腕の中で溺れたい

ude no naka de oboretai

腕の中で溺れたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784592872733

あらすじ

田村深里は異母兄で恋人の片瀬理人と同居中。
ずっと片瀬に庇護されてきて社会経験の乏しい田村は、
年下の親友・勇真よりも頼りない自分に危機感を覚えるが、
片瀬は取りあってくれない。
そんなある日、田村は専門学校の友人に誘われ
ホテルの配膳のバイトを引き受ける。
片瀬に内緒でバイト先のパーティー会場に行くと、そこには……!?

表題作腕の中で溺れたい

片瀬理人(資産家・元詐欺師)
田村深里(片瀬の異母兄弟・恋人)20歳→21歳

同時収録作品腕の中で溺れたい

長岡信乃 翻訳家
松崎勇真 高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ5作目。

つくづく片瀬に我慢なりませんでした。

こんなにキャラクターが嫌いで、読むたびに気分が悪くなるのになんで読んでるんだろう。まあ、インターバルが長い(最低1年は空く)ので、その間に自分の中でイメージの改竄(?)があるのかも。とにかく、今までにも書いて来ましたが赤坂さんのイラストの力が大きいとも思います。

深里は、あまりにも学習しないあたりがどうしようもないとは思いますが、シリーズものの宿命でキャラクターを簡単に『成長』させられない事情もあるでしょうから(もちろん『成長』がテーマのシリーズなら別)、もうこういうものと思うしかないのかな。
でもまだ深里は可愛いと思えるからいいんですけどね。あまりにもアホで呆れはしますが。

ホント、シリーズなんだからある程度は仕方ないんですが、ストーリーのパターンも同じことの繰り返し。まさしく『これぞワンパターンの極み』って感じです。

今回は、深里が片瀬には内緒でホテルのパーティスタッフのバイトをしたのがバレて、いつものごとくお仕置きされて・・・

そこに、片瀬を一方的にライバル視する(以前にも似たようなヤツいたな・・・)松永続きが脇キャラクターとして登場します。深里がバイトしてたパーティで、片瀬&深里と対面するんですね。

深里は松永にしつこく付きまとわれ、そしてお約束通り襲われるわけです。今回は深里が自分から乗り込んだ船の中で監禁されるんですが。

ただ、パターン化したシリーズの中でも少しずつ変化があるんですね。まあ、そうでもなきゃ到底読めないです。
まずは、前巻で一応詐欺師から足を洗って(だからと言って、清廉潔白とは言えないあたりがまた胡散臭い)、今巻ラストでは2人の関係に大きな一区切りが。

片瀬が深里に愛情(かなりの部分は執着かも)を抱いているのはよくわかるんですが、それをもっと深里に対して見せてやれよ!と腹が立つんですよね。

やっぱりこういうキャラクターは無理だ、と読み返すたびに痛感します。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ