影の館

影の館
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
19
評価数
5件
平均
4 / 5
神率
60%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥388(税抜)  ¥419(税込)
ISBN
9784044342043

あらすじ

天使長ルシファーと力天使の大君主ミカエル。二人は揺ぎない友情で結ばれていたはずだった。ミカエルが自分の・影・としてルシファーを選ばなければ。至高の愛、異色のロマネスク!!

表題作影の館

神の闘士・大天使ミカエル
天使長・ルシファー

評価・レビューする

レビュー投稿数2

愛に勝る狂気はない

天使・天界(天上界)ファンタジーです。
1983年に小説JUNEで発表された古い作品ですが。
今読んでも充分、萌えるし面白いです。

天使達は、個々に自分の光子をエナジーとして発酵させる
「影」を持つことができる。「影」は己より格下の者から好みの者を選び、
自分の器であるという烙印をその身体に刻む。
そして「影」は主である天使と肉体的に交わることによってのみ、
光子を吸収する。…………なんという萌え設定でしょう!

本来なら自分より格下の者を「影」とするのですが。
天上界に燦然と光り輝く天使長ルシファーを、
激情のまま力尽くで自分の「影」にしてしまった大天使ミカエル。

ゆるぎない信頼と友情で結ばれ、
天上界の熱い羨望を集めてきた二人の関係の変化。
神を敵に回してもルシファーが欲しいというミカエルの執着と狂気に近い愛は、
読んでいて胸が詰まって、息苦しくなります(褒め言葉です)。
ちなみにこのミカエルは名作「間の楔」のイアソンの原形だそうで…納得。

影として淫らに変化する身体に嫌悪しつつ、
自分を「影」という存在に落としめたミカエルを、心底憎続きめない。
そして神とミカエルの間で精神を引き裂かれそうなルシファー。

神・ルシファー・ミカエルのピリピリとした三角関係。
愛憎と葛藤の渦巻く「影の館」が神の光で引き裂かれるという
悲劇的展開が、これぞ「JUNE」だ!と感じさせられます。

2

世界観が…

どうにも世界観に酔えなかった。
登場人(?)物が、天使です。
ガブリエルとかルシファーとかミカエルとか、どっかで聞いたことある名前がいっぱい。
彼らがセックスするんですが、どうも笑けてきちゃうんですよ、私。
二つの宝珠ってキンタ〇かしら?花芯がチン〇なら秘肛はアナルで…秘肛から注がれる光波ってなんだ?精液は精気だよねぇ…なら光波とは…聖液とは…うーむ…いろんな液体があるんやなァ…。
そのままニュアンスで楽しめばいいのに、耽美な世界を穢す私の脳ミソが憎いです。
ただ、10代のなかばぐらいのころにこの作品に出会ってたら、全文章を音読したほど酔ったかもしれないなァとは思った。
良くも悪くも、作者の耽美への情熱を感じました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ