双子の秘蜜

futago no himitsu

双子の秘蜜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
3
得点
40
評価数
17件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥570(税抜)  ¥616(税込)
ISBN
9784199007675

あらすじ

都会の片隅に佇むノスタルジックな喫茶店──。
店主の壱也の前に現れたのは、スーツが似合う一級建築士・藍川徹だ。
「外観に惹かれたけれど、──内側はもっと素敵だ」
気に入って足繁く通ってくる徹に、次第に心惹かれていた矢先、徹と瓜二つだけど正反対の色香を纏う男が現れた!!
野性的で眼光鋭い双子の弟・猛は、混乱する壱也に「俺のほうがあんたを可愛がってやれる」と告げてきて!?

表題作双子の秘蜜

藍川徹、建築士、双子の兄/藍川猛、探偵、双子の弟
久我原壱也、27歳、喫茶店「青井」の店長

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

どちらもイイ男です

双子との3Pモノです。喫茶店のマスターの壱也を、一級建築士の徹と探偵業の猛が取り合うお話です。

この双子たちがどちらもカッコ良くて、それぞれの性格も好みで、どちらもイイ男だな~と思って読んでしまいました(笑)。どちらかを選ぶ結末は嫌いなので、3人一緒を選んだ壱也の答えに嬉しくもなりました。ただ、徹のサディスティックさに引かないでもなかったけど…。でも、徹よりも比べものにならないくらい酷い男だった壱也の元彼の存在で、そんなに気にならなかったです。
2人とも壱也を大切にして(徹は違う意味だったみたいだけど)なかなかエッチを最後までしない紳士的なのは良かったけど、3Pが1回だけだったのが残念です(愛のある3Pが好きなので)。あと、初めての3人での行為で、あれはいらなかったかな~と感じました。
だけど、何はともあれ、幸せそうな3人の関係に萌えました。

1

隣人関係は大切に((d(・ω・`)

表紙の二人の視線の先を思うとニヤニヤが止まらない(๑¯ω¯๑)
そして黒いベッドカバーに白い液体が飛び散っている口絵にもバンザイ三唱。

犯人の予想は容易。(やっぱお前か!的な)
それにしても元カレの幼稚さ…小学生以下か!ヾ(*`Д´*)ノ"

写真撮影・動画撮影・電話H・二輪挿し有り。
インテリS攻めとワイルド優しい攻めから愛されてます。
Sといってもなんかピアスつけたいとか言ってる割には2人とも壱也の気持ちが追いつくまでは最後まですらしない派なのですよ!
なのでそこまで読んでてヒィィィィってさせられることはなくさらっと読める感じかな?
あ、でもでも“最初の男になるより最後の男になりたい”というのはなんか徹の歪んだ執着が垣間見える感じで(・∀・)ニヤニヤ。

因みに壱也の誕生日3月9日(うお座・O型)、徹(B型)&猛(B型)の誕生日は10月15日(天秤座)だそうなー。
…思わずネットの血液型・星座占いで遊んでみちゃいました。
中々に楽しいwww

さて…読んでいて「?!」となったことが1つ。
壱也の両親についての記述です。
93ページでは「両親は仕続き事でずっと海外在住、年1回会う程度」
→ふむふむ、2人揃って凄いなー。
111ページでは「両親は離婚している。小学生の時に父親がギャンブルにハマって離婚。高校生の時に母親再婚」
…( ̄□ ̄;)!!
あ、新しい両親ってこと…かな?

0

“秘蜜”

タイトルからしてとろとろなものが滴っていそうですがw
秀さんの3Pものもお久しぶりな気がします!

可愛がられた祖父から貰い受けた家をリノベーションし
1階を喫茶店、2階を自分の住居にした壱也。
物腰がやわらかくて人を穏やかにさせる魅力がありますがゲイです。
過去に付き合った男が自分勝手で行為にも甘い要素は皆無でした。
ある日店に訪れた客・藍川徹という男が一級建築士で
跳ね戸の立てつけが悪いのを直してくれた事をきっかけに
どんどん彼に惹かれ、少しでも話をしたいと思うようになるのです。
親切で、良い意味で男くさい透に食事に誘われると
まるで手慣れているような口説き方をされ…。

初めてベッドを共にして、
壱也を慮って最後までしなかったのは紳士ですが
壱也が達したところを画像に収めて、脅迫まがいの事を言うなんて!
こういうのって卑怯じゃないですかね…。
せっかくスマートなイメージだったのに、
私はズドーンと落とされた気がしてしまいました…。
ただ、それだけ壱也が魅力的で誰にも奪われたくない独占欲、
と言ったら可愛いものかもしれませんが…。
不安にな続きる壱也も無理はありませんよ、と思いきや
それすらもとおり越して徹に会いたいなんて!
…あなたが良いなら、それはそれで良いのよ…w
受けが攻めに勝手な事されて傷ついたりするのは好ましくありませんがw

そんな中、眼鏡をかけていない徹と思しき人物が店に訪れます。
これが双子の猛です。
徹とは真逆な性格で、粗雑かと思えば繊細な部分もあり
いけないと知りつつどちらにも惹かれてしまう壱也…罪な男。

双子同士の奪い合いはそんなに激しくなかったのですが
壱也が事件に巻き込まれ、当然のように二人が助けます。
犯人が「あ、そうでしたかー」という、
私の記憶から既に消えていた人物で、申し訳ない気持ちになりましたよw

徹×壱也、猛×壱也はありましたが3Pシーンはラストしかないので、
双子のイケメンに同時にどろどろに溶かされまくる受け、という
シチュエーションではないですが
秀さん節でいやらしさは満足でした!
でも、3人でスるのが初めてなのに○×挿×はどうなんでしょう!?w
堪忍したってぇな!!と妙に焦ってしまった私ですが
壱也が気持ちいいならいいんだよ…。ごちそうさま…。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ