悪事再録

akuji sairoku

悪事再録
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
NINEKOKS<サークル>
ジャンル
銀魂(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
252ページ
版型
A5

あらすじ

※ 18禁
一緒に飲みに行った帰りに寄ったマダオの家で、銀さんが「キスしねぇ?」と誘い・・・。
「罪悪 ゲーム」「消えぬ悪事を百万遍・前後編」に加え描き下ろし34頁を収録した再録本。

表題作悪事再録

無職 長谷川泰三
万事屋 坂田銀時

その他の収録作品

  • 罪悪 ゲーム
  • 消えぬ悪事を百万遍 前編
  • 消えぬ悪事を百万遍 後編
  • 悪事番外 描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数1

心、鷲掴み。

九號さんの商業誌はまだ読んだことがないのですが、
しかも、銀魂も知らないのですが、
それでもこんなにも??というくらい、鷲掴みにされて、心をもっていかれてしまいました。
この同人誌、ホント凄いです・・・。

奥さんに出て行かれ別居中の、うだつのあがらないオヤジ(マダオ)に、
若者(というか、銀さんw)が恋をする、
何度も身体を繋げて快楽を共にして、互いに相手を想っている。
でも、ふたりは十分過ぎるくらい分かってもいる・・・、いつかは終わらせなければいけないと。

原作を読んでいないので、そんな捉え方しか出来ていないのですが、
(積み本を少し減らしたら、レンタルででも原作を読む予定、もっとハマりそう~!)
原作を知らなくても、九號さんの圧倒的な画力とストーリーで、凄い勢いで引き込まれました。
鉛筆画の柔らかな線が、
より裸体を生々しく、より表情を繊細にリアルに描き出しているようにも思います。
マダオが全然格好よくないのに、もの凄く魅力的なのはどうしてなんだろう・・・


こちらは再録本、
元の同人誌よりもサイズが小さくなって、描き下ろしが34ページ分続き追加されて、ケース入り。
収録されている「悪人ゲーム」「消えぬ悪事を百万遍・前後編」それぞれの後に、
九號さんのコメントが少し載っています。


では、描き下ろしについて。
「消えぬ悪事を百万遍・後編」の最後で、帰り際に銀さんが言った言葉、
「この先どっかで終わるときは・・・」
を思い出しているマダオ、あれ以来1週間会っていない・・・
そう思っているマダオの元に、銀さんが女装姿でやってくる。
その日は話しをするだけで帰って行くのが、いい。
そして、帰り際の玄関で、ちょっと伏し目がちに銀さんが言う、
「・・・明日、明日ヒマだから、また来ていい? てゆうか、来るから」
それを聞くマダオが、間抜けな表情で顔を真っ赤にしているのが、とてもいい。

約束の明日は、
のっけからヤっているふたり、そして事後、布団の上で裸のまま今度は言葉を交わす。
「銀さん、俺なんかのどこがいいの」
その答えを言いながら、聞きながら、現実がチラつきつつも再び身体を繋げるふたり。
自分の下で身体を開く銀さんを見て、
終わらせる自信なんて無えよ・・・・・・切ない顔でそんなことを思うマダオ。
そんなマダオの顔を両手で挟んで引き寄せて、
銀さんは遂に言ってしまう・・・
“ あんたに言えない言葉がたくさんあるよ ”
ずっとそう思っていたのに、
言えないはずのその短い一言を、マダオの耳元で囁く・・・それはまるで終わりの合図・・・・・・


切なすぎるくらいもの凄く切ないのに、
爽やかで自然な銀さんの笑顔で締めくくられる、この本。
本当に本当に・・・、素晴らしすぎます。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ