清芽に近づく、癒し系の天才霊能力者が登場! ? 若き退魔師たちが怨霊退治に挑む、本格BLホラーシリーズ第3弾!

守護者がつむぐ輪廻の鎖 守護者がめざめる逢魔が時3

shugosha ga tsumugu rinne no kusari

守護者がつむぐ輪廻の鎖 守護者がめざめる逢魔が時3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
53
評価数
13件
平均
4.1 / 5
神率
38.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784199007590

あらすじ

夏休みを利用して、清芽の実家の神社を訪れた、恋人の凱斗をはじめとする霊能力者たち一行。
清芽を守護する「加護」の正体を探るためだ。
ところがその町で、霊障と思われる怪事件が発生!! 現場に出向いた清芽たちがそこで出会ったのは、協会には属さないというフリーの霊能者だった。
着物を着こなした美貌の青年は、力ずくで悪霊を薙ぎ払う、破格の能力の持ち主。しかも、清芽に「会いたかった」と謎の言葉を投げかけて…!?

清芽を守る、「加護」の正体を探りたい――。
手掛かりを得るため、実家の御影神社を訪れた、恋人の凱斗とその一行。
けれど、清芽を独占できない弟の明良は、機嫌が悪い。
そんな時、近くの廃屋で霊現象が発生!!駆けつけた現場で出会ったのは、明良と同格の霊能力を誇る美貌の青年・月夜野だった。
彼はなぜか「清芽に会わせてほしい」と懇願して!?
因縁は巡り、清芽の秘密が今、解かれ始める!!

表題作守護者がつむぐ輪廻の鎖 守護者がめざめる逢魔が時3

二荒凱斗, 霊能力者(他人の霊能力をコピーする力)
葉室清芽, 御影神社長子・身を守る加護がついている

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ここで続くんですか!?

今月4巻が発売されるので、1巻から再読しています。BL+ホラーで、夏にピッタリなシリーズの3巻になります。前作の2冊は、シリーズと言っても1冊ずつ完結してたのに、今回はとっても気になるところで終わっててヤキモキさせられます。
3巻は、新キャラが登場して清芽の『守護』の理由が少し見えてくる、先祖たちの因縁が絡む心霊事件です。

今回はホラーとしても怖かったけど、悪霊になってしまった女性の運命が悲しかったです。そのために、その悪霊との戦いだけで人生を終えてきた月夜野一族の人達も。
そして、清芽たちの先祖が、その女性や月夜野家とも交流のあったことが判明して、清芽の残酷な運命へと繋がるのでした。
それでも、『守護』の力を使って、呪われた月夜野を助けようと決める清芽。
だけど、凱斗は清芽を守りたくて、清芽に黙って行動するのです。
そして、起こった悲劇に、清芽が可哀想で胸が痛かったです。どうして一人で突っ走るのか、イライラしてしまいました。もう少し、清芽を信じてほしかったです。2人の関係は強くなってるようで、すぐに脆くなっちゃうのでハラハラします。
そして、悪霊となった女性の胎児は続き今どうなっているのか、凱斗はどこにいたのか、知りたい気持ちを我慢しながら4巻の発売を待ちたいと思います。

2

ホラー色の強いBL

今までいろんなBLを読んできましたが、ホラーサスペンスのBLって案外少なく、気がつけば3巻目も購入してしまいましたw
この巻は、清牙の「加護」の正体と、清牙の実家の神社で過去に何が起きていたのか・・・というのが概ねの内容です。
とにかく、怖いのが苦手な方は夜ひとりで読むには勇気がいりますww
「住んだ住人が全員死ぬ」といういわくつきのアパートの話とか怖かったですもん!

しかし、BLを抜きにしても話の内容的には面白かったです。ちなみに今回清牙と凱斗のムフフなシーンはありません(キスあり)

4巻目も出るそうなので期待しています

1

ホラーBLが大好きです。

ホラーが大好きなので、このシリーズの巻を重ねるごとに怪談らしさを帯びてくる感じがたまりません。
創作怪談にありがちな「死んだ人間の体験談」も好きなので特にこの最新刊は楽しめました。
(ただし、このシリーズが「怖いか?」というとそれ程怖くないので、「なんちゃってホラー」が大丈夫な方向け)

ホラーBLとしてはとても面白い作品だと思います。
しかし、BL的な面では個人的に萌えられませんでした。

まず、メインカップルの二人。特に攻は影が薄いです。受を好いていることはよく分かるんですが、余り魅力を感じられませんでした。
二人ともイチャつきはするんですがあまりにも場を考えない様子に「大丈夫なんだろうか」とツッコムことが多々。幽霊屋敷で、他人の前で、実家でイチャついているので、特に幽霊屋敷では萌えるより先に呆れてしまった方もいるようです。

次に、脇役のキャラクターたちが魅力的でメインカップルが更に薄く…。
一巻にて悩みを抱えていたタレント霊能者、若いながらも抜きん出た才能を持つ中学生コンビ、そしてブラコンを拗らせた業界では名の知れた霊能者である主人公(受)の弟。
この巻続きでは月夜野という絶世の美貌の持ち主である青年も登場していますが、彼もまた濃ゆいキャラクターです。

最後に、メインカップルとブラコン弟が毎回繰り返しているように見えるやりとりについてです。
あらすじにある通り、主人公である受は零感である代わりに「加護」という「あらゆる霊的な干渉を受けない」という不思議な力によって守られています。毎回この「加護」はお話の鍵となるのですが、これとこの受を巡って毎回行われるやりとりに辟易しています。
受は霊的な世界に片足を突っ込んだばかりで、そんな受を溺愛する攻や弟がヒヤヒヤするのは分かるのですが、二人とも受への信用がありません。受は初心者(?)なりに奮闘し考えているにも関わらず、やれ危ないだの俺が守るだのお前はさがってろだの喧しいです。毎回まいかい霊的な世界や「加護」から受を遠ざけんとする二人は受に叱咤説教をかまされ、お前には敵わんだのひとの気も知らないでだの言って落ち着いたかと思えば、次の巻ではまた一人突っ走ってます。巻ごとに「そんなこと考えてたなんて…」「俺にも言えよ水臭い!」と不安がる受に同情しか覚えません。
「加護」の正体について調べるのも大事なんでしょうが、彼らに必要なのは何よりも互いに腹をわって話し合うことです。特に年長者である攻はそうしなければならないだろうに毎回突っ走っては受を悩ませています。受を不安がらせたくないんでしょうが完全に逆効果。


攻と弟はいつになれば落ち着いてくれるのか、受の心の安穏ははやいところ訪れないのか、脇役キャラクターの出番はもっと増えてくれないのか…。
色々と思うことはあるのですが、とりあえずホラーBLがもっと増えることを願って次巻を待つことにしたいと思います。

2

加護の正体とは


「守護者がめざめる逢魔が時」シリーズ第3段。

今回は、「住んだ人間が全員死んでいる」という、非常にいわくのあるアパートの一室から物語が始まります・・。

前回の事件から、清芽はあらゆる霊的干渉から自分を守ってくれる「加護」を自由に使いこなせるようになりたいと思う一方で、
逆に凱斗は「加護」は諸刃の剣であり、いつか清芽を食い潰すのではないかと心配し、加護の正体を見付ける為、清芽の実家である御影神社の歴史を探っていきます。
そこで見付けたのが、「二人の巫女」というキーワード。
神社建立の際の憑代に巫女が二人関わっていたはずなのに、何故か無かったことにされていることに凱斗は疑問を感じてこれを調べていこうとしますが、このワードを口に出しただけで色々な異変が起こっていきます。

今回はシリーズ1からの謎である、なぜ「清芽の魂は悪霊に狙われやすいのか」、また「どうしてその身に神格に近い加護がついているのか」が、冒頭に書いたアパートの事件などと絡み合いながら少しづつ解き明かされていきます。
とは言っても、この刊はこの因縁の始まりとそれが生んできた呪いの全貌の説明にほぼ終始し続きており、物語の前半といった感じで、肝心の解決部分は次刊に続きます。
神奈木先生は相変わらずストーリーの組み立て方が上手く、一気にサラーと読めちゃいますが、解決しないまま次刊に持ち越しなので、ちょっと消化不良で終わるのが残念。


また今刊から参加の新キャラ「月夜野」は、明良のかけた呪を破ってしまう程の高い霊能力者であり、尚且つ清芽が思わず見惚れる程の美貌の持ち主という、何ともウマイ設定。
本編を読む前に内容紹介だけ見て、もしかしたらこの月夜野も清芽を巡る凱斗と明良の三角関係に割り込むのか、もしくは明良のお相手になるのかなぁなーんて思ってましたが、彼は「二人の巫女」が産み出した因縁に絡む当事者で、今のところ恋愛とは全くのノータッチ。
そもそも、このシリーズ通してですが、今刊は特に恋愛色が薄く、唯一の萌えるポイントはブラコン明良の活躍でしょうか・・

凱斗も清芽を十分に想っているのは分かるけれど、どうも優等生キャラと言うか、特に今回は作者自ら「影が薄い」と言われるくらい、あまり清芽と絡めず。
一方、明良は清芽への想いに苦しんだり、凱斗に嫉妬しつつも、ここぞという時には体を張って清芽を呪詛から守ります。
(いや、、凱斗もそれこそ命がけで清芽を守ってはいるんですが、どうもインパクトは明良の方が強く感じるのは私の気のせいかな。。)
そんな感じなので、明良ファンの方は今刊も結構楽しめるかも。私もこのままだと凱斗より明良を応援したくなるので、次刊の凱斗の活躍に期待して、レビューの締めとします~

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ