繊細な心理描写と会話劇で独時の世界観を創りだす歩田川和果、待望の最新作!

大きなサボテンの木の下で

大きなサボテンの木の下で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×29
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
10
得点
89
評価数
26件
平均
3.6 / 5
神率
30.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
廣済堂出版
シリーズ
Hugコミックス(ハグコミックス・廣済堂出版)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784331901120

あらすじ

二股三股は当たり前、いろいろな相手と付き合っては別れるという日々を繰り返す元恋人の陽生。
そんな陽生を別れた後も想い続ける主人公・巧。
恋人ではなく、友人として――9年9ヶ月の間、二人はそんな関係を続けてきた。
食べられる側と食べる側――長い歴史の中、ガラパゴスで独自の進化を遂げ合うサボテンとイグアナのように、
10年近い歳月の中で新たな関係を模索しあう二人。果たしてその行き着く先は……。

表題作大きなサボテンの木の下で

縫製手芸用品の問屋でバイト 本田巧 28歳
一部上場企業勤務 陽生 30歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

受けがとてもずるい話。

歩田川さんの話は、淡々とした空気と短編映画のような会話が好きです。
この話もそういう話ではあるのですが………う、うーん。
評価にとても迷う話ですね。
昔、初めて付き合った相手と一ヶ月で別れて(その別れ方もかなり微妙)それでもだらだら友人として付き合っている攻め。
友人なのに、セックスはする。
そもそもこれって友人じゃないんじゃ(汗)
基本、攻めは受けが何股かけても「仕方ない」と諦めている感じ。でも見捨てない。やはり好きなまま。でも友達。

とてもずるい話だなあと思います。
同時に何人と付き合って、合わないからすぐ別れても攻めがいてくれるという安心感がある受けがとてつもなくずるい!
攻めだけが特別、ずっと攻めが好き。
何股もかけてる人に云われても説得力ないですよね。
攻めと付き合いたいなら全員切って、今後一切同時進行で人と付き合うな!と云いたくなりますが、攻めが幸せならばいいのかなあ。
何となく、DV男と離れられない女みたいでもやもやします。

それでも読ませるお話なのですごいなあと思いつつ、「中立」よりの「萌」で。

1

長い時間をかけて

この作者様の著作を読むのは3冊目なのですが、長いブランクがある作品が多いです。好きだけど、待ってくれ。付き合っていたけど、別れてしまった。今回もそんな話です。

最終話で巧(受け)の友人である浅井が言っていた「上手に調教したよね、十年かけて」がすべてだと思います。
好きな人には自分だけを見てもらいたい、いわゆる普通の感性を持つ巧を、浮気をやめることができない陽生が、10年かけて自分の傍にいてもらうようにしたように感じました。
ある意味、巧以上に陽生が一途だったのでは。最後まで読んでから、すぐに最初から読み直したら、陽生がどんな気持ちで巧にこんなセリフを言っていたんだろうと推測すると、ちょっと切なくなりました。でも浮気はするんだけど。そこはダメだと思うのですが、巧が良いならまぁ仕方ないし、たぶん20年よりもっと早く浮気しなくなりそうな気がしてます。なんとなく。今は浮かれていて増えてるようですが。

表紙&扉絵が可愛かったです。扉絵を1話から5話まで続けて見ると、またひとしおです。

2

最強ビッチ此処に現る!?

受けがビッチと聞いて手に取った作品。
まさにビッチ。
節操なし。
次々に男を取っ替え引っ替え、反省もなし、むしろ開き直ってる。
こんなビッチ今まで見たことない。
ある意味最強(苦笑)
受けは基本的に明るいけど心は病んでると思う。
でも全然そんな背景もなくて薄っぺらい(苦笑)
そしてビッチなのにエロシーンがあまりないのが残念でたまらない!!

どうして攻めはそんな受けが好きなのか。
やはり相当ドMなのか(苦笑)
心広すぎだろ・・・
私には浮気性の人と付き合うのは無理だ。。。

攻めは受けと最終的に付き合うけど、浮気公認、何股してもOKな状態。
それじゃぁ友達(セフレ)の頃とも同じだよね!?
じゃぁ何のために付き合ってるの!?
理解できな~い!!
ってことでこの評価になりました。
私はビッチは好きだけど行き過ぎると地雷みたいです(^_^;)
ビッチが真面目に付き合うようになるのが好きなのかも知れません。

あと吹き出しの先の部分が長くて!?
何か独特で気になりましたね・・・初めて見ました。
あと脇に手書きで色々書いてあるから
吹き出しにす続きれば良いのになぁと思ったり。

キャラは個人的に眼鏡君のボディペイント癖?が気になった(笑)
このプレイ、見たことないから面白そう・・・なんて(笑)

3

ガラパゴスとBLの融合

陽生さんと巧が織りなす、脈絡なく、非常にのんびりとした雰囲気のなかにこちらが溶け込んでゆくような一冊です。
頭っからイグアナとサボテンのお話で、これが一体BLのストーリーにどう絡んでゆくのだろう? と不思議な気持ちになります。(たぶんそれは、聞かされている巧も同じようなことを思っているのではないかなぁ・笑)おそらく、そうして聞かされるがままの巧、という存在を強調しているワンシーンですよね。この時からすでに私は歩田川先生の術中でございます。

巧は、好きだから独り占めしたいというタイプではなくて、自分が陽生を好きなだけで陽生の自由は自由、とするタイプなんだろうなと感じました。
同じだけの好意を返してほしいとか、それなりの誠実さを求めるというのはなくて、ただ自分が陽生を好きなだけ。だから、今でも好きでいられるんだろうな。(当たり前に傷ついたりもしているけれど、今なお好きで離れないでいるのですから)
そこに混ざる潜在的なM気質(まさしく浅井が言うように……)もあって、股がけを許せるというか驚きだけで済ませられるというか、怒りよりも呆然とするだけになるのでしょう。いやたしかに陽生さん続きも、しれっとしているからですけれども(笑)
陽生さんが巧を突き放せばいいのでしょうが、それもまたしないわけで。はたから見ていると飼い殺しの状態ですが、きちんとすることはしているんですからそれなりの満足感もあるのかな。当人は幸せと言うか、不幸せを感じているようでもないけど、やっぱり読者の気持ちとしてはなんとなく浅井の言う「楽しい恋愛しろよ」が分かるのですよね。浅井は変な性癖を持っていますが、恋愛的思考は非常にノーマルだと思います。

私なりに、冒頭陽生さんの質問である彼の「一番の魅力」を考えてみました。
正直、巧の言うようなあたたかさとなどは分かりかねるのですが、飄々とした捉えどころのない手の中に収めきれない人、というのが魅力なんじゃないかなぁと感じます。突飛な一面を持っているところが<フツウ>ではないからイイのでしょう。
巧の想像や予想を超えて、把握しきれない陽生さんの気持ち。陽生自身はそんなつもりないのでしょう。あとがきで先生が仰っていたヘタレ攻めはまさに巧のことですが、むしろ甲斐性受けというより甲斐性攻めなような気もします……ある意味でひとり二役!(笑)
浮気でふらふらな男、陽生さんはそんなのではなく、謎だから謎で謎すぎて知らないところで別の誰かがいる、な人ですね。
幸いと言うか、わざとでしょうが巧には全部見せているからこちらも知れましたが、現在陽生さんと付き合っているなかでショックを受ける人はほかにもいるのだろうなぁ。でもこれくらい開き直っていると、清々しいから不思議です。

この、淡々と進んでゆくふたりの10年越しの世界に溶け込みながら、3話での見開きの巧には胸がぎゅっとなりました。歩田川先生のモノローグはシンプルでストレートだから、こちらの心にダイレクトで届きます。持っていかれちゃうんですよね。好きです。
ベッドシーンはかなり薄く、そしてむしろ絡みシーンはいちゃ…いちゃ?程度ですしなにより受けの陽生さんは浮気モノ(更に10年は続く見込み)ですから、ハッピー?なの?と着地を迷いつつも巧が幸せそうなので私はホッとしています。相変わらず気持ちは浅井にシンクロしているのですがね、でもいいみたい。表紙の感じなのだろうな。

もしかしたらゆくゆくは、イグアナ飼っちゃうんじゃないかな~と思っています。のそのそ動く子が、ある日突然現れたりして。
どこか生活感を覚えるふたりのお話でした。

4

立て続けに読むんじゃなかった…

この本を読む前に「チョコストロベリー バニラ 」を読んでイライラしてたところに
またこれ浮気男ときたかーっ!!(><)
表紙はラブラブだったのに、あらすじチェックしてから読めば良かったよ…

はい、浮気男です。
とっかえひっかえ、二股三股それ以上と
次から次へと相手を変える男・陽生。
その友達として10年間傍にいる巧 。
だけど2人は10年前に1か月だけ付き合ったことがあり…

ですがそれは陽生が三股をかけていたということで終了。
まさかそんなことで別れられるとは思っていなかったとほざく始末に、ちょっとイラッ。
でもまだこっちの方が許せるのは、巧を他の男と共有しなかったところ。
それにちゃんと巧に対しての愛が解る。

こちらも巧の健気さと言いましょうか、好きだから離れられない気持ち。
陽生と再び付き合いだして幸せを感じてるから良しとしよう。

どちらにしろ攻めは最低な男には間違いないんですがね(^^;)

4

roseーlily

カイさま

す、スイマセン☆
コメント読んでいたら面白くて、またしても勝手に癒されてしまいました~(>_<)
昔飲み友に散々「男ってのはなぁ!」と説得されたからかも?
ちょっと洗脳されてる気がします…ムムッ(- -;)
実際に浮気されたら、私なら「ハイ、さよらな」です☆
巧はほんと、偉いなぁ。
しかし、変態の浅井方がマシ!
確かに~!!同感ですw
とにかく、どのキャラもクセがあって面白いですね。
私もガラパゴスに行って、手紙を書いてみたいです!
…ファンレターじゃダメかしら?

ラブラブ甘々、何か良いの見つかるといいですね?!
私も酷い男をみつけたら、是非カイさまへ報告したいと思いましたww

rose-lilyでした

カイ

roseーlilyさま

こんばんわ~(^^)
そうなんですよ、ちょっと立て続けに読むんじゃなかったです。
私の場合、気が付けば受けキャラに感情移入してる時の方が多くて…
(もしくは受けの身近にいる第三者として感情移入)
だからこんな男やめちゃえよーっ(><)と思ってしまうのです。

お話としてはイグアナが可愛かったり癒される部分もあったのですが
付き合っても習慣で浮気はするってどうなん?
1番に好きなら何してもええんかい?!もう帰って来なくてよろし!!
と、また腹が立ち(笑)
変態だけど浅井の方が、ましじゃない?みたいな。
でもストーリーとしては嫌いじゃないんですよね~っ。
roseーlilyさまのように攻めに感情移入してたら、
また違うレビューになってたと思います(^^;)
でも受けにしちゃったからねvv

今度は甘ったるいくらいのラブラブ読みます!
でも何読もう…(^^;)浮かばない…
まさか次でも撃沈とか…?!
もしそうなったらroseーlilyさまに愚痴りますよっ(笑)
「またこんな最低な男がいたんだよ~っ」つてね

roseーlily

カイさま

こんばんは!
レビュー読んで、思わず笑ってしまいました!
どうもスイマセン☆
歪んだ愛の男とか、浮気しまくる男とか。
ラブラブ読みまくった合間に読めば新鮮なんですが、連続読みしたらキツイわぁ!
他人事だから、男ってそうよね~、なんて言えますが。
もしも自分にふりかかったら、怒り心頭ですもんww
どうぞ次は、ラブラブ読みまくってくださいませ!
私は勝手にカイさまのレビューに癒されて、思わずコメントしてしまいました(^-^)v
大変失礼いたしました~☆

rose-lilyでした

とても必要で大切な10年間

イグアナとサボテンとガラパゴス諸島かぁ、昔そんな番組見たなぁ。
なんて思いながら読みました。
内容も、ガラパゴス話も、彼等の会話のキャッチボールも非常に面白いです!


あらすじは。

10年前、同じバイト先で知り合った同じ大学の先輩(陽生)と後輩(巧)の二人。
一ヵ月だけ付き合い、陽生の三股浮気がバレた末、別れた二人。
巧にとって陽生は、はじめての恋人だった。
浮気が当たり前で悪びれない陽生と。
浮気?え?何?と「?」だらけのピュアな巧。

あれからもうすぐ10年。
相変わらず、常に複数と付き合う陽生と。
何故か職場に恵まれず恋愛どころではない巧。
陽生と巧は元恋人だった友達として、何となく月に一度は会っている。
巧に恋人がいない時には、たまにHもする。
そんな不思議な関係が続いている。

五年前にゲイバーで知り合って、巧をずっと口説き続ける浅井。
巧と浅井も、友達のような関係が続いている。
浅井と陽生は昔なじみで、巧の行動は二人の間で筒抜けだったりする。
あるゲイパーティーで、浅井は陽生に対して「巧の男は俺が選ぶ」と言って聞かず…。
続き

陽生の思考回路がとても面白い!
何でイグアナとサボテン好き?
あ、そうか…!
と色々府に落ちる瞬間がありました。
巧は可愛いね!
オヤジキラーなのも頷ける。
そしてその吸収力と消化力が素晴らしい!
まあ、10年かかりましたが。
陽生の方も色々と10年必要だったのでしょうから。
二人には無くてはならない、大切な10年でした。

男が浮気するのは、百歩譲って仕方ないとして。
でも、浮気しているところ等を見せるのはルール違反、と私は思うのです。
街中やパーティーでの巧がツラい。
浅井から聞かされる情報、これもツラい☆
大変な人、好きになってしまったんやね。
心の中で「頑張れ巧!」と応援。

その一方で、陽生にも色々と応援したい気持ちでいっぱいでした。
陽生は怖がりでさみしがり屋なんでしょうね。
実は自信がないのでは?とも思います。
だから、彼にとって浮気は、いろんな意味での確認作業なのでは?と。
巧がまたやきもちを妬いてくれるかな、とか。
やっぱり巧が一番だな、とか。
気持ちは完全に巧だけに向けられているけれど。
もしも巧にフラレた時の、逃げ場確保でもあるのかな?
とも感じました。
個人的には、巧よりも陽生にかなり感情移入してしまいました。

二人の気持ちがお互いに、そして読者に、少しずつ解き放たれていく様子が素晴らしかったな!!
とても緩やかで、面白いお話でした。

5

浮気しまくる男、は愛せますか?

昨日、歩田川さんの既刊本「チョークの橋」を読んで、
うわ、すごい好き!!と思って、
勢いで新刊も買ってみましたが…コチラの本はどうにもダメでした…(/_;)

歩田川さんの絵が好きかどうか、
そして、
読者に、浮気男を愛する包容力があるかどうか、
それがこの本を楽しめるかの鍵になるように思います。


10年前に1ヶ月だけ、大学時代に付き合ったことのある間柄のふたり。
純朴な攻め(イグアナ似w)と、2歳年上の性に自由奔放な受け。
そのお付き合いした1ヶ月で、攻めは童貞を卒業。
でもその1ヶ月の間に、
三股をかけられて、受けが他の男とセックスをしている真っ最中の姿も見てしまう。
すごく傷ついて、純朴な攻めはそれがトラウマに…

10年後、ふたりは友達関係に落ち着いている。
友達として、ときどきセックスもする。
相変らず受けは奔放で、いつも誰かと付き合っては別れて~の繰り返し。
浮気も二股三股も当たり前。
でも攻めは、そんな受けのとこが、まだ、好き…

年下の攻めの一途な想いが、本からひしひしと伝わってきます。
静かに静かに心を揺らしながら、続き受けを想って、
想い人が他の男に抱かれていることに傷つきながらも、
笑顔で「好き」の気持ちを大事にしている。

そんな攻めに、その想い人の受けが、
「好きなのはおまえだけだ、もう一度付き合いたい」と告げる。
でも、浮気はする、と。
「浮気は浮気だ、本気じゃない」と…。


独特な絵と、
イグアナとサボテンの攻防を絡めて、ふたりの関係性が変化していく様子の描き方は、
一作品としてとても素晴らしいと思いました。
ですが個人的には、
読み終わって同時に強く感じたのは、とても不快な気持ちでもありました。


自分を受け入れて好きでいてくれる、揺るぎない場所として、
受けも攻めがとても大事で「誰よりも好き」の言葉に嘘はないのでしょう。
でも、
好きって、自分も相手のために努力することじゃないのかな?
他の男に抱かれた体で戻って来て、
攻めの寝ているベッドに潜り込む…それが誠意、とはちょっと思えなかったな。

きっとお互いの気持ちを確認した分、
今までより幸せで、楽になった部分もあるのだろうけど、
それでも攻めの子が最後に言った言葉に、
やっぱり内心はそうなんだよな……と心が痛みました。

受けもそのうち変わるのかもしれないけれど、
それは攻めの子がどれだけ笑顔で闘って、傷ついた後のことなんだろう……

8

悟りました

この方の作品にお付き合いする事五冊目にして
評者はようやっと悟りました。
この方が描いてみたいのは男の可愛げなんじゃないかと。
で、それがなんて通じ難いかと言うと…毎度毎度の帯を
ポンと放り出されたんじゃいきなりは戸惑いますって。
この本の帯から話をスルッと見通せる人がいたら間違いなく
カミホトケでしょうね。
そうでなくとも『サボテン・イグアナ・ガラパゴス』の
三題話をどう解きゃいいんだとハラハラしつつ読んでる訳ですから。

でも、後味は悪くないです。
むしろ今までの作品の中では一番すっきりした味わいかも知れない。
残念ながら甘さに関しては保証しかねますが。

7

葡萄瓜

オリンピッコさん、初めまして。
歩田川さんの作品は何時も絶妙に何かがずらされているので
パターン分類が中々出来ませんね。
そしてそこが魅力なのですよね。

待つひと、と、受けいれるひと。

二股三股は当たり前な元恋人の陽生
そんな陽生を別れた後も想い続ける巧

恋人ではなく友人として、十年の間、二人はそんな関係を続けてきた。





 好きな人がいます 

 昔 恋人だった人で
 今は恋人ではないけれど
 付き合いは続いています

 一緒にいると楽しいです

 顔を見ると嬉しいです

 恋人ではないけれど





浮気されたことにショックを受けながらも、
それを受けいれる巧。


別れた後も、少しずつ巧の人生を絡め取っていく陽生。


陽生を受けいれつつ、諦めている巧。


身体の関係を続けながら、友人として、先輩として、そして元恋人として、
巧を特別扱いする陽生。





 別れる?

 俺は 別れたくないんだけど


 一生


 別れたくないんだけど





十年の歳月の中で、関係を模索しあうふたり
果たして、一番執念深いのは、

5

『サボテンステーキ』は不味かった事を唐突に思い出した

サボテンを食すイグアナはお好きですか?
ポイントはイグアナなのでとても大事なんです。
最初に地上の楽園・ガラパゴス諸島にいるイグアナのことについて、男が訥々と語るシーンが出てきます。
サボテンを食すイグアナとそのイグアナに食されないように進化し続けるサボテンの闘いの歴史。(ハイブリッドイグアナ!)
歩田川和果の繊細な絵と会話で話を徐々に盛りに盛り上げていき、最後ビシッと落とす。
関連性の上手さに唸った。
この本を読んだ感想を1文で簡単に表現しますと、

萌え萌えイグアナに萌え萌えを奪われてしまったーーーーーっ!!

です。
まるごと1冊楽しめました。
攻めがどんどんイグアナに似てくるから不思議。
愛らしくて愛らしくて受けじゃなくても攻めをギュッと抱きしめてあげたくなりました。
受けの浮気癖を許せるかどうかが萌えの分かれ道でしょう。

※サボテンは不味かったです。アロエ好きな人は好きかもしれない。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ