフ作品です。
特殊捜査班SITが舞台。
前作で登場しました、攻めキャラ高須賀の兄が攻めです。
攻め兄弟…(苦笑


受けの葎は幼い頃の誘拐事件を機に警察官を目指し、念願のSITへの配属が決まった青年。

攻めの高須賀はSITでの葎の上司。
誘拐事件の折に、葎を救出しました。


高須賀に憧れてやっと転属したSITでしたが、高須賀は葎の思い出とは反するに人間に変貌していました。
や、わたしはこういう仕事の出来るおじさん好きですけどね。
何かと反発する葎ですが、自分と同じ誘拐事件に出動し、そこで過去の記憶が蘇り問題を起こしてしまったことでふたりの関係が変化していきます。

特殊捜査班ものだとかわい有美子さんの作品なんかもありますが、わたしはあちらの方が好みかな。
やっぱり上下関係が絶対な警察組織で、特に特殊捜査班などという一握りの人間しかつけない職務に、葎のような団体行動が不向きな性格ではリアルさにかけてしまい入り込めません。
年上攻めの方が好きなのですが、こういう点で、前作の方が違和感なく読め楽しめたかな続き
ただ、体を繋げるまでの過程で、自分の気持ちを持て余したり不安があったりで逃げてしまった葎は、思わず可愛くてニヤニヤしちゃいましたね。

もうすぐ、スピンオフと思われる作品が再び発売されるようですね。
『HEAT TARGET~灼熱の情痕~』というタイトルなので、多分そうではないでしょうか。

0

葎ちゃん可愛すぎです

Love Targetのスピンオフです。今回はLove〜の攻め様のお兄さんと、子どもの時攻め様に助けられた受け様のお話です。

受け様は攻め様のことを小さい頃から人生の指針にし憧れ、努力を重ね攻め様の部下になります。しかし美化した思いでとのギャップに攻め様に反抗的な態度になります。しかし攻め様の行動一つ一つに経験の裏付けや考えがあることを知っていく過程で恋愛感情に気づいて行くのです。

この受け様は女性から見て非常にモテるタイプであり、年相応に女性経験も豊富そうですが、恋を自覚してからの彼はもぅすっごく可愛いのです‼
ストイックで体育会系のノリを良しとせず冷めた態度だったのですが、攻め様にだけ見せる甘えっ子は悶えるほど可愛いです。
このタイプの受け様は大好物です。

攻め様と2人で食事をしに行き自分の感情に気付き始め逃走。
日を改め頭を冷やすもぐるぐるし衝動のまま攻め様を押し倒すのですが、男性相手にどうすればいいか分からずそのまま逃走。
そして3度目には余裕で攻め様に抱かれちゃいます。
頼りたいとか縋りたいとかではなく攻め様に甘えたい欲求が強く、これは攻め様ではな続きくてもほだされるなぁと思わずにはいられません。

中〜後半はこれでもかってくらい攻め様はかっこいいです。
プライベートでも焦らすだけ焦らすのに絶倫だし…さすが体育会系。


弟カプより面白かったです。
恋愛に淡白そうなのに受け様の年季の入った執着心とそれを余裕で受け止める攻め様。
正直、オヤジ攻めはあまり趣味じゃなく期待していなかったはずなのに参りました。

1

その気になったオヤジは絶倫だぁ~

前作の「LOVE TARGET~恋の弾丸~」のスピンオフで、前作の攻め様の兄が登場。
弟はSAT隊員でしたが、年の離れた兄はSITの指揮官で、過去に愛する者を守れず
目の前で犯人に射殺されてしまった事からSATを離れ、前線で捜査権も持つSITに
異動している。
そして受け様は、過去に誘拐された事があり、その時に攻め様に助けられた事が
切っ掛けで、攻め様のようなヒーローに憧る思いで警察官をめざし、攻め様のいる
SITに希望で入って来たのです。
でも、あまりにも過去の出来事を美化していた為に、攻め様の命令は絶対だと言うような
官僚的な態度や言動に苛立ちを感じてしまい、SITに入ってから攻め様に対して
何かと反目してしまう受け様。
まだ現場に出たことが無い受け様は少し子供じみて感じてしまうのですが、
そこへ事件が起きて受け様も任務にあたるのですが、誘拐事件で犯人を追いつめた時
過去の自分の恐怖が甦り、逆に犯人に対する強い怒りがこみ上げ冷静な判断を欠いた
受け様は被害者を危険な目に遭わせてしまう。
何とか攻め様の支援で助けられた受け様ですがミスを犯し叱責される事にな続きる。

その後はミスの事や様々な出来事に苛立ち、がむしゃらに身体を痛めつける訓練を
一人黙々とこなすのですが、攻め様に対する自分でも気が付かなかった思いに戸惑い
助けてくれた恩人で憧れの人に肉欲を伴う恋情を持っていた事に受け様は自己嫌悪と
共に悩み過ぎて、謹慎処分中に、攻め様に思いを吐き出して抱いてくれなんて
言ってしまうが、いざとなった時には逃げだしてしまう程気持ちの整理が出来てない。
そんな受け様を子供だと思っている攻め様ですが、ダメな子を程可愛いみたいに、
助けた子供が大きくなり、目の前に現れ憎まれ口を聞くようになっても何故か可愛いと
思ってしまうオヤジな攻め様なのです。
恋愛的な意味で言えば受け様の片思いで、攻め様の気持ちは受け様とは違う感じ。
でも、次第に受け様を可愛いと思っている気持ちに嘘は付けなくて、抱いてしまう。

SITとしての事件を背景に過去と現在を描きながら、年の離れたカップルの
後半は意外に甘いオヤジの絶倫ぶりを微笑ましく感じるストーリーでした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ