望まない迷宮

nozomanai meikyuu

望まない迷宮
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
15
評価数
6件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ブライト出版
シリーズ
ローズキー文庫(小説・ブライト出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784861232664

あらすじ

天道会の若頭・八窪は、大美川の組長・百舌と運命の再会を果たす。想いを胸に秘め、抗争に巻き込まれる二人の恋のゆくえは!?

(出版社より)

表題作望まない迷宮

元ヤクザの曙建設の社長 百舌
天道会の若頭 八窪切

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

攻めに文句を言いたい

1冊すべて表題作で、八窪(受け)の視点でストーリーは進みます。

八窪は百舌(攻め)が好きだったのですが、高校時代に百舌は弟・光と付き合いますし、現在は仕事上で対立する状態です。それなのに、百舌は「お前は俺のものだ」と手を出してきて…という話です。

ううーん。火崎先生の作品にしては、珍しい感じを受けました。
こんなに文句を言いたい攻めは初めてです(笑)
すれ違いというより、全部おまえのせいじゃ!
好きならちゃんと言え!
身代わりで弟を抱くな!
サラリーマンでこの言動なら許せないですが、ヤクザなのでまだ許容範囲…でしょうか。

それでも、八窪はもっと怒って良かったのでは。一回だけだからってほっとしてちゃダメでしょって思いました。もっと突っ張って対立するかと思ったのに、惚れた弱みか真面目だからか、百舌が優位なままだったのが読んでいて、ちぇっていう感じでした。あとがきでは結構男前な性格らしいのですが、読んだ限りではあまりそんな印象受けなかったです。

私は弟が横やり入れたのは仕方ないかなと許せました。高校時代のあの時点では、百舌は兄が好きなんだって告げたとしても八続き窪は本気にしないだろうと思いますし、そんな塩を送るような真似するのも腹が立つでしょうし。好きな人に一度だけでもって願うのも分かる気がします。なので、私の中は百舌が悪いんだという結論でした。

でも相変わらず読んだ後に残る印象は良いです。すべてが丸くおさまったハッピーエンドです。イラストも素敵でしたし、「八窪の愛人」で誤解させたのも面白かったです。

ただ、個人的には百舌が八窪にふりまわされるとかベタぼれなショートがあると、もうちょっとスッキリできたかもと思いました。

自分勝手なヤクザの攻め、真面目な受け、幼馴染の再会モノがお好きな方にお勧めだと思います。

1

ボタンの掛け違い

幼なじみで家もお隣同士、受け様は真面目な優等生、対する攻め様はいわゆる不良で
ケンカに女にと節操無し、それでもいつも一緒につるんでいる間柄。
もしも、攻め様がもう少し大人でガマンの利く性格だったなら、受け様が素直に自分の
気持ちを攻め様に伝えられていたら、受け様の弟が二人の気持ちを知りながら
間に割り込まなければ・・・そんな風に思ってしまうストーリーでした。

相手への気持ちを表に出さず、いつまでも仲良く平穏で幸せな友人同士でいたいと
思っていた受け様、しかしその終わりは受け様の弟が攻め様に抱かれた事から終わる。
いくら、受け様が好きでも身代りだったと言われても、絶対許す事が出来ない感じかな。
若かりし頃の過ちでは済まされない、身内で弟となるとどんなに年数を経ても
絶対しこりやこだわりが残る様な気がしてしまう。
そんな風に個人的に感じてしまうから、どうしても作品にのめり込む事が出来ない。

攻め様が一途で執着しているのも、受け様が昔から好きなのも解るけれど、
やっぱり弟の事があると好みの作品ではないなぁ、と思ってしまいましたね。
最終的にくっ付くけれど、や続きっぱり最後まで引っ掛かりを覚えて楽しめなかったです。

4

現在形が切実すぎて、アレ?

火崎作品にしては本が薄い、しかも中を開くと回想が多いせいか改行が多く見た目の印象が詩みたい!?
すれ違い、誤解思い込みのお話で、元ヤクザの土建業と土建業を表の顔に持つヤクザというヤクザ設定なのに、今どきヤクザじゃ食っていけないという、あらら~?なお話。
いつもの怒涛のラスト謎解き風味は薄く、最初から丸わかりでしかも設定が温く、今回は今一つに感じます。
不器用な執着攻めも、今一つ。
もう一つ主人公達のこだわりの元となる弟の存在がミソでもあるのだが、何だか肩すかしで、更にいえば、主人公達の元友人の存在も中途半端。
過去のエピソードはそれなりにいいのだが、肝心の現在がね・・・
全てが全体を通してキレがない印象を与えました。

親が借金で自殺し、そのカタにヤクザとなった八窪が主人公。
彼が表企業の土建業で高校時代に弟の事でケンカ別れした親友の百舌と再会し、
百舌に執着され、ヤクザであるがゆえの土建の仕事がうまくいかない現実を絡ませながら、彼等の思い込みとすれ違いに気がついて、結ばれるという話。

本当は八窪は百舌が好きだったのですが、弟の光が百舌を好きだと言った為に、百続き舌に襲われた時、彼が自分を「好きだ」と言ってくれなかったことから百舌と絶交してしまったという過去があります。
それがあっての再会だったのです。
百舌の激しい執着も誤解の思い込みゆえなのですが、その誤解の原因・弟の光の出し方が実にもったいないというか。
そして、今どきヤクザでやっていけないという現状が切実すぎて、転換を前々から考えていたの?
まさか曙建設がとかってわけじゃないと思うけど、それへの展開が「ええ~!?」って感じでショボかった?
何だか全体的にモニョりたくなるような現在。
過去の話はそれなりによかったのにな~
何だかツメが甘かったような気がします。
キャラの魅力もよくわかりませんでした。
今回は残念!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ