シークレットルール

secret rule

シークレットルール
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
56
評価数
15件
平均
3.8 / 5
神率
26.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344831940

あらすじ

勤めていた会社を買収された秘書の樹生は、傲慢な新社長・菅波の下で働くことになるが、菅波の要求は身体にまで及んできて…。

表題作シークレットルール

菅波隆広、社長
桜井樹生、秘書、28才

その他の収録作品

  • シークレットDays(描き下ろし番外編)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

王道リーマン

主人公、受けの桜井樹生は会社の秘書。
長期休暇が終わり、社長室に訪れると、
そこにいるのはいままでの加賀社長ではなく、
会社が買収され、菅波隆広(攻め)が新社長になっていた。
そして菅波社長の秘書になる。(脅された)
さらに体の要求もされて、しぶしぶ・・・
というお話です。

絵はきれいで、デフォルメな絵もかわいかったです。
ただ、少し絵が固い?のように感じで、ちょっと違和感を感じた時もありました。

王道リーマンな話で、さっぱり読むことができました。

0

絵はきれい

絵はきれいで、好きなタイプなので、つい、買ってみたけど、
もっとしっかりと、あらすじをチェックしておいた方がよかったな。
やっぱり「傲慢社長」は、私にとっての危険ワードで、この、菅波みたいな攻めは苦手でした。

パワハラレイプで始まった関係に、嫌々ながらも屈した樹生だったが、いつしか菅波を、、、
それは、菅波の傲慢な行為の中からかいま見えるものに、何かを感じ取っていたから。

何で菅波が樹生にこだわったかとか、会社買収のいきさつとか、ちゃんとネタは回収されていて、ストーリーとしては確かに良くできている王道もので、作品としては全然いいんだけど、このパターンのお話はやっぱり好みじゃなかった。
そして、セックスの時に服を着たままの攻めは嫌いなんだなと、再確認。

0

ギャップがかわいい

表紙に惹かれて買った一冊。訳有り社長とその秘書の恋のお話。

はじめ読んでいて、なんとも言えないいきなり展開で驚きつつも読みすすめると案外まとまっていて、面白かったです。
王道といえば、王道。でもきちんと話が進んでいって、私は好きな一冊ですね。

会社の秘書として働いていた樹生は、勤めていた会社を買収され、あまり良い印象を抱いてない新社長菅波のもとで働くことになる。拒否る樹生ですが、前社長の生活の保障ががかっていると脅され、しぶしぶ秘書となることを決意。しかし、我が儘やりたい放題の菅波に樹生は振り回されっぱなし。ついには「社長の性欲処理も秘書の仕事のうち」と身体の関係までを求められる。でも、少しずつ菅波に惹かれていく樹生は…………?好きなだけでは上手くいかない、そんな大人の恋のお話です。

普段はツンケンしていて社長につっかかっていく樹生ですが、えちシーンになるとすごい色気を出すんですよね。そして両想いになった途端、素直になり、菅波を煽りますwwwほんとそのギャップが可愛いです!

オフィスものがお好きな方に、そして受けのギャップを求める方におすすめの一冊かな!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ