俺のコトをよく知ってからモノを言え!

ore no koto wo yokushittekara mono wo ie

俺のコトをよく知ってからモノを言え!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×224
  • 萌13
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

119

レビュー数
10
得点
219
評価数
59件
平均
3.8 / 5
神率
27.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784199606915

あらすじ

チャラくて男好きと噂の尻軽ビッチな大学生・藤ケ谷。そんな藤ケ谷が一目惚れしたのは、
同じ大学の超クールなイケメン・都築だ。会った瞬間、口説いたら「あんたバカだな」と言われ、
つい都築を殴ってしまった! 最悪の出会いから藤ケ谷を避ける都築とは反対に、
藤ケ谷の恋心はなぜかヒートアップv どんなに冷たくされても「好きだ!!」と猛アピールし、
どうにか身体から恋人になろうとするけど!?

表題作俺のコトをよく知ってからモノを言え!

都築裕孝(つづきひろたか)大学生
藤ヶ谷将道(ふじがやしょうどう)大学生

その他の収録作品

  • オープンとムッツリ
  • ATOGAKI(カバー下)
  • キャララフ(カバー下)

評価・レビューする

レビュー投稿数10

久々のひなこさん、ライトの方でした!


受けの藤ヶ谷の
「あいつに 本気で想われたらどんなんかなーと〜」
の台詞と、

藤ヶ谷が寝ている時にキスする攻め都築と、

俺が代わりに相手して〜を勘違いしてキスしちゃう都築が良かったです。きゅんっきゅんしました。
心境の変化が見てとれ…というか口ではあれこれ言っても、ってやつですね!最高!

ドS〜ということでしたが内容的にもプレイ的にも(笑)、全然ドSじゃなかったです、優しいよ⁉︎笑
殴り合えるのも男同士ならではだな〜とほっこり(?)
もっともっといちゃいちゃ甘くなっていくふたりも、もっとドS強化されたプレイも…正直見たいですお願いします…

0

ケンカップル万歳!

ひなこ先生の作品は初めて読ませていただいたのがこの作品でした。
ひなこ先生の本でもっと有名なものもあるのに、それをなぜか押しのけて気になってしまったこの作品。
読んでいる途中から、自分の感性に従って最初にこの作品を読んだのは当たりだったと大喜びしてました。
その最大の理由は、私がケンカップルが大好きだから!!
とにもかくにも、藤ヶ谷が最初から最後までずーーーっと明るく能天気に押しまくってます(笑)
都築に何を言われようとも、どれだけ冷たくされようとも、めげずに猪突猛進してるのですが、
その二人のやりとりが面白くて、何度も笑ってしまいました。
都築はほぼデレのないドSなのですが、多分そのさじ加減が私にはちょうどよくて、最後まで楽しく読めたのかなぁと。
この都築のSっぷりが合う方なら、きっと激しく萌えられるはずです(^ ^)

ドSの中で見える数少ない優しさ(?)がたまらなくて、何度も何度もその場面を読み返してしまいました。
そして、藤ヶ谷のポジティバーっぷりがまあ弾けてて、最初はそのぐいぐいさに圧倒されてる部分もありましたが、だんだん慣れてきて途中から普通に応援しち続きゃってました(笑)
最後はちゃんとラブラブ?になってスッキリでしたし。

いやー、楽しかった!



0

粘り勝ち

「根っから男好きでインテリっぽい奴がタイプ」物語一コマ目の藤ケ谷くんの心情に、そうそうそうそう!と激しく同意。
と言うか、ひなこさんの描く薄ーい味の顔、好きですね。そして、その顔の見た目通り、冷たい感じの攻め都築くん。尻軽でオープンゲイの藤が谷くんのことを前から知っていて、軽蔑していたのに、どんなに冷たくしても諦めないポジティバー(←使ってみたかった)藤ケ谷くんにだんだんほだされていくんですね。

都築くんのクールなところに、実は真逆なトラウマがあったり、尻軽で単なるバカだと思っていた藤ケ谷くんが実は一途だったりと読んでいくうちに印象が変わってきて、いつの間にか都築くん目線で藤ケ谷くんを好きになっていました。

「俺らの関係に甘さをほんの少し足したら、つきあってるみたいなもんじゃねーか!」という台詞も、なんだかぐっときました。

0

 

猪突猛進バカでビッチで八重歯のゲイ受けコメディ
ソフトSクール系攻もこういう受けにかかるとカタなしw

そして相変わらずの画力!
でも袖だけ柄のTシャツとか、ファッションセンスがどうもw

Charaにしてはエロいが、ひなこさんにしては控えめなエロ
一番エロかったのはギャグからの事後コマです
イラマチオや、慣らさず挿入あり注意

1

鬼畜ドS×おバカビッチ

おバカでビッチな大学生の受けは、同じ大学の攻めに一目惚れ。モノにしたくてガンガン口説きはじめたけれど、口も尻も頭も軽い受けはまったく信用してもらえない。何とか身体の関係は出来たものの、付き合ってもらうには道のりは遠く…。


ビッチなオープンゲイの受けが、顔が好みの攻めに一目惚れし、つきまとう話です。
ビッチ受けはいいけれど、おバカで考えが足りず、隠れゲイの攻めの事情も考慮せずに人前で口説きまくるのがデリカシーがなさすぎで、まあ憎めないキャラではあるのですがハマりきれませんでした。あと攻めに惹かれた理由が顔なのですが、振られても振られても諦めずに付きまとい、他の男との関係を切ってまで執着するほどの理由が顔…? とちょっと理解できませんでした。
攻めは一貫して受けを迷惑に思っている人。ゲイだし乗っかられたので好みでない受けとも寝てみたけど、最初はこれっぽっちも受けに対して気持ちがない。身体の相性は良かったけどそれだけ。むしろ気持ち的にはマイナス。

キャラクターには萌えないのですが、話はとっても面白かったです。おバカな受けも、その受けに粘着されてえらい目に遭ってる攻めもす続きごいおかしい。お近づきにはなりたくないけど見ていて楽しいタイプ、とでもいうのでしょうか。途中からは揺るぎなくおバカな受けを応援しながら読んでいました。

萌えるかどうかで言えば萌えないんですが、読んでいて楽しい本でした。
あと受けの良きゲイ友達、ミツくんがいい子だなぁと思いました。受けより美人さんなのになかなか食えない性格が素敵。彼にも幸せになってもらいたいな。スピンオフとか出たら読みたいです。

2

スーパーポジティブバカな受ちゃんが可愛い

受ちゃんがバカなビッチなんです。
それだけでもう私の萌えポイントを相当つついてくる作品でした。バカでスーパーポジティブ、でも一途になれる素直な子です。快楽に素直なところが高得点です。
攻の都築の過去の描写が弱くて、藤ヶ谷をそこまで突っぱねる説得力に欠けるかなとは思いましたが、たぶん尺がなかったんじゃないかなと思っています。
続編でも番外編でもいいから、監禁してるところがみたい

1

頭の中からお尻までポジティバー!

超ポジティブおバカパワーあふれる受けのドタバタラブコメ風味満載。
手書きの文字も可愛くてにぎやか!!
飄々としたお手軽なノリで肩の力をぬいて読めます。
ただ冒頭から、ところかまわず騒いでいるので、かなりな自己チューに映ります。
そういうのが苦手な方もいると思います。

テーマがケンカップルだったとのことですが、ふたりがケンカという感じではなく(受けが一方的にノされているw)、ふたりの個性のぶつかり稽古に思えました。

‐‐‐‐‐‐‐

同じ大学の都築に一目惚れしたオープンゲイの藤ヶ谷は人目も気にせず猛アピール。
大学構内だろうがバーだろうが文字通り追いかけまわしますが、その都度、冷たくあしらわれています。
都筑もゲイだと知ってからは「身体から好きになれ」となりふりかまわず迫ってみても「セフレなら悪くない」言われる始末で…。

藤ヶ谷のおバカっぷり+ポジティブさが突き抜けているwww
毎回、邪険に扱われても、めげずに食い下がるねばり強さのなかで、都筑に本気で想われたいと思うのはいじらしくて可愛いんだけど、いかんせんお尻がユルすぎる!!
憂さ晴らしに他の男続きの誘いにのるってのはどうよ?
せっかくの一途さが隠れてしまう~(泣)

そりゃぁ都築にしてみれば手当たり次第のビッチとはまともにつきあえませ~ん。って話になりますし、なかなか絆されなくてもしょうがない(笑)
もともと感情が外に出るタイプではないし、都筑自身の元カレとのいきさつも絡んでいて、執着心はそれなりにあるのにドSというよりただの意地悪にみえる部分が多くてツラかった。
でも、本音が見えづらいクールな都筑が藤ヶ谷の元カレに釘をさしたり、執着心を見せるシーンは良かった~!!
後半に向けて少しずつ好きになりかけてるのが見えてほっとしました。

藤ヶ谷の友人:ミツが好きです。
藤ヶ谷のことを心配し都筑に忠告する優しさをもつ、愛すべき脇キャラでした。

表紙もポップ!!
裏表紙へ繋がる展開です(笑)

ひなこさんの作品はキャラクター造形が秀逸で明るいにしろ重いにしろ、降り幅があって本当に面白いです。
そのキャラクターにハマるかどうかで萌え評価が変わると思います。
切ない好きの私に萌としては×1でしたが、楽しく読めました。

3

あと一歩!

作家買いです。
いつも楽しみにしている作家さんでしたので購入しました。
どっちが受けなのか気になりながら購入しましたが、まさかの金髪受けにテンション上がりました(笑)ただ、もう少し展開があっても良かったかなと個人的に思いました。受けがいつまでも拒否され、やっと好きになってもらう。その間に何かしらありましたがもう少し何かほしい!と贅沢にも思ってしまいました。ただ、いつも通り安定のキュンキュンはさせられ、スラスラ読めたので萌え×2の評価にします。

2

切なさをもう少し!

​ 表紙の二人が好み過ぎて発売を楽しみにしていました!やんちゃそうな赤毛キャラの口元から覗く八重歯とか、黒髪キャラの神経質な視線など、めちゃくちゃ好みです。
 大学3年生の藤ヶ谷はゲイで男好きで、少しでも好みの男にはアプローチして来たというチャラ男です。そんな藤ヶ谷が一目惚れした都築は、好みのタイプど真ん中のインテリ系男子で…。
 1ページ目から勢いがあります!最初のページで「この話好きかも」って思っちゃった。だって黒髪のインテリ系は私の好みのタイプでもあるし、その都築を「すげぇタイプ!」とじ~っと見定める藤ヶ谷の顔は面白いし、そのまま藤ヶ谷が周りを気にせずに、都築を口説きまくるのも楽しくて、一気に物語に入り込めました。
 ひなこ先生は作画がとてもお上手ですけど、特に目と眉毛が好きです。キャラの性格がよ~く表れていて、藤ヶ谷なんてそれはもう生き生きしています。
 ゲイであることを公言しているばかりか周りなどお構いなしな藤ヶ谷は、校内でもうるさいぐらいの構ってちゃんでおバカだし、断られたら気晴らしに別の男と寝てしまうようなビッチでもあるのですが、都築の思わぬSな態度に「(都築に)続き本気で想われたらどんなんかな」と本気になってしまいます。ちょくちょく見せるへの字眉が可愛いんだぁ。
 方や都築は自分を好きだと言いながら他の男とも簡単に寝たり、流された藤ヶ谷が元彼にフェラしようとしてるところを目撃してしまったり、自分を好きだなんて信用できないと言います。それはそうですよね。都築の言ってることは正しいよ。
 他の男とやらなきゃいいんだろうと、一日ゲイバーに出かけるのを我慢して家で過ごした藤ヶ谷が、その日に都築は店に来ていたと聞いて、頑張っても無理なら「もういいや」と憂さ晴らしに男とホテルに行っちゃう始末(笑)一日しか我慢してないよ、ほんとバカ。バカで可愛い^^;
 藤ヶ谷はチャラ男だし、クールな都築も実はムッツリな肉食男子なので、1話から体の関係は出来てしまうのですが、都築は最後まで「好きだ」の一言を口にしません。どSがデレるところも見たかった気もするけど、寝ている藤ヶ谷にそっとキスするところに萌えました 。「お前を抱きたい理由ができた」という告白は「好き」の意味だよね( ´艸`)クフ
 普段もHの時も圧倒的に藤ヶ谷の台詞が多かったので、描き下ろしの『オープンとムッツリ』のHで「抜き打ち検査だ」「マジで首輪つなぐからな」と都築のSが発揮されていたのが光っていました!ただ、全体的には【どS】というより【超クール】ぐらいかな。
 藤ヶ谷がとても前向きなポジティバーなので元気が出るお話でしたが、胸がきゅんと痛くなるような切なさがもうちょっと欲しかったです!

4

おバカなビッチが本当の恋を掴むまで

作家買いです。

ビッチ受はあまり好みではないので、帯に書かれてた
“ドS男子と尻軽ビッチのLOVE☆バトル”
というキャッチコピーを見て正直『しまったー』と思いました。
でも、読んでみると意外といけました。
好みかどうかと聞かれると微妙ですが、ビッチといっても男を手玉に取る女王様系ではなく、おバカポジティブな受だったのでさほど抵抗なく読めました。
紆余曲折の末、ようやくまとまったとはいえ、酔った勢いで浮気とかしちゃわないといいのだが…。
まだ言い寄ってる段階のとき、寝起きに元彼のアレを差し出されて素直に舐めようとしてたし…。
執着攻が好きなので、都築が束縛するのをもっとみたかったです。彼がクールな見た目に反して絶倫なのは萌えました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ