華やかな迷宮1

hanayaka na meikyuu

華やかな迷宮1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403520853

あらすじ

叔母を頼って王宮へやってきた青年貴族・ガブリエル。
彼の美しい姿と心は、快楽に倦んだ王宮でいきなりの嵐を呼び、決闘を申し込まれることとなった。
ガブリエルの立会人に指名されたのは、妻をなくし恋心をも喪ったベルナール。
心も身体も、生まれたての産毛をまとったガブリエルの手をとり、剣と王宮暮らしを指南するベルナールだが…。
松岡なつきが満を持しておくる、ベルエポック・ロマネスク開幕。

表題作華やかな迷宮1

妻を亡くし恋心も喪った不死身の騎士
叔母を頼って王宮へやってきた天使の伯爵

評価・レビューする

レビュー投稿数2

FLESH&BLOODの裏でフランスは髭ドレスでした

FLESH&BLOOD第6巻に出てきたフランス人、ベルナール・アルトヴィッチが攻め様のお話です。
時は16世紀、所はフランス。ベルバラで有名なブルボン家の前の王朝、ヴァロア家のアンリ三世の爛れた宮廷の恋と陰謀の物語り。
 イギリスとスペインの争いが注目されている時、フランスでは『聖バルテルミーの虐殺』や『王妃マルゴ』のアンリ三世は、お気に入りの『小姓達』に女装させはべらせております。髭にドレス。寵愛と裏切り。
 ドロドロとした宮廷で田舎出の『天使の伯爵』ガブリエルは、ベルナールと出会い歴史の渦に巻き込まれていくのです。
FLESH&BLOODでは、エチ無しで萌えを追求する作者様ですが、今作ではかなりエチシーンあります。しかし私はエロスより、歴史絵巻としての面白さを堪能させて頂きました。
全5巻を通して『萌え』評価とさせていただきます。

1

中世ロマネスク。

 叔母を頼って王宮へやってきた青年貴族・ガブリエル。美しい姿と心の持ち主、ガブリエルは「天使の貴族」と呼ばれるが、彼の存在は、快楽に倦んだ王宮でいきなりの嵐を呼び、決闘を申し込まれることとなった。
 決闘には立会人が必要で、彼はその任を陽気な騎士ベルナールに頼むことになった。
 そこには、時の王、アンリ三世の思惑も絡んでいたのだが、それとは関係ないところで、二人の友情は次第に深まっていく。
 ところが、ベルナールの感情は次第に「友情」からずれていく……

 見た目と中身の異なるガブリエルはそのことに激高する。

 結局、その最初の決闘は相手が逃げ出したことにより、なくなってしまうのだが、また、別の相手がガブリエルの前に立ちふさがり、今度はベルナールの手を借りたくない事から、立会人を立てずにガブリエルは決闘を受けることにした。
 ところが相手が卑怯な手を使ったことから、ベルナールの手を借りて、危機を乗り切ったガブリエルは再び、ベルナールと仲直りを果たす。

 その後も、襲いかかる危機の連続に、ガブリエルはその度に、ベルナールの手を借りて生き延びることとなる。
 しか続きし、いくら手を借りても、ガブリエルの心はベルナールに動くことなく、この巻は終わります。
 最初から「1」と書いてあるので、もちろん、続きものなのですが、これから二人の関係がどうなっていくかそれが見所。
 今はまだ、二人の関係は一方的なベルナールの片想いです。

 ただ、どうにもならなくはなさそうな予感はひしひしとしてるかな?
 それでも、この気高き貴族をどうやって落とすのか、ベルナールにとってはかなり難しいと思います。
 それくらい、ガブリエルの精神は気高い。
 まぁ、あんなことしたのに悪い感情を抱かれてないだけいいのだと思いますが。

 まだまだこれからが楽しみな1巻でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ