砂漠の鷹が愛でた獲物

sabaku no taka ga medeta emono

砂漠の鷹が愛でた獲物
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048668798

あらすじ

濃蜜な一夜から始まる王子との恋v

中東アラブ諸国主催の商談会に通訳の仕事で参加した海里は、そこで「若き鷹」を意味する名を持つハイサムと出会う。
海里を初めて抱いた男と同じ砂の匂いがするハイサム。
彼に惹かれ出会ったその日に一夜を共にした海里だったが、翌日ハイサムがマジド王国の王子で王位継承をめぐりその身が危険に晒されていることを知る。
ハイサムを守りたいと強く思った海里は、一緒に砂漠の国へ渡る決意をするのだが――!?

表題作砂漠の鷹が愛でた獲物

ハイサム, 中東マジド王国第七王子 30歳
岩崎海里, 電機メーカー米国支社営業 28歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

過去のオトコ?

萌えポイントもエロも、豪奢でオイルマネーな雰囲気も、(アラブものに不可欠な)身の危険を感じる展開も盛り込まれていて、お約束な「身分違いの恋」に身を焦がす二人のお話…ということで、アラブものとしては優等生的な作品だと思います。

私は特段アラブものが好きではないので評価は「中立」ですが、海里(受)が積極的でグイグイ行く感じはなかなか爽快でした。

最初、海里に過去のオトコが居てそれもアラブ系の人…という描写がいきなりあって、実はこの本は別の作品の続編なのかと思ってしまいました。結果的には違ったのですが、あれはちょっとややこしいと感じました。

0

海里くん アラブ系にもてもてですね

濃縮です。脇役のなかにも 魅力的な気になるキャラが
何人も登場していました。
ただ、ストーリーの展開が激しくて、
もうちょっとじっくりしてほしかったなぁ

タイトルから オレサマな王族の話かと思てましたが
攻め様、ハイサム氏 押しは強けど、
自分が狙われていると知ると、海里はを退けようとするやさしさがある。

受け様 海里は、家族の愛情に恵まれず、特殊な環境の叔父の元で特殊な愛情によって育ちました。その環境の中で覚えたアラブの言葉が
ハイサム氏との運命を変えるきっかけになりました。
危険と知りながら、けがを負いながらも ハイサム氏を追いかけていくのは
正義感が強いというより かなり無鉄砲な子です。

でも 海里くん アラブ系にもてもてですねえ。
上司が、必要もない「通訳」として商談会につれていくわけです。
「人たらし」なのですね。

ただ、ハイサム氏と海里くん。出会ってすぐにベットイン。
その後には 命を懸けた アラブ旅行。・・・・・
一目ぼれではないのに、どうして突然
いやいや 会社の有給が1週間で まだ休暇中だから 

そう。どーしても続き気になったのは、
このストーリーは何日間のストーリーなのかなぁ
と思い返すと なんかナックできない。

もうちょっと じっくり育てようよ。愛じょー。
ストーリーは楽しかったです。でも、もう少し もっと先が・・・
気になります。









2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ