カレは手段を選ばない

カレは手段を選ばない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434037559

あらすじ

──存分に俺を味わえよ望月は野性的な風貌が魅力の雑誌記者。金のためならどんな記事でも書く彼の元に、ある離島の悪評を書き立てるようにとの依頼がきた。島へと赴いた望月は、そこで神秘的な美青年・柊杞と出会う。はじめは気位が高くて高慢な印象だったけれど、島から出たこともない彼は意外に無垢。年の近い望月に警戒心もなく懐いてくる。しかし体調を崩した柊杞の寝所を訪ねてから2人の関係は一変! 色っぽく寝乱れた姿に誘われるまま、望月は強引に初な身体を拓き、性教育だと淫らな悦びを教え込み!?

表題作カレは手段を選ばない

雑誌記者・望月康孝(26)
現人神・柊杞(21)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

アホの子?

アホの子といったら怒られそうな神の子受けが、トンデモぶっとびでおもしろかった。

0

ツンデレ神様受け

島で神様とあがめられている柊杞の一般常識のなさ故の勘違いが楽しいのと、世間を知らないが故の純粋さがよかったです。
ツンデレ神様受けで、ふすまでもドアでも自分では開けない習性があります。
開けてくれるまで、じっと待っている姿がツボでした。

雑誌記者・望月康孝(26)髭無骨攻め×現人神・柊杞(21)天然ツンデレ女王様受け
望月は宗教団体の雑誌の取材の為に、島にやってきた。
好意的に取り上げる為ではなく、興味本位に取り上げて島の住人をいづらくして、島の開発を進める為に。
神様という柊杞は綺麗で、望月の性欲に訴えてきて、つい手を出してしまって。

神様としてあがめられているのでいつもツンとしていて偉そうで、性的なことには全く詳しくない柊杞が初々しくて可愛かったです。
無理矢理襲われるものの気持ちよさに流されて、高貴な人がする衆道というものかと思って納得してしまったり。
性欲が満たされたから身体がすっきりしただけなのに、いつもより調子がいいとか言っちゃたりと、常識のなさが楽しかったです。
神様なのだから皆の顔を覚えてやらねばと、人がたくさんいる東京で頑張って具合を悪続きくしたりと、柊杞の純粋さは、俗にまみれた望月をすら改心させるものがあって。
前半で調子がいいだけのダメ男と思っていただけに、望月が開き直ってからの頑張りがよかったです。

エロ:★3 髭で受けの性器をぞりぞりする描写が珍しかったです。普通
総合:★4 世間知らずな神様な受けのツン振りが可愛くてしょうがなかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ