うそつきなシンデレラ

うそつきなシンデレラ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
9
評価数
6件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784592873150

あらすじ

職も家も失い、途方に暮れていた養護院出身の少年・谷倉悠吾は、ふとしたことから大金持ちの御園崎家の隠し子と間違われ、現当主である御園崎鷹矢と豪華なお屋敷で生活を共にすることになってしまう。人間不信のせいで初めはつれない鷹矢だったが、明るく真っ直ぐな悠吾にいつしか心惹かれていく。しかし、悠吾の正体がばれるのは時間の問題で…。
(「BOOK」データベースより)

表題作うそつきなシンデレラ

御園崎鷹矢 大金持ち
谷倉悠吾 養護院出身

評価・レビューする

レビュー投稿数4

人違いシンデレラ。

読むまでもなかった、というより読まなきゃよかったと思ってしまいました。

真船さんのライトな王道は、浅い・薄い・先読みできると言いつつもその分安定していて読みやすいので、逆に安心できることも多いんです。
でも、これはどうにもダメでした。

あらすじの設定だけでもう内容は読まなくてもわかります。もう見事なテンプレートそのままで何ひとつ外さない。

でも、それはそれでいいんです。
真船さんの(特にこちらの花丸文庫やコバルト文庫・パレット文庫あたりの)『王道』は何も考えずにあまあまやちょっとした切なさを堪能するためだけに読んでんだから(私は)。
ですから、もういっそ浮世離れしたあり得ないくらいのBLドリーム・ファンタジーでいいとさえ思ってます。

ただ、こちらはとにかくキャラクターがまったく好みじゃなかったんですよ。

私は受に対する許容範囲は非常に広くてよっぽどでないと大丈夫なんですが、口の悪い元気過ぎる受はものすごくキライだと再認識。明るくていい子と言うよりもただうるさくて鬱陶しかった。もう読みながらイライライライラ。

そして、そういう子が恋続きをしていじらしくというかしおらしくというか(乙女のように?)っていうのはまったく好みじゃないし空々しいとしか感じない。

あ、ダメなのは『乙女のような受』じゃないんです。健気も乙女もそもそも苦手要素ですらありませんから(というか大好きだ)。
むしろ最初から『健気な乙女』全開の方がよっぽど好みですね。

ストーリー展開については別に言うことはないです。たとえどんなに平凡でつまらなくても、最初からそういうものだと覚悟して読んでますから。
でも、キャラクターのタイプが違っていたらもう少し楽しめたんじゃないかな。同じお約束でも。

私の場合、たとえ同じ分かりきった浅い・薄い王道でも『安心して読めてむしろ嬉しい』のと『くだらない・読むまでもない』の差はほぼ例外なくキャラクターです。←キャラクターに限らず何かひとつでも好きなもの・惹かれるものがあるかどうかの問題なんですが、真船さんの『王道』はそもそも設定やストーリー展開は読む前から決まってる様式美のようなものなので。そこに突っ込む気なら最初から読みません。

あとは、既読の範囲でも全部ではないですが、花丸文庫の真船さんの三人称は受攻の視点移動が頻繁なパターンが目立ちます。
確かにそうするとどちらの心情も分かりやすいんですが、なんというか安易過ぎると感じてしまうんですよね。

とにかく、ただひたすらに読むのが苦痛でした。

そして、やっぱり昔のこうじまさんのイラストはすごく苦手です。最近の絵柄は(個人的好みは別としても)綺麗でいいんですけどね~。

0

うそから始まるシンデレラストーリー☆

施設で一緒に育った親友の一帆にもらった大切なオルゴール。
そのオルゴールを持っていたことで一帆と間違えられて大企業トップの御園崎家に幽閉されてしまった悠吾。
御園崎家当主である鷹矢に一帆のことを悪く言われ怒った悠吾は、鷹矢に仕返しをするために一帆のふりをして御園崎家に居座ることに。
鷹矢を見ているうちに鷹矢の優しさや、若くして当主になったことで風当たりの辛い立場にあることを知り、だんだんと鷹矢に惹かれていく悠吾。
一方、鷹矢も悠吾と一緒に暮らしていくうちに、本来の家族のありかた、温かさを知り悠吾に惹かれていく。しかし、義弟である一帆に抱いてはいけない感情を抱いてしまった自分に困惑し、距離をとろうとする。そんな時DNA鑑定結果が出て悠吾が一帆ではないことを知った攻め様は、うってかわって押せ押せモード(笑)
自分が一帆ではないことがばれてしまい、屋敷を飛び出してしまう受け様。
追いかけて自分の気持ちを伝える攻め様。

個人的に攻め様が受け様のことを好き好き~っていうお話が大好きなので、この話はすごくキュンキュンしました(笑)
受け様も元気で友達思いでとっても可愛い子でグッ続きド!w
攻め様もかっこよくて、でもポーカーフェイスが受け様にメロメロになっていくにつれて崩れていくのが楽しかったですw
受け様視点と攻め様視点で書かれていて、二人の心情がよく分かって一気に読めちゃいました☆

0

年の差がたまらない。

友達の一帆からもらったオルゴールが、シンデレラになっていく。
一帆になりきった悠吾は、次第に鷹也に心惹かれていく。
鷹也も悠吾に惹かれはじめる。
自分が一帆ではない、嘘がばれて、パニック状態になるが、結ばれる。

0

平坦すぎなストーリー

んー、
なんだかストーリーに奥行きを感じられなかったです。
そのまんま、みたいな。
萌えもなかった。

年の差カップルものです。
ひょんな偶然が重なって、とあるお金持ちの家に、『隠し子』として入ることになった主人公。本当は主人公は、この家とは血の繋がりはありません。
そこで出会った義理の兄(実は赤の他人)に惹かれてしまう。
真実を明かさない罪悪感と、義理の兄(実は赤の他人)への思慕の情の板挟みになり、主人公は悩む。

主人公の明るい性格は好感が持てました。
ただやはり、深みの感じられないストーリー展開に、どこにも誰にも感情移入ができなかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ