当主様は悪戯がお好き

toushusama wa itazura ga osuki

当主様は悪戯がお好き
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
34
評価数
12件
平均
3.2 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784041206607

あらすじ

新米執事の蒼伊が初めてお仕えする藤乃宮家当主・雅堯は、超セクハラ俺様ご主人様! 日々のセクハラにも負けず、理想の主従関係を目指す蒼伊だったけど、ある時変態なばかりではない雅堯の一面に気づいてしまい…?

表題作当主様は悪戯がお好き

俺様当主 藤乃宮雅堯
新米執事 蒼伊柊

同時収録作品当主様のお気に召すまま

執事兼秘書 一ノ瀬忍
天然主人 由里咲凛

同時収録作品当主様は丸見えがお好き?

俺様当主 藤乃宮雅堯
新米執事 蒼伊柊

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

読後、ちょっと笑っちゃうのがみなみ作品のすごさ

BL界の中でも、スーパーシュールな世界を描きだす作家、
みなみ遙。
中性的どころか、もはや妖精のような男性像といい、
あまったるく非現実的すぎる世界観といい、ダメな人はとことんダメかも。

自分もかつてはそうだった。

ですが、みなみ作品は意外に中毒性が高い(笑)
毎度毎度、かわゆーい攻め受けが出てきて、アマアマにエロエロに進行し、
脳みそがピンク色に汚染されていきます。
これこそみなみ遙作品のカタルシス。
エロいとはいっても、決して下品にならないのもいい。

本作は、健気攻めといったところか。
執事モノとはいってるが、一般的な執事モノではなく
かぎりなくメイドものに近いです。

美形なご当主さまはセクハラ三昧で、
まぁそこはみなみ先生、平常運行だなと思うんだが
いつもと違うのは、なにげに「努力・愛情・勝利」という
ジャ●プなテーマが前面に出ていること。
たまにみなみ先生はシリアスさもちょっと入れる。
いつものシュールでキュートなギャグと、テーマのギャップに萌える!

たしかに、新人執事の蒼伊柊は、プロフェッショナルな執事としてはどうなん続きだって気もするが、まぁ、執事やめて奥様になってしまえばいいんじゃないかと…。


2

私の求めていた作品です

私はこの作品が大変気に入りましたため、全力で賞賛レビューを書かせていただきます。

こちらの単行本は、「当主様は悪戯がお好き」3話構成と、「当主様のお気に召すままに」3話の2作品で構成されていますが、今回は「当主様は悪戯がお好き」のほうをレビューいたします。

攻め:当主の雅堯(まさたか) 受け:新米執事の蒼伊(あおい)

主人公であり新米執事の蒼伊くんは純粋で素直。初心者ながらも執事という「職業」に対する熱心な想いが根底にあり、非常に好感が持てるキャラクターです。執事の求人からセクハラ面接に合格し、初めて執事として当主の雅堯(まさたか)に仕えます。

一方、当主の雅堯はいくつもの会社を経営する、容姿端麗・頭脳明晰なキャラクター。クールで完璧な印象とは裏腹に、不安定な精神状態を抱えている。過去の両親を亡くしたトラウマを抱えており、他人に対して嫌がらせ(この場合は執事へのセクハラ)して嫌われることで自分へ当てつけていたり、過去には寝るためだけに男と関係を重ねたりもしていたが、本当は信じられる愛情を渇望している。

初々しさに溢れた受けの蒼伊は、雅堯のセクハラに(最初は続き悪戯心でセクハラしていた)翻弄されながらも、雅堯のことを理解しようと真摯に向き合います。雅堯は本当は寂しいのだということを知り、ご主人様の支えになりたいと思い始めます。この頃はまだ「執事として」お役に立ちたいという気持ちでいます。そんな蒼伊の純粋な気持ちに雅堯も段々と惹かれてゆき、ストレートな愛情表現を見せ始めます。蒼伊も雅堯に惹かれてゆきます。しかし蒼伊は「執事」という立場上、主人に私的な好意を持つのはポリシーに反すると葛藤します。このままでは駄目な執事になってしまうと雅堯の元を離れようとした際に想いを打ち明け、雅堯と晴れて通じ合います。

まったくの初対面から始まった二人が、徐々に距離を縮めてく経緯を読者がなぞれるのが醍醐味です。
主人と執事のラブストーリーという一見ありがちなシチュエーションに見えますが、どちらも主人と執事の関係性に説得力があり、愛情深くて純粋な想いに溢れた素晴らしい個性をもっています。ストーリーの組み立て方やテンポの良さも読んでいて気持ち良く、何より濡れ場面のセクシーさ。なんて品のあるエロスなのでしょう。美麗なキャラクターデザイン、上品な燕尾服にも注目で読者を幸せな気持ちにさせてくれる作品です。

1

悪戯こえているけどね

いつも同じ構図な気がして
読んだことあるのかないのかが、思い出せない
この作家さん。

外人顔にいつも見える。
綺麗ではあるけど同じ顔。

こ執事さんのお話です

新米執事がとてもかわいい
ただのエロかと思いきや
過去設定もあったので、不快な思いはしないで
読めました

当主が考えた燕尾服はあまりにすごくて
笑ってしまいました

表題の作品もよりもお気に召すままの方が好きでした

幼少うのころよりお世話をしているという
設定がやはりそそります

でも執事である以上、良かったねでは
普通すまされないですけど
そこは気にしては楽しめない

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ