好きって100回言ってみな

好きって100回言ってみな
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥457(税抜)  ¥494(税込)
ISBN
9784044383039

あらすじ

俺は金もあるし才能もあるし顔も良い。──試しに好きになってみろ。端正な美形の持ち主で男女問わずにもてているくせに、そんなことには全然関心のない小鳩。そんな小鳩がバイトのお使い先で会った、自信家で強引な天才パティシエの三嶺に言い寄られることに──!?

表題作好きって100回言ってみな

三嶺夏基・パティシエ
羽水小鳩・高校生

その他の収録作品

  • 可愛いだけで大好きさ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

俺様パティシエ×引きこもり(気味)高校生

これ、すごく好きなんです。続編(『いいから黙って愛されな』)も合わせて菱沢さんでは断トツですね。

私の大好きな年の差ものです。三嶺(攻)は、本来私の苦手な俺様ですが、これくらいならまだまだ許容範囲内でした。というよりも、『俺様』には違いないかもしれませんが、私が受け付けないタイプの俺様じゃなかったんです。小鳩(受)に対してはベタ甘で大事にしてるので、それもポイントアップということで。
そして、小鳩がもう可愛くて可愛くて!

三嶺は犬嫌い、小鳩は甘いもの嫌い。だけど、小鳩は愛犬・修一郎を家族としてとても大切に思っていて、三嶺はパティシエで。皮肉な組み合わせだけど、歩み寄っていく2人の様子が微笑ましくていいんです。

もう何よりも、修一郎に関するエピソードがたまらなかったですね。泣いてしまいますよ、これは。

そして、金さんのイラストがもうすごく素敵でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ