続きはまた夜に

tsuduki wa mata yoru ni

夜晚的秘密关系

続きはまた夜に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神23
  • 萌×245
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
338
評価数
84件
平均
4 / 5
神率
27.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784801950511

あらすじ

売れっ子ホストの阿久沢 文と刑事の二神崇晴は、学生時代の同級生で元恋人。 2年前に再会した夜、誘い誘われるままにカラダを重ねてからは、 たまに会ってセックスするだけの割り切ったオトナの関係を続けている。 心の中では未だに互いを想い合いながらも、臆病すぎてすれ違う2人。 でも、気持ちを押し殺したままカラダだけの関係を続けるのは苦しくて──…!? ホスト×刑事、対極の2人が織り成す、すれ違いLOVEシリーズに 描き下ろしを加えた著者初の麗人コミックス!!

表題作続きはまた夜に

阿久沢文 売れっ子ホスト
二神崇晴 刑事

評価・レビューする

レビュー投稿数13

スーツかっこよい。

試し読みで、崇晴のエッチのときの顔がやばい…エロい// となり、購入。
他のエッチシーンでも、普段ツンツンしているだけに、崇晴のエロい顔には萌え。

すごくすれ違ってる二人でした。お互い大好きなのに、別れちゃうだけでも悲しいのに、そのあと身体だけの関係になってすら、お互いに気持ちを悟られるのを恐れてるのは読んでいて辛いものがありました…。

文の「おさわり禁止だって言っただろうが…」には笑えたw 染谷くん、言うことがちょっとストレートすぎな気もしたけど、崇晴と文の関係を何となく見抜いて「俺帰ります!」と言ったのには好感が持てました。
でも翌日キスマークを見られた崇晴は私的には赤面して欲しかったなあ…。

最後は無事両思いになり、幸せそうなエッチでよかったです。

0

純粋にBLとして楽しめました

これまで読んだこの作者さんの作品の中では、これが一番好きです。
正直、絵もきれいだし、ストーリーも悪くないのに何かが足りなくて、もったいないな~と思うものが多くて。
作画自体は美しいのですが、動きが走っているのか歩いているのかわからなかったり、表情も似たような顔が多かったり、台詞もだれが喋っているのか、どの順番で喋ったのかこちらが何度か戻りつつ考えないといけないことがあって・・・・・・そういったストレスが一番少ない作品だったと思います。
学生時代にお互いが好きになった経緯がもう少し描かれていたら良かったな~と思いましたが、現在のお話は良かった。
「好きだ」から「別れる」という結論に至ったことも読むうちに納得いったし、別れていても再会後は体の関係があるので色んなパターンでイチャコラシーンも満載です。
だからと言って、甘いだけではなくてツンデレな感じもあるので、もどかしさもある。
最後はハッピーに終わりますし、ページ数以上に読みごたえがあって純粋にBLとして楽しめます!

0

愛がたっぷり♡2人とも健気!

10年越しの復活LOVE♡お互いに好きで仕方ないのに気持ちを伝えられない文と元恋人の崇晴。大学三年の時に別れて、街でバッタリ再会したのが8年後。そこからずるずるとセフレ状態で2年。一回失敗して臆病になってる2人のじれったい恋です。

攻めの文は両親経営のホストクラブで働く人気ホスト・支店長。性格はワンコっぽいかな。受けの崇晴はカリスマ性のある黒髪イケメン刑事。性格はマイルドなツンデレ。2人で話してる時は学生時代のノリというか、夫婦漫才みたい。文がボケで崇晴がツッコミ。2人とも職業に特徴があるけど、正直2人の恋が中心のお話なので職業萌え出来る程ではないかも。萌えるとしたらスーツ萌えかな(´艸`*)ストーリーは特に当て馬もいなくて、全体的にあまあまです♡

結構な回数えっちしてます!セフレと言ってもお互いに好きなので、えっちも優しくて愛が溢れてます。そういう意味ではすごく高揚感があってエロいです。プレイ的なことは一切無し。両想いになってからは更にあまあま。「お前どんだけ俺に惚れてんだよ?」「は?ベタ惚れですけど?」みたいなくだりたまらない!!!お互いに溺愛し過ぎてて萌え~(*´Д`続き)♡

あぁ、愛する人が隣にいるっていいなぁ。。。って胸熱になって読み終えました。大人の恋なのに仕事とか色んな方向からの雑音が少なくて、2人の気持ちにフォーカスが当たっててツボりました♪

1

臆病者の恋

好きすぎをこじらせてすれ違う二人のお話。
男同士だと、変な見栄とか意地とかが邪魔をして恋に臆病になる。
最初から素直に好きだと言って、素直にそれを受け入れていたら、
何年も、何年も、無駄にしなくてすんだのにねって思うけど、そうやって無駄に右往左往してくれないとお話としては盛り上がらない。
逆に言えば、お互いの気持ちを知らないままあれこれ駆け引きするから盛り上がるので、これが最初から相思相愛ラブラブ大全開だったりはしない。
すれ違いをたっぷりとお楽しみ下さい。

0

こじらせ系、格好良いオトナな恋の世界・・・

千葉リョウコ先生の作品に最近じわじわはまっています。
今までちょっとコメディーっぽいノリの作品を続けて読んでいたので、今作は表紙・裏表紙の感じからも、おっ!!今まで読んだのと違う感じだけど、格好良くて耽美~な雰囲気だな・・・と感じました。

私はホスト及びホスト物が好きではないので、本来は敬遠するところですが、これは学生時代の同級生設定であること、そして前述したように雰囲気が素敵で気になって読む事に決めました。

全体的に、大人っぽくてちょっとハードで、凄くドキドキしました。
正直いちいち萌えまくりでした。

お互い好きなのに、否定されるのが怖くて言えない・・・けれど、再会後から体の関係は続いていて、そのことがまた辛い・・・という完全こじらせ系で、その切ないすれ違いぶりも良い萌えを提供してくれています。

そして、なんだか2人とも格好良くて、大人の色気もたっぷり!!!
不毛な関係や恋心に悩む姿なんか、色気あふれまくっていてたまりません・・・
特に、後輩に攻め様との肉体関係がばれてしまった時の、「しー」って口止めする受け様の姿にドキッとしちゃいました。
キスシー続きンもHシーンもなんだかこうねとっとしていて凄くエロいです。

あと、学生時代恋人同士だった2人ですが、別れた後から再会までの間、受け様が操を守り続けていた・・・というのもとても良かったです!!!!

1

じれじれ…

お互い超好きなのにその本心が言えない2人、ああ、じれったくて最高!ずーっとじれじれしてからのようやくの告白シーンはじわっときた。

想いが通じたら通じたで、今度はどっちが相手のことが好きかで張り合うとか…ちくしょー可愛いな!「なんで昔別れようなんて言った?」→「好きすぎて怖かった」→「それじゃあ仕方ないか」の流れ、過去の諸々を一言で全部浄化する破壊力があって好き。

ホストと警官という全然違う職業で、それぞれ仕事に熱意持って頑張っている2人だからいいコンビなんだな。

染谷君がかなり可愛いくて、2人の恋路に絡んでくるかと思いきや、ちょっとした嫉妬に使われただけだった(笑)染谷君のスピンオフ希望!!

2

仕事してますか

雑誌で連載されているのを読んで、
毎回エロが盛りだくさんなのに驚いた作品でした。
千葉さんってこういう作品も描ける人だったんですね!
麗人系のエロエロは好きです。

まずホスト×刑事、設定が美味しい!
二人とも忙しそうなのですが、
その割に毎回会うとHはしっかりしています。
体だけの関係、と見せかけて実は完全な両想いだったという。
とんでもなくすれ違っていただけの二人でした。

その昔、私が大好きだった設定じゃないですか…
二人が盛大なすれ違いをしているっていう。
早く気づきなさいお!と握りこぶしを震わせてしまうけれど、
そこがたまらん…ツボってしまうという。

あとスーツ率が高いのもいいです。
受けは刑事なので非番の時以外はもちろんスーツですし、
攻めはホストでチャラスーツ。
脇役もスーツ率高し!
そういえば昔デザイン会社なのに全員スーツ着用が義務とかいう作者さんのスーツ萌え押しな小説&コミックがあったな~懐かしい。
スーツなんて日常的にいたるところで見るっちゅーのに、
やっぱりスーツがデフォっていいなと改めて思ったのでした。


3

千葉リョウコさんは萌えの神です。

千葉リョウコさんの作品は全部好きなのですがその中でもダントツ。
こんなに萌えた作品は未だかつてありません!
こちらに出てくる崇晴とヨネダさんの作品の出口がとても似ている!!と思ったのは私だけかしら?
とにかく萌ポイントが多すぎます。
すれ違って同じ気持ちでいるのもお互いは気づかず口に出せない怖さ。というものはやはり恋にはつきものであるのを改めて気付かされました。出会って10年以上立っているのにこんなに新鮮な関係でいられる。それでかつお互いを一番よくわかっている。
だけどそれを伝えられない。
描写の一つ一つやページをめくる度ハラハラドキドキ表現表情すべてが見所です!
絶対に読んで見てください。
間違いなく神作品です。

エロくないのにとてもエロい。
甘くないのに甘すぎる。
萌えまくりです。

2

スーツとブレザーとエロエロ!!

千葉リョウコ先生はこんなエロエロを描くのか!?とびっくりしました。とにかくベットシーンが多くてとっても良かった♡
でもエロだけでなく二人が互いを思いすぎてすれ違ったり、つい駆け引きしちゃってるところとかとてもキュンキュンしました。
刑事とホストだからスーツ祭り嬉しい!二神はツンデレで可愛く、阿久沢は二神にメロメロでそれも可愛いかった〜。
高校時代のキスシーンが可愛い♡ブレザー姿もちょこっとあったので二度美味しかったです。大学時代の話とかもみて見たかったな〜。

0

刑事受け最高

刑事受け大好物だったので即買いしました!ホスト×刑事という設定も好みでした!
さすが麗人さんのコミックだけあって濡れ場も多くて良かったです。
元々同級生だった二人、二神が別れを告げて数年後にまた元恋人の阿久沢と再会。。。
お互いに好きという気持ちがありながらギクシャクしてしまうあたりが歯がゆかったです。

お互いの心情描写がよく描かれている作品だと思いました

0

良い刑事受けでした

最近色んな所で刑事受け大好き!って叫んでます。久しぶりに小説でなく、漫画の新刊買いました。ちるちるの紹介記事で綺麗な絵でしかも刑事受けということで、欲しくてたまらなくなりました。美人なのに性格は男前!理想の受けです。

刑事受けなら攻めの職業はヤクザだろうがホストだろうがもう何でもいいやと思いました。あ、同僚でもいい。しかもこのお話は高校の時の同級生という設定もあり一粒で二度おいしい感じです。しかし遠回りしすぎた10年愛でした。二人とも意地っ張りすぎてもどかしかったです。でもそこが良い。これ偶然二人が再会していなかったらどうなってたんだろう。

個人的に好きだった場面は受けが職場の同僚達の間で密に人気者だった所です。美人な上に男にモテモテの刑事さんとかもう最高だと思います。絵もちるちるさんの紹介通り端正でしかも結構エロエロでごちそうさまって感じでした。受け様は乳首も大きめでエロい体でした。

1

気持ちがわかる気がする

高校時代の同級生、刑事の崇晴とホストの文。
一度別れてから2年目前に再会、その後はいわゆる『セフレ』という関係。
だけど、本当は別れた8年前からお互いの想いは続いている・・・
というのがこのお話のポイント。
好きなのになぜ別れたのか・・・
別れを切り出したのは崇晴のほう。
そして再会した現在も、気持ちは揺れている。
好きか嫌いか・・・だけを考えたら『好き』以外の何物でもない。
だけど自分たちの置かれた環境や立場を考えると
いろいろなことが違いすぎて、好きでいるのが怖くなる。
これって理屈ではなく、まさに心の問題。
いろいろなことを理解しているつもりでも
自分ではどうにもできない、気持ちの問題。
大好きで大好きで、何物にも代えられないほど好きな相手だから
幸せになって欲しい、やりたいことをやり通してほしい。
頭では理解していても、どこかでひっかかってしまうこと。
人間って心があるから、いろいろと考えてしまう生き物なんですね。
悩んで悩んで、お互いの気持ちがぶつかり合って泣いたり
大人になった今だからこそ、大人になり過ぎた考えが
相手を不安にさせたり、続き悲しませたりすることを教えてくれた気がします。

刑事とホスト、というだけでも異色なCPだけど
そこに親同士が恋敵だったというエピソードが重なります。
最終的には、今まで二人共自分だけで長い間悩んできたことが
なんのことなく解決していくので、すっきりと言えばすっきりします。
「お互いに好き過ぎる」という本当はラブラブなCPなのに
二人共が大人ぶってみせるところと、あるときその大人の鎧が
ガラガラと外れて、素の自分になってしまいそうになるところが
人間らしくて、気持ちがわかるなぁ・・・と感じました。
文が首から下げていた指輪を照れながらも気にする崇晴、可愛すぎ。
そして、その指輪をずっと大事に持っていた文も
どんなに崇晴を好きだったかがうかがえるエピソードでした。

3

いいんですよ!いいんですけどね!

キャバクラ経営者:阿久沢文×刑事:二神崇晴です。
昔付き合っていたけど二神が別れを告げて数年後に再会する話でした。

う~ん。やっぱり体だけの関係っていうのが私には合わなくてですね・・・。
この場合は元々付き合ってて別れて再会・・・って感じですが、それでもねぇ~。別れてるのにHしているのがねぇ・・・。
二神はめちゃめちゃ好みの受けなんですけどねぇ~
と内容は置いといて・・・

今回は麗人さんからの初単行本ということで、濡れ場シーンがいつもより多めだったような気がします。これは非常に美味しかったです!

染谷にホモになる魔法をかけてたらしいので、これはスピンオフの臭いがぷんぷんしますので楽しみに待ってようと思います。
あと趣味で警視庁を見学できるなら是非とも私も見学してみたいですね(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ