警視庁お化け対策部署・遊撃捜査班の幽雅な日常!?

全裸男と蛇男 警視庁生活安全部遊撃捜査班

全裸男と蛇男 警視庁生活安全部遊撃捜査班
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
19
評価数
4件
平均
4.8 / 5
神率
75%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784062868471

あらすじ

霊感ゼロの刑事・石田智宏(いしだともひろ)の異動先は、警視庁内でも知る人ぞ知る超常現象対策課だった! 智宏が組むことになった相棒は、全裸での幽体離脱癖のあるグータライケメン男・京介(きょうすけ)。ダメ男なのになぜか周囲に愛される京介とともに、智宏は潜入捜査を行うことに。ターゲットは呪いを操り、他人を破滅させている女! 非常に強い霊能力と蛇の守護霊を持つ、京介の義弟・清明(きよあき)が、二人を救うため現場に駆けつけるが……!?

表題作全裸男と蛇男 警視庁生活安全部遊撃捜査班

評価・レビューする

レビュー投稿数3

シリーズ第二弾

非BLだけど、読み物として面白かった。
今回は怖い怨念のかたまりとの対決。清明(晴明ゆかりだよね、きっと)というクールながら実力者の真打ち登場、っていう回。

相変わらずイケメンながらもっさりおっさんの京介が萌えます。でも、特にBL展開にならなくてもイライラしない作品。オカルト対策班の雰囲気がよくて、さらに周囲のなじみの喫茶店など群像劇風ですらすら読めるからかもしれません。

2014年に作者さんがなくなられたとのことで、続編などはもう期待できないようです。残念。

0

「持つ者」の苦悩

前作「全裸男と柴犬男」が非常におもしろかったのでこちらも読んでみました。

「~と柴犬男」はいくつかお話が入っていましたが、こちらはほぼ丸々一つのお話になっています。前作はコミカルなシーンも多かったのですが、こちらはテーマが重くシリアスよりなお話でした。

内容は、というと。

ある家を調べた警官が続けて二人行方不明になるという事態がおこります。事件なのか、そうでないのか。調べていくうちにうっすらと「感じる」ことができる刑事の進言により遊撃に捜査依頼が。
京介をはじめとする面々が捜査に入りますが彼らの手にはとてもおえず、清明にも協力を依頼します。
するとその事態の裏側にはとんでもなく悪い奴がいて…。

というお話です。

「~と柴犬男」の時から一番のお気に入りキャラは清明だったのですが、今回は彼の出番が多く嬉しかった。

今回の悪キャラは本当に胸が悪くなるほどの非道な人間でした。でも「こういう人いるよね」というリアル感もあり、また呪詛グッズや守護霊などの話がうまく絡み合いぐいぐいと話に引き込まれました。

清明は人としても霊能力者としても高い能力を持つ人続きで、でもだからこそ彼が抱える苦悩や葛藤が非常に重かった。そんな彼を理解し、支えているのが京介なんだろうな、と。

もう続きが読めないのは残念ですが、非常におもしろかったです。

2

向こう側とこちら側の狭間

全裸男と柴犬男の続編。
非BLだけど、そんな匂いが思ってたよりちらちらあったので、びっくり。
前作はコミカライズ版しかまだ読んでなくて、原作の小説も読みたいなぁ。
コミカルなシーンもあるけれど、なかなか重たいテーマで読後感スッキリというよりは、ううむ・・・となってしまう感じ。
それでも、惹きこまれて読んでしまったー

出てくる人物、魅力的な人ばかりで、本当にこれからこのシリーズもっと面白くなったんじゃないかなぁって。
もう新しいお話が読めないのが寂しすぎて。
登場人物がリンクしてる他のシリーズも読んでみようかな・・・

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ