もっと!ひねくれチェイサー

motto hinekure chaser

もっと!ひねくれチェイサー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×210
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
125
評価数
33件
平均
3.8 / 5
神率
30.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
ISBN
9784758074032

あらすじ

憧れ続けたヒーローはやっと俺だけのヒーローになってくれた…はずだったのに!

ようやく想いが通じ合ってつき合うことになった大和と秀心。
夏休みのあいだ、大和の家に泊まることになったが、なにも知らない秀心のせいで二人の関係は進展しないまま。
その上、秀心の父親に関係がバレて、秀心は家に連れ戻されてしまう…。
せっかく通じた想いも、だんだんとすれ違っていく――。

素直になれない二人が織り成す、少し遠回りな恋のお話をもっと! 可愛くエッチにお届け!

表題作もっと!ひねくれチェイサー

小田嶋大和
紘川秀心

評価・レビューする

レビュー投稿数6

初心い

前巻でめでたくおつきあいすることとなった大和(攻め、高三)と紘川(受け、高一)。
だがしかし!
大和の方は大人の関係も含めてこその恋人だという認識だったにも関わらず、紘川の方はもっと純粋な『この人の一番になりたい』というものだったために、そんな生々しいことを言われても困り果て恥ずかしくなりすれ違ってしまいます。
まあ、紘川はまだまだ高一で箱入り息子だったわけですから。
すれ違いって言っても可愛いもんです。

しかし後半は隠していた紘川の過去や家庭の問題で、今度はシリアス路線に。
といってもそこまでの悲壮感ではなく、かえって一線越えるきっかけになった感じですね。
紘川の意思を尊重し言いたくないことをあえて聞かないようにしてきた大和でしたが、今回それでは解決できなかったことで、自分にもっと紘川を守る力をつけるために一歩前へすすむことを決意します。
男らしい…これで高三…
なにやらもっと先があるようで気になります。

0

ピュア秀心

秀心の隙がありすぎなとこが良いです。
今回は実の父親との関係やなんで転校してきたのかなど重いものもたくさんあるのでたまに見せてくれる秀心のフニャッとした顔に癒されます。

0

ぱんこ。先生の面白さ!

作者自身のひとのみ良さと面白さがそのまま作品に移ったような作品でした!
秀心君がとにかく可愛い!
Hを想像してないとか、その後逃げちゃうとかなんなんだろ
…もう可愛いすぎ!!
キャラクターの感情的な表情にうるっとさせられる所もありましたが、全体的に笑いながら読み進めていける、ぱんこ。先生ワールド炸裂な作品でした!
もう、コレで終わりなのかな?
秀心くん、やっと開拓されたし続きが読みたーい!!
切実希望!!!

2

カップルまるごと大好き

祝・続編♪

晴れてつきあうことになった大和と秀心。
秀心のかわいさがさらにパワーアップしていて、もうどうしてくれようか!と悶えるほどにかわいいです。
Hなことを意識したとたん、恥ずかしくて逃げちゃうところもかわいければ、その逃げ方もかわいいんです!
そのあと、大和に迫られて、以前大和にひどくされた時のことを「怖かったからよく覚えていない」という秀心に対して、大和の目のアップが一コマだけ入ってたり、言葉だけでなく表情やしぐさで的確に気持ちが表現されていて、うまいなーと思いました。
今回は、秀心の方の事情が出てきて、そこで二人は試練に遭います。不器用ながらもなんとか頑張ろうとする秀心はいじらしく、それをしっかり引っ張っていく大和がかっこいい。さすがヒーローw
そして、二人が一緒にいるためにそれぞれ成長しようとするラストも好感が持てました。
本の中のどこをとっても素晴らしくて、今までのぱんこ。作品の中で一番好きです。

2

もっと!男前ヒーロー!

『ひねくれチェイサー』の続編。
前作と比べ、表紙のふたりの距離は更に縮まり
何より、見つめ合う大和くんの表情が優しくなっています。

ずっと憧れ続けた大和くんと想いを通わせることができ
デレデレとどきどきが止まらない秀心くん。
でも、いざお付き合いが現実的なものになると、
恥ずかしくて逃げてしまうところが、ピュア可愛い!
そんな秀心くんときちんと話し合い
その現実もキスの延長線にあるものだから怖くない、
と教え、体感させる大和くんはさすが、男らしいですね。

前作でも見え隠れしていたけれど
秀心くんには触れてほしくない『事情』があって、
大和くんはそれを察知しつつも、無理強いをしなかった。
でも、守るために、大事にするために、知っておきたいと
今作で秀心くんの辛い事情を丸裸にします。
ここで大和くんが、秀心くんだけに問題と向き合わせるのではなく
自分自身も彼のために力をつけられるようにと
将来を見据えた選択をするところが、すごく格好良かった。
まさに男前ヒーロー!

私的萌えポイントは、体を重ねた後、
寝起きの秀心くん(もしゃもしゃヘアー続き)が
布団に包まってミノムシみたいにもぞもぞと
大和くんの元に這っていく姿にきゅんとしました。
秀心くんったら、何をやっても可愛い子...!

残された問題や課題、これからのふたりの関係について
続きを匂わせる終わり方だったので
次回作も、『もっともっと』楽しみに待ちたいと思います。

3

無自覚な瞳にたじたじ

やっと想いが通じて、ラブラブになった秀心と大和だったけど・・
秀心があんまりにも初心でお付き合いのアレもコレも知らず
大和は拍子抜けすると同時に、欲求を自制するのに必死。
大和の好きと秀心の好きにかなりのズレがあって
二人の気持ちもすれ違いそうになり・・・
そんな時、秀心が家に連れ戻され今まで秀心がひた隠しにしていたことを
知ることになる大和。
すべてを知った上で、秀心を助け一度家に帰ることを約束させる。
自分も秀心のために、大学に進学ししっかり力をつけ
秀心を守れるような男になることを決意する大和。

2人が両想いになったせいか「ひねくれチェイサー」の時よりも
なんだか秀心の勢いが衰えたというか
今まで大和の友人岬に向いていた敵対心のようなものが取れて
大和好き好きオーラが今まで以上に半端無く出ています。
何をやっても中途半端で不器用な秀心ですが
大和のために何かやりたくて、一時でも大和のそばにいたい
乙女のような気持ちが前面にあふれ出ています。
そんな気持ちが顔に出てるのか、色っぽい瞳で見つめる秀心。
大和好き好きオーラがダダ漏れで、気づいてい続きないのは本人だけ・・
そして無自覚な秀心を前に欲情する気持ちを抑えるのに必死な大和。
普段は強面な大和が必死に耐える姿は可愛くて笑えました。
読み始めた時は、「秀心てこれわざと?昔でいうぶりっこてやつ?」
と真面目に思いましたが、どうもこれが素のようで・・・
これじゃ、大和も可哀そうだ・・と改めて大和に同情してしまいました。

いろいろと乗り越える壁が多かった二人。
秀心は「大和は俺のヒーロー」と言って
好きのその先に体の関係があるということは想定外だったようで
かなり動揺を隠せない状況でしたが
最後にはとうとう大和も我慢の限界だったのかついに二人は結ばれました。
しかし、大和の叔母さんなかなか粋なことやるわぁ~
付き合いだしたプレゼントに『うすうす』だの『うすぴた』だの
大和にはダースで・・て一年分かっ?
無知で初心な秀心にはかなり衝撃的なブツだったようで・・
かちんこちんに固まってましたね(笑)

ここまで読んでわかったこと・・
秀心はマジで何も知らない(かなりのお子ちゃまだった)
そして秀心の好きは幼児が正義の味方に憧れて
戦隊モノのヒーローを見る目に近いものがある。
大和は想像以上に恥ずかしいほど秀心にべた惚れ。
そして大和はやっぱりかなりエロい。
頭の中は四六時中、秀心とヤることばっかり考えてる(ように見える)
この2人、対照的だけどかなりいいCPだと思う。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ