息をするよりキスがしたい

iki wo suruyori kiss ga shitai

息をするよりキスがしたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
35
評価数
12件
平均
3.1 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799712313

あらすじ

彰は日々キレていた。No.1の座も指名客も奪われ、口を開けばケンカになってしまうライバルホスト・櫂斗のせいだ。
挙句、人前で乳首までなでられ怒りMAX!!…な時、一匹の犬をきっかけに櫂斗の意外な"素顔"を知ってしまう。
頭が櫂斗だらけ…心臓が熱い――彰は櫂斗を強烈に意識して…!?
読ませます!!ヒューマンラブコメ!

(出版社より)

表題作息をするよりキスがしたい

カイト 王子様系ホスト
アキラ 居酒屋の兄ちゃんタイプのホスト

その他の収録作品

  • その後ある日の

評価・レビューする

レビュー投稿数7

乙女だ、

小説のコミカライズ、原作未読です。
うーむ、
コミカライズって、小説のストーリーを追うのにかなり駆け足になりがちで、この作品も1冊にまとめるには、コミックにしてはちょっと展開が早めかなって気がしないでもないけど、まあ許容範囲かな。

ホストクラブでの、ナンバー2,3位を争っているホスト同士が、意識しあいすぎてなんだかギクシャク。
実はそれって、恋、だった?
みたいなお話。
それにしても、アキラが乙女だ。
これって、原作自体がそう、なのかな?やっぱり。

0

萌死寸前(ワンコに!)

原作未読です。

とりあえず激萌えと言っておきましょう!!
すいません、BLとしての評価ではなく、攻めが飼っているワンコのフジが超可愛いー!
さりげなくマロ眉でぶちゃいくなところがまた何とも^^*
よ~しよしよし、よ~しよしよし(ムツ○ロウさんか!?

BLとしての感想はいまいちかなと思いました。
決して悪くはないですが、何か色々端折られている感じがしました。
それから絵がホストっぽくないかなと。
決して絵が下手くそという意味ではありません。
なんとなくホストっぽいきらびやかさとかチャラい感じとか少ないな~と。
ホストが苦手な人のことを考えると画面的にはこれぐらいでもいいんでしょうけれど、
いまいち色気が足りないような気がしました^_^;

お話は良いお話だったと思うんですよね。
おばあちゃんとの交流とかほっこり場面もあるし。
色々惜しかったです。

3

甘い、というより熱い。

小説は未読です。
というか、普通に原作者のいるタイプの漫画だと思ってました。

表紙の雰囲気だけ見るとほんわかアマアマ系?と思うのですが、
以外とコミカルな関係ですよねぇ。
王子様っぽいルックスと見えるNo.2がチャリンコ転がしてたり、
居酒屋系と言われる気さくで男っぽいNo.3が受けだったり。

それだけだとただのドタバタですが、そうさせないのが二人とつながりのあるおばあちゃん。
「好きの反対は無関心よ」
等と語るこたつトークが温かい気分を盛り込んでくれます。
お互いがちょこちょこと料理なんかしちゃったりする所も。

実際二人のお互いの意識は無関心とはあまりにも遠く、お互いの向きが正しく向くまでにおばあちゃんの死を乗り越える必要もあるのですが・・・

あとまぁ、無関係ですがエッチの前の体勢として
「裸にバスタオルを巻く」
という状況になってるのですが、この表現自分初めて見た気がします。
割合普通にある情景のような気がするのですが、なぜかBLでは見たことなかった。

そんなワキな話も混ぜつつ、結構嫌いじゃない話でした。
でも評価が「原作に比べて続き」あんまりよくない所を見ると原作凄かったのかな。

0

小説のキャラが強かったな

今回は高級感あふれる王子様タイプのNo2ホストと
人懐っこくて陽気なお友達タイプのNo3ホストのお話です。

2人の出会いから恋が実るまでの本編と
描き下ろしの後日談を収録。

受様は
女性に愛を売るホストを職としています。

受様は人懐こさと陽気さを売りに
ホストクラブに気後れしがちなタイプや
楽しく呑みたいお客様には人気で
NO2を維持していたのですが、

最近入った新人ホストに
仕事への意欲と店での地位をも後退させられ
かな~りうんざりしていました。
その新人ホストこそ今回の攻様になります♪

攻様は受様との正反対なタイプで
女性客が求める理想のホストであろう
容姿端麗な王子様タイプ(笑)でして

入店以来、
バンバンと指名客を増やし続け
あっという間に受様を抜いて
NO2の地位についてしまった男でした。

自分好みと狙っていた客が攻様を指名したり、
ショータイムでは受様にからんできたりで
受様は攻様の何もかもが気に入りません(笑)

そんな相手なので
泥だらけの迷い犬を保護した頃に
攻様の愛犬が行方不明との話を続き聞いても
受様は攻様に訊く事すら出来ませんでした。

しかし
具合の悪そうな老婆に声をかけた事から
その犬が攻様の犬だった事が判明します。

偶然にも
彼女の自宅は受様のマンションの裏手で
一緒に住んでいる孫が攻様だったのです♪

話をしてみると
攻様にも色々と思うところがあるようでしたが
受様も攻様を誤解していた事が判明します。

しかし、
意地っ張りというか素直じゃない受様と
口下手というか予防線張りまくりの攻様では
意思の疎通もままなりません(笑)

なんとか攻様を出し抜きたい受様は
攻様の指名客の誘いに乗って
枕営業を試みるのですが

なんとその女性客は薬物の売人で
受様は商売相手として狙われていたのです!!

女性客を疑っていたオーナーの機転で
受様は間一髪で助け出されますが
クスリを盛られていた受様は既にラリっていて
攻様の手で一晩中泣かされてしまうのです♪

この事件に責任を感じた攻様は
何かと受様の世話をしまくるようになり

攻様との付き合いが深まるうちに
彼に惹かれていく受様ですが
お互いに対する思い込みは根深くて
溝は埋まる気配すらありません(笑)

はたしてこんな2人の恋の行方とは?

櫛野さんの小説をほぼそのまま
みよしさんが漫画化したお話になります。

元々櫛野さんのお話が好きなので
本作は特典の「+@」に惹かれて購入です。

が、
単発で読んだらコレも有りかな
って感じで悪くはないけど
既読の小説版ほどには萌えられずでしたので
今回は「中立」とさせて頂きます(苦笑)

ちなみに私の小説版評価が「萌」なのは
「萌×2」評価が無い時のレビューだからです。
5段階評価なら「萌×2」つけます♪

本作は
クールに見える攻様の隠された弱さと
攻様には叶わないと思っている受様が
いざという場面で見せる男らしさという
ギャップ萌えというか2人の立場逆転が
MYツボだったのですよ。

小説版の2人が
石原さんの硬質な感じのキャラとして
脳内印象が固定されていた上
個人的にあまり好みの絵師さんではなかったので
元々違和感が持ちで読んだ事もありますが

私が萌えたポイントのメリハリが
上手く描かれきれてない感じがしました。

新人作家さんを押したいって事でしょうけど
どうせなら(無理でしょうけど~)
石原さんに漫画化して欲しかったですね。

リブレの作家さん'sコラボ作は
ホントに当たり外れが激し過ぎです(苦笑)

ちなみに描き下ろしは
2人と一匹の日常が溢れる短編で
ほのぼのした感じは良かったです。

本作は特定書店購入すると
特製の描き下しペーパー付きです。
本編とホントに関係無いので
まあなくても…っていったら怒られるかな?

今回は本作同様、作家さんのコラボ作で
山葵マグロさん『不埒な狂犬の手懐け方』をお奨めします。

2

トライしてみたのですが…

以前、『夕日に触れるその前に』の
帯で煽られまくったみよしさんです;
期待しすぎて「…あら?」になってしまった為
「いや、チャレンジしてみるべきだ!」と気を取り直したのです。

でも読んでみると、個人的にホスト話があまり好みじゃなかった!
(ちゃんとあらすじ読んで買えー!ですよね…)
苦手だと思っていた相手に惹かれていくお話は大好きなんですが
上半身のカットが多いのとか
体のバランスとか気になってしまって…;
櫂斗の飼い犬を拾ったからって
嫌がらせで隠したとか普通思うかな?とか…(これは原作ですけども)
櫂斗のおばあちゃん出されたのが反則っすよ!!;
祖父母系弱いので…しかも悲しい結果だったので勘弁して下さい…。
犬も猫よりは好きなのですが、
フジのポジションがイマイチぐっときませんでした。

なんだか本当にすみません;わたしにみよしさんは合わないのかも;;

とにかく作品タイトル『息をするよりキスがしたい』は素敵!!
それに繋がる、作中、櫂斗の彰に対する
「私の唇はあなたとのキスのために」が気障で良かったです。

王子様キャラのホスト(櫂続き斗)が店のお惣菜持って帰ったり
通勤は自転車とかギャップは面白かったです☆





4

原作の方が良かったな

このイラストがダメとか全然ないのですが、個人的には小説で読んだ方が
心に響く感じが強いように感じてしまいました。
やっぱり、原作ありきだと評価が辛めになってしまう傾向です。

ホスト同士の擦れ違いラブで、この作品に登場する二人はきらびやかなホストの
イメージからは離れている感じ、一方は王子様系ホストだけど、実はおばあちゃんと
二人で古い一軒家に住んで職場まで自転車通勤しているような勤労ホスト。
方や、居酒屋のお兄ちゃんみたいな元気だけど熱くありやすい人情家系のホスト。
見た目から正反対のような二人は気が合わない。
それに、受け様が狙っていたお客が全て王子様系の攻め様に持っていかれる事で
攻め様に対して、どんどん嫌いな気持ちが大きくなる。

でもよく知りあえば互いに勘違いしていた事が多くて、良い奴だと思った時には
既に二人の仲は修復出来ない感じになっている感じだけど、攻め様のおばあちゃんが
二人の懸け橋になっているような感じもしました。
好きの反対は嫌いじゃなくて無関心なんて言葉が出てくるのですが、確かに嫌い嫌いも
好きのうちなんて言いますからそうなんだろ続きうと思うけど、
かなりすれ違った二人が、祖母の死をきっかけに少しずつ近づき、でもなかなかそれ以上に
ならないジレンマがある作品です。

3

息をするより

えいままよ!と買ってみましたが
有り(人´3`*)絵柄的にどーよと思いながらの購入でしたが
この線の細い感じきらいじゃないです。
綺麗です。ありがとうございます。
原作の「息をするより~」は過去読んでまして、コミック化ということで
どーなんでしょと思いながらだったんですが、原作をすっぱり忘れていた自分に絶望。

ホストでライバル。なにかといえばケンカ吹っかけられてる気がする。
そんな相手とケンカから始まるエトセトラなわけでございます。
好きへの気持ちの微妙な動き、、、、ん~・・・漫画だからしかたがないといえばそうなんですが、もうすこし丁寧にというか・・・あってもよかったかなと思う部分あり。
1冊でまとまっているという意味ではありかな

おばあちゃん!!!
原作でもわりと好きだったんですが、ふあんとしたあの優しい感じ
なんとも言えずにキュンでした。
犬よりどっちかってーと。。。と思ったのは私だけじゃないはず!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ