愛の戦闘(たたかい) Gene6

ai no tatakai

愛の戦闘(たたかい) Gene6
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199001833

あらすじ

国王ヤンアーチェと一夜を共にしたイリ。
憎悪が愛だと気づいたイリは、国王の妾妃として後宮に入宮する。
ヤンアーチェへの想いを隠したまま、夜ごと体を繋ぐ喜びに震えるイリ。
一方、ヤンアーチェもイリに耽溺する自分を嫌悪しながらも、手放すことができない。
そんな彼を見透かすように、イリは心とは裏腹に新たな妾妃を持つよう進言するが…。

表題作愛の戦闘(たたかい) Gene6

ヤンアーチェ・チャンシャン/チャンシャン王国国王
イリ・イン・ラーチョオ/ラーチョオ王朝の末裔

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

いよいよクライマックスへ

 いよいよ、GENEは、運命の2人をくっつけにかかり始めました。
 いえ、最初から順調にぽんぽん行くはずのない二人ですが。
(というよりも、それであっさりくっつくんだったら、もうくっついてますよね)

 そして、何よりもイリの体の秘密が解き明かされようとしています。

 楽しみです。

 イリは自分の気持ちを認めてしまいますが、ヤンアーチェと普通に結ばれるわけがない、と思い込んでいるため、心とは裏腹に、もう一人妾妃を持つように促します。
 ヤンアーチェも、イリにだけ溺れている自分に不安を感じるのと、対外的に文句のつけどころのないお妃を持とうと思ったのと、で、娼館上がりのヨンジャを妃に迎える。

 という感じの話。

 個人的にはヨンジャがもったいないくらいいい子だと思いました。
 本当、もったいない。
 他の女の人だったら、その権勢を盾にしたりとか、いろいろすると思うんですが、ヨンジャはとても素直に自分の立場を理解してて。
 やっぱり、ヤンアーチェは、人を見る目があるのか……と、思うと同時に、ヤンアーチェなんかに引き取られてかわいそうに……と、思ってしま続きいました(苦笑)

 これから先、ついに物語はクライマックス。
 すっかり行方がわからないまま、放置されていたデイトリットの名前も出てきたし、物語がどういう終わりを迎えるのか、とても楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ