うちにおいでよ

uchi ni oideyo

うちにおいでよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×217
  • 萌12
  • 中立8
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
137
評価数
44件
平均
3.3 / 5
神率
11.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784801950900

あらすじ

疲れ果てるまでセックスをしないと眠れない奈月は、後腐れのない相手を選んでは快楽を貪っていた。
ある日、マンションの前で雨に降られていたワケありそうなイケメンを拾い、とある条件を約束に家に住まわせることになり―――。

収録作:「うちにおいでよ」「はつこいごころ」「いろこいごころ」

表題作うちにおいでよ

犬飼康成,マンションの前で拾った自称大学一回生
黒川奈月,大学生,20歳

同時収録作品ほつこいごころ / いろこいごころ / こればかりはしかたない(描き下ろし)

月村,高校生,モテメンの友人
日比谷,同級の高校生

その他の収録作品

  • そばにおいでよ(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:漫画「なつきのきになること」「やすなりのきになること」

評価・レビューする

レビュー投稿数10

大学生には見えないけど

大学生には見えない……高校生にしか見えない。

表紙の子が受けであり主人公で素敵なお兄さんに拾われた話かと思ってた。

家族を亡くして一人が寂しい、人肌が恋しいでセックスがないと安心して眠れないという王道な感じでした。
可愛いカップルではあるけども。

奈月も康成も高校生にしか見えないって思ってたけど、康成は本当に高校生だった。
なぜ、偽った?

しかも、康成がお坊っちゃまでした。
見合いで逃げてきたとか。

王道はあまり好きじゃない……。

スーツ着てるから康成が高校生に見えなくなった……。
お坊っちゃまで料理が出来るなんて優等生。

後半は良かったです。
風邪で寝込む奈月と学校へは行くけど心配で仕方ない康成とか。

おかえり、ただいまでぎゅっとしたシーンが可愛かった。


短編の黒猫ちゃん可愛かった。
主人公の日比谷は心配してるのにケロッとしてる。
日比谷が黒猫ちゃんと頭こつんしてるのも可愛い。

ん、でも、王道感……。

0

かわいい攻めが拾われる

どこがよくないとも言えないのですが、というか、特によくないところはなかったのですが、でもあえてどこがよいかとも言われてもないままさらっと終わってしまったというか・・・。
あまりにも何とも思わなかったというか^^;

ただやはり悪いところもないと思うので単純に好みかなと思います。
表紙とタイトルから自分が勝手に想像していたのと違ったというか。
あと、表紙のこの子が攻めだと思わなかったので拍子抜けしたかも。ちゃんと調べてから買えよっ自分て感じですが。

特にここがいい!てシーンが自分にはなくて、あっさり終わってしまいました。でもこの話だけかと思ったら後半の別のお話もなんだか物足りない印象だったので、やはり作者さんとの相性かなと思います。

ちょっとだけ、まだ漫画を書き慣れてないのかなあと感じました。
絵でなくお話が。たくさん本を出されているかたと比べたらそれはそうなのですが、今色んな漫画がすでにたくさんあるから、内容がすごくインパクトのあるデビュー作って難しいのかなぁと思ったり。特にこんなに綺麗で表紙からして思わず手にとりたくなるような本だと。

人恋しくて不眠症の続き主人公は、誰かとHしないと寝られない。それが、訳ありな少年を拾ってセフレにしてからは一緒にいるだけで安らいで眠れるようになっていきます。
かわいらいお話です。

何をするでもなく、ただ同じベッドで眠るだけ、というシチュエーションはかわいくて和むのにどこかせつないお話でした。

絵はすごく上手かったです。読みながら何度も何度も絵がほんとに好きだ~て思いました。可愛い絵なのにけっこうえろかったのもよかったです。

1

表紙の子は攻めです


経験のないワケあり高校生がビッチな20歳のお兄さんに拾われる話です。まあまずこの受けが20歳という事に驚きでした……若いよ…

攻めが純情な高校生ということもあり、受けが経験豊かなかなりの年上、という感じに思えました。


だけどこの攻め、年下だけど包容力があるのであっという間に家族を失い、唯一そばにいたペットもいなくなって傷心だった受けの心の穴を埋めていきます。


一応、くっついた後にひと悶着あるのですが、Qpaだから一話ごとである程度お話に区切りをつけないといけないためか、攻めの家庭事情やワケありの所以などはかなりアッサリとしていました。婚約者絡みか家のしがらみか、どちらか一個の方が良かったかも。



同時収録作品は、とにかく黒い仔猫が可愛いです。
高校生のお話ですが、攻めが猫にガチ嫉妬してて笑いましたww
攻めは強面で結構大人びていますが、受けは作者さんの可愛らしい絵柄がぴったりな子で見てて微笑ましかったです。

1

サクッとビッチ&エロ補充

ワケあり年下ワンコが快楽主義のおにいさんに拾われた!
家に置いてもらえる条件、それは…。
「安眠の手伝い(俺とセックス)するならここにいてもいいぜ」

というわけで帯の雰囲気からしてこれはビッチ受けね!と理解して購入。
表題作は、受けは疲れ果てるまでセックスをしないと眠れないという、期待通りのビッチでした。
一応攻めのほうの家族が絡んで来たりの山あり谷ありの葛藤場面もあるのですが、
攻めは受け超ラブ超溺愛で、受けもウジウジ悩むタイプではないので、
かなりストレスフリーな流れで読めました。
内容の感じは割とあっさり目の印象。
Qpaさん的にはこういう感じは標準ですかね。
ジャンクフードのような。
サクっと手っ取り早くビッチエロ&糖分補充させて頂きました。

同時収録作もやはり受け溺愛の攻めでした。
受けのほうは鈍感おニブっ子なほだされ受けでしたが、
カップリング的に好きな組み合わせでした。
思わぬところで個人的に好きなアングルがあってヨシ!と思いました。

とりあえず全体的に攻めの受け溺愛具合が良かったです。
サクっと何か読みたいという時には良いと続き思います。

1

わんこ攻め×2

こちらのコミックスには、
・わんこ高校生×男前大学生
・俺様わんこ×穏やかツンデレ
の二編が収録されています。


表題作の高校生×大学生は、受けが攻めを拾うところからお話が始まります。
受けも攻めもそれぞれがわだかまりを抱えていて、それぞれが悩み、時に愛を育みながら、二人で一緒に乗り越えていく、そんなお話です。

あっさりとした絵柄や、受けの男前で落ち着いた性格の為か、盛り上がり部分はあるものの、全体的に落ち着いた印象を受けました。

そんな中、ニコニコとハートマークを飛ばしながら受けに懐くわんこ攻めが可愛かった!癒し!年下わんこ攻め、大好きです!


同時収録作もわんこ攻めでしたが、表題作とはまた違ったわんこ攻めでした。

年の差カプであった表題作とは違い、同級生カプと言うこともあってか、表題作のわんこ攻めよりも俺様でわがまま。
受けにハートマークを飛ばす回数や量も、表題作の攻めに比べて少ないです(笑)

付き合う前は俺様要素が強く、付き合ってからはわんこ要素が強くなったように思います。

受けは、穏やかツンデレと言う、自分でもよく分からな続きい属性をつけてしまいましたが、あまりテンションの高くないツンデレくんです。自信はありませんが多分ツンデレ……。


どちらの作品も、可愛いわんこ攻めが見れて良かったです!

1

拾えるものなら拾いたい

こんなに可愛い男の子なら拾いたいものです。

Hしないと眠れない訳ありな菜月と、これまた訳あり人生まっしぐらの康成。
両親を事故で一度に失ったショックから、
後腐れ無いセフレとのSEXで疲れないと眠れない日々が続く菜月。
そんな菜月がマンションの前で雨に濡れて座っている康成を拾った。

エロ多めですが、可愛いエロさです。
年下ワンコ攻めの康成が可愛くて、こんなワンコマジ拾えるもんなら拾いたい!
最初は戸惑っていた康成ですが、中盤からはもうノリノリでHしてますね。
それもこれも、大胆な割には可愛らしい菜月にもうメロメロで
菜月なしではいられないほどに好きになってしまったから。
康成曰く、特に寝てる時が可愛いらしい・・・
菜月は菜月で、知らず知らずのうちに康成がいるのが当たり前になってて
熱を出した時の菜月なんて、これが本音だね・・・ていうくらい可愛かった。
二人共、悩み多き毎日のようですが二人一緒なら乗り越えられるね
そんなふうに思える、かなり可愛いお話でした。

1

良い意味で裏切られた

表紙とあらすじを読んで。
まぁ、表紙の子が拾われた子だろうし、快楽主義ってことは拾った方が受だと思うし、人を拾うくらいだからリーマンで、高校生×リーマンってとこかな?
表紙の子可愛いのに攻か~。
と思っていたのですが。

なにこれ、受も攻も可愛い!

攻は予想(ってほどのものでもない)通り表紙の子なんですが、ワンコ攻です。
拾って、懐いちゃった系。
なんでこんなに懐いちゃったの?と思ったけど、理由を聞いて納得。
でも、婚約者にしても父にしても叔父さんも、他の人に懐いちゃうほど、攻の人格を否定してたとは思えないのが、なんとも軽く感じてしまいました。

受は、大学2年生!
人を拾うくらいだから、生活力ある年齢かと思ってたのに。
でも、人を拾ってしまった理由はそれなりに納得できる内容で、むしろ攻より受の方が設定や理由に説得力がありました。
こちらも、猫か犬かというなら、小型犬って感じですね。

土台はしっかり準備されているのに、設定先行してしまって、上手く活かされていないのが残念でしたが、両方可愛かったので、今後に期待してとりあえず萌×2!

3

雨の日にイケメンひろいたいです(笑)

…奈月は面食いだそうだけれども、一番最初の男性はイケメンだったのか!?という疑問がじわじわきてる。

さて、本編ですが。
雨の日に奈月が拾ったイケメン康成は家事機能搭載していて、しかも素直で○根の童貞です(笑) 宿泊させる条件は、エッチして疲れないと眠れない奈月の相手をすること…。そしてエロスになだれ込むんですけど、最中に「 無性に人恋しい時がある」とか奈月が言っているのですが、後からすると伏線みたいなのがぶち込まれてて、再読するとああッ!!(;_:)ってなります。
あと、一話の終わりにごはんを作った康成が、奈月にめっちゃあまあまで『あーん』してあげるのですが、これも理由が後からわかるので、再読するとちょっと萌えます。

康成が奈月の浮気を疑って強引にエロス方向に行ったときは、ええ~、破局しちゃうながれ!?と思いましたが、本当の家の事情の告白と仲直りエッチで解決(笑) ←そのあたりケンカが重度化しないの好きなんで良かった!…と思ったのに、次の日にいなくなっていて奈月が可哀想でした。
婚約者とか家の問題(父)とか出てきますが、どろどろしたことはないです。とてもさらっと読める続きので結構好きです。
年下ワンコでちょっと嫉妬深い康成可愛かった。…しかも家事機能搭載!ほんといいなぁ~(笑)という感想です。

いきなり同居ストーリーですが、別に理由が苦しくなくて良いと思いました。
けっこうエロス激しめな感じがしたので、苦手な方にはすすめられないかな。と思います。

4

攻めのワンコ2匹が可愛いかった~

しょっぱなから受けが、
奥さんが出産準備で実家に帰ってるというセフレとエッチとか、
攻めを家に置いてあげる条件が、
安眠の手伝いとしてセックスの相手をしてくれるなら~とかだったので、
ビッチ受けのエロ重視なお話なのかな??
そう思って読んだらちょっと違って、
シリアス要素を含みつつも、一途でとても甘めなお話でした☆
(エロエロじゃないけど、エッチシーンはちょい多めです)

辛い境遇を忘れるためにセックスに逃げてた受けが、
年下ワンコ(攻め)を拾ったら、
童貞だったけど巨根でエッチの相性はいいわ、
尻尾ふって世話を焼いて甘やかしてくれるわ、
すっかり攻め=精神安定剤で、受けは甘えたな一途に。
側にいて安心できる存在って素敵だね~
やっぱり一生懸命な年下ワンコ攻めって可愛いね~~
疲れた時に読むと癒される感じでした。

でも、ちょっと、
婚約者だ親だと出てきて波が立ったと思ったら、
すごくあっさり引き下がってしまって、結局なんだったの!?って感じ。
あまりに都合よく行きすぎて、気持ちがトーンダウンしちゃった…。

ただ、
もう1作の、同級生の続き高校の友達もので攻め→受けの、
「はつこいごころ」(2話+描き下ろし)もそうなのですが、
この作者の描く攻めのワンコっぷりはとても可愛い♪
一見クールなイケメンな攻めに見えて、
実はワンコで受けが好きすぎてちょっと恥ずかしい感じのおバカ。
最初の印象とのギャップがいいな、猫にも嫉妬しちゃいますw


サクッと読むにはいい感じでした。
どちらも幼い印象のCPだったので、
今度は大人CPの話も描いてくれるといいなぁと思いました☆

6

入り込めなかった…

年下ワンコ×快楽主義お兄さん!大好物!!
家に置いてもらう条件がセックス!ばっちこい!!!
と綺麗な絵の表紙に食いついたんですが、
う〜ん、なんか全体的に内容がうすっぺらいような気がしました。

攻の康成は、ワケアリ高校生。叔父に会うために雨の中マンションの前で待ちぼうけしているところを奈月に拾われる。歳を偽り、奈月が出したセックスの相手になるという条件で居候することに。有名ホテルグループ会長の愛人の子。料理上手。童貞、巨根。

受の奈月は、快楽主義者。疲れ果てるまでセックスしないと眠れないため、後腐れのない相手を選んで身体の関係を持ってきた。不眠症の原因は家族の事故死?

家の前で男を拾って、居候させることになってその日にセックスして…わりとあるパターンですよね。

攻は金持ちの家の愛人の子で、本妻に子供が出来ないので引き取られたんですが、その環境の変化と見合い話から逃げるために叔父のところへ訪ねようとして、受に拾われたんです。そのため世間知らずなのか、初対面で居候をお願いするし、初セックスですぐ受に懐いてしまうし、叔父に会えた後、置き手紙のみおいて受の部屋から続き出て行くし、それが親とちゃんと話するためだということなんですが、親に騙され見合いの席に連れてこられたら、また逃げてきて受の前に現れるし、なんかつかみどころがないというか、コドモというか、何がしたかったのか疑問が残りました。

受も、顔が好みだから家にあげて、身体の相性がいいから居候させて、一緒に住んでるうちに不眠症がなくなって、眠れるようになったからセックスしなくていいと言い出し、攻めが部屋から出て行って、また逃げて帰ってきたのをかわいいなぁと言って笑ってすごすし。なんで、攻のこと好きになったの?
不眠症の原因が家族が一気に交通事故にあったからというのがものすごくあっさりだったなぁ。

康成の叔父さんも、奈月と同じマンションに住んでいて、一度奈月と関係を持っているのですが、当て馬としての活躍もイマイチでした。

見合い相手の婚約者も登場しますが、康成と結婚するために花嫁修業してきましたと言いながら、康成から奈月とじゃなきゃダメだと言われたらあっさり引き下がるし。

康成の父親も、息子と別れるよう釘をさすため奈月に電話までしてくるのですが、奈月の言葉でころっと意見変わるし。

なんか、あれ?あれれ??んん???と思いながら読んでたら終わってました。登場人物全員が中途半端な気がしました。
個人的に不完全燃焼で、萌えもハラハラドキドキもなく盛り上がるところがなかった。再び読んでみても、流し読みになってしまい、内容が頭に入ってこなかったので、時間を置いて読んでみようかな。

もうひとつの作品はDKもの。
モテ男の攻×他人と好んで関わらない受
執着攻かな?受に近づく女は排除しようと自分が付き合うタイプです。
そんなふうに大事に?してきた受が、拾ってきた猫に唇を許して、それに逆上して襲ってから告白するという個人的に???な展開。受けも攻のことは嫌いじゃないのかな?受け入れて手コキです。DKといえばこすり合いっこですね!本番はしてません。

そしたら次の話で、攻めがお揃いにしようと言って受の耳無理やりピアスするというスタートで、個人的に????な展開に。所有欲といえばそうなんでしょうが、なんか話の流れにのっていけなかった。結局お互いのどこが好きになったとかわからないまま本番して終了。

Qpaの同時発売のもオサレBL系だったんですが、そっちもイマイチ話に入り込めなかったので、両作品とも、もういっかいじっくり読んでみようと思います。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ