赤い林檎の中身事情

akai ringo no nakamijijo

赤い林檎の中身事情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
41
評価数
12件
平均
3.5 / 5
神率
8.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
花丸コミックス プレミアム(コミック・白泉社)
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784592720805

あらすじ

すぐに赤面してしまう体質の上、中学時代のトラウマから周囲に馴染めずにいた転校生の優弥は、クラスの人気者で女にだらしないと噂の圭二に何かとかまわれ、あげく恥ずかしい秘密を知られてしまい!?

表題作赤い林檎の中身事情

田川 圭二 高校3年
平沢 優弥 高校3年

その他の収録作品

  • 林檎とそれから

評価・レビューする

レビュー投稿数3

赤い林檎、可愛ゆす

すぐに赤くなる優弥が可愛らしくて構いたくなる圭二の気持ちがわかります。最初はほっとけなくて、仲良くなろうとしていたんだろうけど、自分だけが知っている顔や、秘密などがあるとますます自分だけのものにしたくなりますよね。
ついキスしてしまったのも、手が早いと聞いていなかったら、もう少し違う反応になったのかなぁ。

お話自体は、少女漫画にもそのままありそうなテーマで、田舎の高校生らしい大学受験による遠距離とか、将来の二人が想像できないことなどなので、もう少し男同士と言う点で苦悩してほしかったかな。

それと、いつも思うのですが、今回の受けのように、明らかに小さいモノならば、そちらを入れた方が痛くないのでは?と思うのですが、これって、告白した方がタチと言う暗黙のルールでもあるんですかねぇ?

1

タイトルが秀逸

父親の転勤により、田舎の高校に転校してきた高校生受けの話です。

受けはコミュ障というか、引っ込み思案であがり症のため、最初から人と付き合おうとしないタイプ。でも新しい学校の明るい人気者・圭二(攻め)だけは初日から受けに話しかけ、下校するときもくっついてくるなどかまい倒してきます。受けは、迷惑なんだけどちょっとうれしい、でもうるさいしやっぱり迷惑、という気持ち。
そんなある日、攻めの家で会合があり、父親とともに参加する羽目になった受け。父が寝こけてしまって受けも攻め宅で泊まることになったのですが、お風呂場に乱入してきた攻めに受けの秘密がバレてしまいます。

・この先ネタバレありますのでご注意ください。

受けには秘密がふたつあり、ひとつは人に触られると赤面してしまうこと、そしてもうひとつはち○ち○が小さく、毛が生えていないこと。
中学時代にそれをからかわれて人付き合いが苦手になったコンプレックスとトラウマがバレてしまい、大泣きの受け。逆に、これまでツンツンだった受けの大泣きにうろたえまくり、無毛のち○ち○にノックアウトされ、ノンケの道を踏み外してしまう攻め。
攻めがあ続きっけらかんとしたおバカっぽいタイプだったので、てっきりあっさり恋心を認めて押しまくり、になるかと思ったら、いやいや自分はノンケのはず、この欲求は錯覚なはず…とグダグダするので少々イライラしてしまいましたが、リアリティはありました。ほのぼの可愛いながら、しっかりした心理描写のお話だったと思います。
絵は、受けくんの顔がとっても可愛くて、赤面したり泣いたりそのコンボだったりがすごく魅力的でした。1冊まるまる同じカプの話で読みごたえもあり、大変楽しめた高校生BLでした。

2

高3のリアル?

一冊丸ごと表題作でした(描き下ろしあります)
父子家庭の優弥は父親の転勤に付いて超ど田舎に高校3年なのに転校してくる。ぼっちに慣れているのに優弥は あれこれ自分に構ってくるクラスメイトの圭二に調子を狂わされていた。圭二の家で町内会の集会という名の飲み会に誘われ、断るが優弥の父親も参加すると言われ優弥も参加する事にしたら‥
全体的にほのぼのと可愛い系のお話だったのですが、優弥が人付き合いが苦手になった理由がリアルにありそうで痛々しい‥
赤面症・ムダ毛が無い・陰毛が無い・チンコが小さい‥高校3年の男子からしたら非常に切実な問題だと思う。中3の修学旅行で揶揄われてから、人付き合いが苦手‥悲しいねぇ (今の修学旅行はホテルにある部屋の風呂を使うみたいだから皆で入浴は無いらしい) 大学受験の悩みや遠恋になる悩みなど高校3年の息子を持つ親としてはリアルだなぁと思いながら読んでました。
日常的な出来事ばかりで、大きなトラブルは無くて良かったけど、今まで勉強してない圭二が高3から勉強始めて大学合格したのだけがちょっとね(さすが漫画!)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ